北京中日イノベーション協力モデル区重点企業の清航空天、自主開発の新型エンジンによる飛行・発射試験を円満に完了し、重大なブレークスルーを実現

2022年1月24日午前11時30分、中日イノベーション協力モデル区の重点企業である清航空天科技有限公司が、新型エンジンによる飛行実証試験に成功した。これは、中国が同新型エンジンの独自研究開発とエンジニアリングの実現能力をすでに持っており、新型の宇宙動力という分野で世界の先頭に躍り出たことを示すものである。


今回の飛行試験のミッションは「清航1号」と命名され、科学試験ミッションと全体計画は、清華大学航天航空学院が自ら提案し、王兵の研究チームがエンジン全体の設計を、清航空天(北京)科技有限公司がエンジン全体の製造と組み立てを、北京淩空天行科技有限責任公司が飛行体の設計とミッション遂行を担当した。今回の試験ミッションは「清航・大興号」2段ロケットブーストにより実行され、エンジンは予定の高度と速度範囲内で点火、安定動作に成功し、試験は円満に成功した。この技術は完全な独自知的財産権を持ち、中国の新型動力の分野において重大な戦略的意義を持つ。


習近平総書記は、イノベーションは、質の高い発展と動力エネルギーの転換を促進するための差し迫った要求であり、重要な支えであると強調した。中日イノベーション協力モデル区は、国家発展・改革委員会の認可を経て設立された全国初の「イノベーション」をテーマとする国際協力モデル区であり、第14次5か年計画期間における北京市の重点プロジェクトと首都の「両区(2つの区)」建設に重要なスペースを提供し、知的財産権の国際的保護、国際イノベーション制度体系との連携推進などの分野で先行試行し、「産業協力と発展、国際的科学技術革新」という目標に焦点を当て、中日国際交流のための資源と要素の集積を加速し、産業チェーン・サプライチェーンの緊密な連携を推進し、オープンで透明な政策体系を構築し、オープンで協調的なイノベーション・起業のエコ環境を創出し、緊密に協力するイノベーションと産業チェーンの連携モデルを確立し、「ハイレベル・精密・先端産業」企業の質の高い発展を全力で支援、保障する。現在、国際的なイノベーション型「ハイレベル・精密・先端産業」企業が中日イノベーション協力モデル区に続々と進出しており、国際的なイノベーション型企業の大興区への進出と中日イノベーション協力モデル区での事業展開に対する自信は大いに深まっている。

空を仰ぐと、中日イノベーション協力モデル区がイノベーションと世界を一つにつないでいる。

大地を見下ろすと、国際イノベーションがモデル区の発展のためにより強い原動力を提供している。

ここでは、毎日成長の音が聞こえ、成長の力を目の当たりにすることができる。

ここでは、世界レベルのイノベーション産業クラスターが立ち上がり、国際イノベーション協同の高地が次々と迅速に出現している。
  1. プレスリリース >
  2. 北京大兴投资集团有限公司 >
  3. 北京中日イノベーション協力モデル区重点企業の清航空天、自主開発の新型エンジンによる飛行・発射試験を円満に完了し、重大なブレークスルーを実現