NFT真贋鑑定のeagisがメジャーアップデート完了、v1.1で判定の高速化や設定画面を実装。

株式会社woorth(本社:大阪市北区、代表取締役:中野泰輔)は、2022年7月3日にNFT真贋鑑定を軸とするWeb3セキュリティツール「eagis(イージス)」がv1.1のメジャーアップデートを完了し、判定の高速化やポップアップ表示位置を変更できる設定画面等を実装したことを発表しました。

  • v1.1のアップデート内容
eagisは、v1.1のメジャーアップデートによって大きく分けて4つの変更(機能追加も含む)を行いました。

判定の高速化

判定方法の一部変更を行い、通信環境が悪い状態でも従来より早い判定を行えるようになりました。


設定画面の追加

拡張機能リスト右の詳細ボタンもしくは、ピン留めしている場合は右クリックをすることで、オプションボタンが表示されます。クリックすることで、設定画面を表示でき、現状はポップアップの表示位置が変更可能です。将来的には、アイコンやポップアップのスタイルのカスタマイズ機能を追加予定です。

ポップアップのスタイルを一部変更
ポップアップの定型文のi18n(多言語)対応


上記の変更と軽微な修正を行いました。
 
  • eagisとは


「Easy to get Aegis with “eagis”(簡単に神の盾をeagisで手に入れる)」がサービス名の由来の「eagis」はChrome拡張機能としてさまざまなブラウザで利用することができ、面倒なアカウント登録や月額費用は一切不要なWeb3セキュリティツールです。

危険なサイトや偽物のNFTを検知しポップアップを表示することであなたを守ります。

危険なサイトや偽物のNFT、盗作のNFTが大量発生する中、対策は利用者個人に委ねられている状態です。今後も拡大が予想されるWeb3領域のサービスを、簡単により安心して利用できるようにするため、またすべてのクリエイターさん保護のためにeagisを開発しました。

ドキュメント:https://docs.eag.is/v/eagis/docs/what-is-eagis
公式サイト:https://eag.is
Twitter:https://twitter.com/eagisNFT

インストールはこちらから↓
https://install.eag.is
 
  • eagisパートナー募集について
現在、eagisとパートナーシップを結んでいただけるクリエイターさんやプロジェクト、企業様を募集しています。

https://docs.eag.is/v/eagis/information/partner

詳細に関しては、ご連絡いただけましたら資料を送らせていただきます。上記リンクに記載のフォームか、下記アカウントのDMにご連絡いただけると迅速に対応可能です。

https://twitter.com/ta1suke

前回の募集からたくさんのご連絡とパートナーシップ締結、誠にありがとうございます。今後も募集していきますので、ぜひ少しでもeagisにご興味を持っていただけた方はご連絡いただけますと幸いです。
 
  • 株式会社woorthについて
“無限の価値を見つけて伸ばす” を目標にWeb3領域の事業を進める日本を拠点に活動するスタートアップ。Web3セキュリティツール「eagis」のリリース決定を4月末に発表し6月にリリース。

ブロックチェーン開発、暗号資産ウォレット開発、NFT発行支援等のWeb3領域を包括したサービスの提供を行っており、Web3学習サービスなど複数の事業を新たに展開予定。

急成長するこの領域で正常に発展できる基盤を作るべく様々な事業に取り組んでいます。NFTやその他Web3事業でお困りのことやご相談があればお気軽にお問い合わせください。

【公式サイト】
woorth:https://woorth.io/
eagis:https://eag.is/
UPD4TE:https://upd4te.com/

【公式Twitter】
woorth:https://twitter.com/woorth_io
eagis:https://twitter.com/eagisNFT
UPD4TE:https://twitter.com/upd4te_com
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社woorth >
  3. NFT真贋鑑定のeagisがメジャーアップデート完了、v1.1で判定の高速化や設定画面を実装。