集中管理型バックアップソフト「Secure Back 4」を発売

~機能を強化しエンタープライズに対応~

アール・アイが集中管理型バックアップソフト「Secure Back 4」を2013年10月31日に新発売
main image

 

純国産バックアップソフトメーカーの株式会社アール・アイ(東京都千代田区 代表取締役:小川 敦)は、国内1,000社以上の導入実績を持つ「Secure Backシリーズ」の新製品「Secure Back 4」を2013年10月31日に発売します。

 

数百台規模のPCバックアップやデータセンターへのバックアップなど、他社製品とは一線を画す機能で企業のデータ保護に貢献してきた「Secure Back」は、新製品「Secure Back 4」で数千台規模のバックアップに対応します。

 

■ Secure Back 4の新機能・変更点

1. 最新OSのWindows8.1 および Windows Server 2012 R2 に対応

2013年10月18日に発売された最新OSのWindows8.1 および Windows Server 2012 R2 にそれぞれ対応しました。クライアントソフトウェアの動作環境というだけではなく、集中管理用ソフトウェアの動作環境としてWindows Server 2012 R2上での動作を他社に先駆けていち早くサポートします。


2. 大規模ユーザ向けの統合管理用ライセンスをリリース

バックアップを管理するサーバ群の上位に「Secure Back Enterprise Manager」というマネジメント専用のコンソールを提供し、各管理サーバの操作を一元的に効率良く実行できるようにしたほか、人事異動を想定したサーバ間のユーザ移動や各サーバのステータス管理を可能にしました。


3. エディションの統合・新ライセンス体系

従来製品で機能別・目的別にラインアップしていた複数のエディションを統合し、限定的なニーズに対応した機能はオプション化しました。また初年度保守を含むライセンス体系にしたほか、クライアント数に応じたランク制を採用しました。


4. パッケージ製品を3種類に拡充

従来製品で好評だった申請書不要のパッケージ製品は、バックアップ可能なユーザ数を25、50、100と3つのラインアップを揃え、「Secure Back 4 PC Pack」として同時にリリースします。

 

■ 本製品の詳細情報及びライセンス体系・価格・動作要件

アール・アイのWebサイトにてご確認ください。

詳細情報 : http://www.ri-ir.co.jp/product/secureback4/

ライセンス体系・価格 : http://www.ri-ir.co.jp/product/secureback4/license.html

動作要件 : http://www.ri-ir.co.jp/product/secureback4/spec.html

パッケージ製品 : http://www.ri-ir.co.jp/product/secureback4_pcpack/

 

■ 出荷スケジュール

出荷開始日は2013年11月7日を予定しております。

 

■ Secure Back 3シリーズの新規販売終了

新製品の発売に伴い、Secure Back 3各製品の新規販売を終了させていただきます。
ただし、保有ライセンスの追加及びサポート業務については、2016年10月末日まで継続します。


■  アール・アイについて

アール・アイは、製品の企画・開発・販売を一貫して行なっている純国産のバックアップソフトメーカーです。主な製品として、集中管理型バックアップソフト「Secure Back」シリーズ、スタンドアロン型バックアップソフト「Air Back」シリーズがあります。
※ Air Back、Secure Backは株式会社アール・アイの登録商標です。
※ その他、記載された会社名及び製品名は各社の商標または登録商標です。

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アール・アイ >
  3. 集中管理型バックアップソフト「Secure Back 4」を発売