競馬で株式投資のように自動運用できるWEBサービスの提供を開始

~大阪の「馬券課税裁判」で話題の競馬予想ソフトによる自動運用を誰にでも使えるロボットに~

競馬予想SNS「ウマニティ」(サンスポ&ニッポン放送公認)を運営する株式会社ウマニティ(本社:東京都中央区 代表取締役CEO:地曳哲也)は、2013年10月13日(土)より、独自の予想ロジックを搭載し、ユーザーの馬券購入プランに従って自動で馬券を購入するWEBサービス、競馬予想ロボット「スゴウマROBOT Z(ゼット)」(http://sugorobo.umanity.jp/)のサービス提供を開始致します。

 

 

■競馬ファンの間で広がるデジタル・ディバイド

インターネットなどの電話投票による馬券売上が全体(約2兆4千億円)の約60%(約1兆4千億円)を占める昨今、パソコンを駆使してデータ分析を行うデジタル競馬予想が主流になりつつあります。馬券課税裁判で話題になった大阪の会社員は競馬予想ソフトを駆使して3年間で1億4千万円の利益を上げました。
このように競馬予想のデジタル化が進む一方、競馬予想ソフトなどのツールを駆使できるのはプログラミングなどの技能を持った一部の人達の特権で、一般の競馬ファンとのデジタル・ディバイドは広がる一方でした。

競馬上級者向けの超・回収率重視ロボットから競馬未経験者向け入門ロボットまで

「スゴウマROBOT Z(ゼット)」はブラウザで動作するWEBサービスですので、誰にでもご利用頂けるように仕上がっています。ユーザーはロボットに馬券購入プランの3つの指示を出すだけで、後はロボットが馬券を自動購入してくれます。「スゴウマROBOT Z(ゼット)」は超・回収率重視のハイエンドモデルのため、会員数を限定して提供していますが、今後は、一部機能を制限した廉価版や競馬離れの進む若者に向けた入門用ロボットなどをリリースする予定です。

【報道関係お問い合わせ先】
株式会社ウマニティ 担当:地曳(ジビキ)、杉山
TEL:03-6228-6481 E-MAIL:info@umanity.co.jp

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ウマニティ >
  3. 競馬で株式投資のように自動運用できるWEBサービスの提供を開始