エイプリルフール関連

未来で起こる危機の情報を検知するAI(人工知能)の開発に成功。JX通信社、危機情報検知サービス「FASTALERT」未来版をリリース

革新的な技術開発により、”これから”起こる事象が予見可能に。

株式会社JX通信社(本社:東京都千代田区、代表取締役 米重 克洋)は、未来で起こる危機情報を事前にキャッチし、配信する速報検知サービス『FASTALERT to the future』をリリースします。
今まで「報道前に」危機情報を検知して配信しておりましたが、検知の速度と精度を上げることに成功し、未来で起こる事象も予見する事が可能になりました。

■FASTALERT to the future

AI(人工知能)による速報検知システム。危機情報を検知して自動配信。最速の検知スピードを誇っています。

 

世界最先端の技術を使い、システムを開発。
 

弊社が独自に開発したアルゴリズムを組み合わせて応用する事で、検知速度と精度を上げることに成功。

 

3分後にツチノコが通るという情報を検知し、待ち構える社員
 

あまりの情報検知スピードの速さに、業務もフルスピードに。
 

 

FASTALERTのご説明はこちら:
http://jxpress.net/service/#fastalert

※今日は、エイプリルフールです。
報道前に情報をキャッチするAI(人工知能)による速報検知システム『FASTALERT』はございますが、現段階では未来予測ができないサービスとなっております。ご了承ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. JX通信社 >
  3. 未来で起こる危機の情報を検知するAI(人工知能)の開発に成功。JX通信社、危機情報検知サービス「FASTALERT」未来版をリリース