「九州 熱中屋」を運営するゴールデンマジックが世界最大のWi-Fiコミュニティー「FON」と提携し、運営店舗全店でグローバルWi-Fiの導入をスタート

「九州 熱中屋」や「新橋シャモロック酒場」等の飲食ブランドを手がける株式会社ゴールデンマジック(株式会社ダイヤモンドダイニングの連結子会社、本社:東京都港区、代表取締役社長:山本 勇太、以下「ゴールデンマジック」)と世界最大のWi-Fiコミュニティー「FON」を提供するフォン・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役CEO:金田 宏、以下「FON」)は、この度5月30日より提携し、ゴールデンマジック運営店舗全店(※)において無料Wi-Fiサービスの提供を順次開始致します。
国土交通省観光庁が発表している「訪日外国人の消費動向 平成28年1-3月期報告書」によると、日本滞在中にあると便利な情報の第一位として「無料Wi-Fi」(52.3%)が挙がっており、今後も無料Wi-Fiサービスの需要が拡大すると予測されます。

FONは、全世界で2,000万スポット以上を展開する世界最大のWi-Fiコミュニティーで、ユーザーベースは200の国と地域にのぼることから、海外でも認知度が高く、外国人観光客の集客効果が期待されます。この度の提携で、FONスポットをゴールデンマジック運営店舗全店に導入することで、訪日外国人をはじめとするお客様がWi-Fiサービスを一定時間無料でご利用いただけるようになりました。海外でも馴染み深いFONスポットの識別名「Fon WiFi」をはじめ、使いやすさに定評のある多言語対応したログイン画面を通して、簡単にインターネットへ接続することが可能です。

「世界をWi-Fiで覆い尽くす」という目標のもと、2006年にスペインで誕生したFONは、独自のクラウドソーシング・アプローチとして世界中に広がり、BT(英国)やDeutsche Telekom(ドイツ)をはじめ、Oi(ブラジル)、KT(韓国)、Telstra(豪州)などの各国大手通信事業者と提携しているほか、GoogleやMicrosoft、Qualcomm、伊藤忠商事、Atomico、Index Ventures、Sequoia Capitalなどの世界有数企業がFONに投資をしています。

ゴールデンマジックでは、先行してスマートフォン表示多言語メニュー「Tangerine INBOUND(タンジェリン インバウンド)」の導入を完了しました。「Tangerine INBOUND」は「Google Chromeブラウザ」に表示されたURLをタップするだけで、言語対応したメニューを表示することが可能なことから、ゴールデンマジックでは今回の「FON」によるWi-Fiサービスを組み合わせることで、インターネット環境の無料提供はもちろん、訪日外国人の方々により快適な飲食体験をご提供できる店舗整備を進めていきます。
(※店内設備の関係で導入不可能店舗を除く)
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. フォン・ジャパン株式会社 >
  3. 「九州 熱中屋」を運営するゴールデンマジックが世界最大のWi-Fiコミュニティー「FON」と提携し、運営店舗全店でグローバルWi-Fiの導入をスタート