東京アニメアワードフェスティバル2015『コンペティション部門』グランプリ決定!

「東京アニメアワードフェスティバル2015」の授賞式が3月22日(日)TOHOシネマズ 日本橋にて行われ、
「コンペティション部門」のグランプリが発表されましたのでご報告させていただきます。
 

 東京アニメアワードフェスティバル2015(TAAF2015)は、アニメーションの振興を目的とした国際アニメーション映画祭で、3 月19 日から3 月23 日までTOHO シネマズ 日本橋を中心に開催されています。コンペティション部門の本審査、アニメ オブ ザ イヤー部門の発表、アニメ功労部門の顕彰、また特別賞アニメドールの授賞などに加え、多くの招待作品の上映、その他特別イベントなどが実施されます。なお、コンペティションの本審査を含め、ほぼ全ての上映が一般の方も参加が可能となっております。


 「コンペティション部門」は、2013年1月1日以降に完成したアニメーション作品で、プロ・アマ問わず応募のあった、日本国内で未興行のアニメーション作品を対象としている。60 分以上の作品は長編アニメーション部門、30 分未満は短編アニメーション部門となる。本年は長編部門で21 作品、短編部門は60 か国以上の国と地域から1206 の作品の応募がありました。

審査結果は以下の通り。

<長編アニメーション部門>
グランプリ 『Song of the Sea』 (原題) 監督 トム・ムーア
優秀賞 『MUNE』(原題) 監督 アレクサンドル・ヘボヤン、ブノワ・フィリッポン
※尚、グランプリの『Song of the Sea』(原題)には、東京都知事賞も授与された。

<短編アニメーション部門>
グランプリ 『Mi ne mozem zhit bez kosmosa』(原題)
英題 We can’t live without cosmos.
監督 コンスタンティン・ブロンジェット
優秀賞 『Bang bang!』(原題)監督 ジュリアン・ピサロ
『Beach Flags』(原題)監督 サラ・サイダン
審査員特別賞 『My Stuffed Granny』(原題)監督 エフィー・パッパ
※尚、グランプリの『Mi ne mozem zhit bez kosmosa」には、東京都知事賞も授与された。

※本審査を鑑賞した一般の観客が選んだ観客賞には日本人監督がアイヌの方々と一緒に制作した
『七五郎沢の狐』 監督 すぎはらちゅん(上映時間 13分45秒)が選ばれた。

 授賞式では、長編アニメーション部門の『Song of the Sea』(原題)がグランプリとなった決め手を、最終審査員の一人を務めた東映アニメーション(株)企画営業本部 企画開発スーパーバイザーの関弘美氏がコメントした。「アイルランド(ケルト)の神話をモチーフテーマにしながらも、家族再生・再構築という、現代でも広い世代に通じるテーマが非常に良い形でシナリオになり、アートディレクションや音楽とのマッチングにも成功しているという、大変素晴らしいバランスの映画だというのが審査員全員の見解です。そして、この作品はシナリオの前編と後編では、テンポが変わるのですが「デリケートな兄弟愛や人間関係の描き方が素晴らしい」という意見と「後半のクライマックス、アクションシーンが見どころだった」という意見で、2つに意見はわかれております。この作品を観客の皆様がどう思うかが非常に楽しみなところです。私ごとではございますが、久しぶりに素直に泣ける映画でした。」
 短編アニメーション部門のグランプリの『Mi ne mozem zhit bez kosmosa』(原題)に対するコメントは、最終審査員の一人を務めたアニメーション作家・アニメーション協会会長の古川タク氏がコメント。「スタイリッシュな画面作りと大人のセンス・オブ・ユーモアを散りばめたこの作品は実は映画制作の類稀なる力量をも見せてくれる。どのカット一つを取ってみても素晴らしい。キャラクターひとりひとりがシンプルな表現の中に各々の個性に満ち溢れている。笑いながら、ハラハラしながら一気にエンディングまで楽しませてくれる。見終わって、なんとも暖かい気分にさせてくれるアニメーション」と評した。

長編アニメーション部門 グランプリ
『Song of the Sea』(原題)

監督 :トム・ムーア
製作国 :アイルランド
共同制作国 :ルクセンブルグ、ベルギー、フランス、デンマーク
上映時間 :93分
本年の『第87回 米アカデミー賞・長編アニメーション賞部門』ノミネート作品。日本のアニメーションに強く影響を受けたトム・ムーアならではの美しい映像と美しいケルト音楽のシンフォニーを存分にお楽しみ頂ける作品。
少年ベンと、“最後のアザラシの子”である妹、サワースの物語。ふたりは海のそばの家に帰るため、消えゆく古代の魔法世界へと不思議な旅に出発する。海で暮らすアザラシが陸に上がり人間になるという、アイルランドに伝わる神話をもとにした作品。

長編アニメーション部門 優秀賞
『MUNE』 (原題) 

監督 :アレクサンドル・ヘボヤン, ブノワ・フィリッポン
製作国 :フランス
上映時間 :85分
『カンフー・パンダ』や『アズールとアスマール』の制作にも参加した、アレクサンドル・ヘボ
ヤンが監督をしたフランスアニメーション業界、最新の3DCG による3D(立体視)アニメーショ
ン。月の番人と太陽の番人、月の番人に恋をしたキャンドルが織り成す、おしゃれでちょっ
ぴり切ないラブストーリー大切な人と一緒にご覧頂きたい一作。
邪悪な闇の力に太陽と月を奪われてしまった世界を元に戻そうと、愛らしい“月の番人”が奔走する
不思議な物語。ふだんは優しい物腰の番人が、月と愛する女性のために理想のヒーローへと大変
身!家族そろって楽しめる、心温まるストーリーの必見アニメーション。


短編アニメーション部門 グランプリ
『Mi ne mozem zhit bez kosmosa』(原題)

英題 We can’t live without cosmos.
監督  :コンスタンティン・ブロンジェット
制作国  :ロシア
上映時間:15分20秒
宇宙飛行士を夢見る2人組が、一緒に夢を実現させるため、日々のトレーニングに全力で挑む。これはただの夢物語じゃない。

短編アニメーション部門 優秀賞
『Bang bang!』 (原題)

監督   :ジュリアン・ビサロ
制作国   :フランス
上映時間 :11分39秒
バン!バン!狩猟シーズンが到来した。
エダの25歳の誕生日でもある。プレゼントにと、父親は彼女にアパートの部屋を与えた。エダは逃げ出した。一刻も早く遠くへ行こうと、車を走らせる。突然ピンク色の動物が車の前に飛び出し、彼女は事故を起こしてしまう。不思議な生き物を恐れて、エダは森へと逃げ込む。その森は、彼女の父親が狩りに出かけた場所だった。

『Beach Flags』(原題)

監督   :サラ・サイダン
制作国   :フランス
上映時間 :13分39秒
ヴィダはイラン人のライフガードの女の子。
チームで人気の彼女は、オーストラリアの大会に参加しようと練習を重ねている。ところが、ヴィダよりも早く泳げるサレがチームに加わって、彼女は思いがけない事態と向き合うことに。

審査員特別賞
『My Stuffed Granny』(原題)

監督   :エフィー・パッパ
制作国   :イギリス
上映時間 :10分00秒
小さなソフィアは、気難しいおばあちゃんのことが大好き。ソフィアの家は貧しくて、いつもお腹をすかせているけれど、おばあちゃんの年金で、お父さんと一緒になんとか暮らしている。おばあちゃんがいなくなったら、この先いったいどうなってしまうの!?

 


 
  1. プレスリリース >
  2. 東京アニメアワードフェスティバル2015 PR事務局 >
  3. 東京アニメアワードフェスティバル2015『コンペティション部門』グランプリ決定!