ノーコードでクラウド型CRMの画面レイアウト作成ができるRaySheetPage Designerをリリース

― Salesforce上でExcelライクな操作を実現するRaySheetがアップデート ―

グレープシティ株式会社(本社:仙台市泉区紫山3-1-4、代表取締役社長:馬場 直行)は、クラウド型CRMのSalesforce上でExcelと同等の操作性や視認性を実現するSalesforce AppExchangeアプリ「RaySheet(レイシート)」にノンプログラミングで画面レイアウト設定ができるRaySheetPage Designer(レイシート ページ デザイナー)機能を追加。2020年6月24日にリリースしました。

RaySheetはSalesforceの商談や取引先といったデータをExcelに類似した一覧を表示/編集したり、データをフィルタリングしたりできる機能を提供するSalesforce AppExchangeアプリです。 
ノーコードでSalesforce SalesCloudの画面をExcelライクに変更できる手軽さから商談管理のステータス変更など入力頻度の多い業務で活用されています。
 
今回のアップデートでは、ノーコードでSalesforceの画面をカスタマイズできる機能をさらに強化した「RaySheetPage Designer」を追加しました。「RaySheetPage Designer」は取引先や商談、ToDo、見積などさまざまなオブジェクトから必要な一覧画面を作りLightning Experience上に複数を配置できる機能です。 

これまではVisualforceでのコーディングが必要でしたが「RaySheetPage Designer」により設定ベースでのレイアウトが可能になりました。コーディングスキルがなくてもSalesforceの画面をカスタマイズできるので業務をよく知る現場の担当者が自分自身で使いやすい画面を作成することができます。 

レイアウトのパターンは18種類を提供。サブスクリプションの契約とMRR(月間収益)のような親子関係のあるデータなどでも画面遷移することなく1画面で参照/入力できる画面を簡単に作成できます。 

活用例1:取引先からサブスクリプション契約とMRR(月間収益)を遷移せずに確認する画面

活用例2:商談商品の一覧を見積りのレコードページに配置

RaySheetPage Designerの設定
RaySheetの機能で、任意のオブジェクトの一覧を作成。作成した一覧をRaySheetPage Designerのレイアウト設定画面から選択するだけです。

その他、今回のアップデートでは操作性の改善やUIの刷新、カスタマイズ機能の強化を行なっています。詳細はリリースノートをご確認ください。
>>RaySheet V9 リリースノート
https://gcsf.zendesk.com/hc/ja/articles/360050017914

グレープシティ株式会社について
グレープシティは30年以上にわたってUIコンポーネントを専門に開発しており、累計60万ライセンスの出荷実績のあるベンダーです。定期的なバージョンアップにより不具合の修正や機能改善を行なっています。長年の実績に加えて、製品機能とサポート体制が多くのお客様から信頼されており、導入から保守まで安心して製品をご利用いただけます。

【本製品に関するお問い合わせ先】 
グレープシティ株式会社
Enterprise Solutions事業部 営業部
es.sales@grapecity.com
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. グレープシティ株式会社 >
  3. ノーコードでクラウド型CRMの画面レイアウト作成ができるRaySheetPage Designerをリリース