ChatWork、メディア媒体を対象に、チャットワーク上でニュース記事の共有ができる「チャットワークでシェア」ボタンを公開

~日経ビジネスオンラインが初の導入媒体として「チャットワークでシェア」ボタンを設置~世界205の国・地域、 95,000社が利用するビジネスコミュニケーションツール「チャットワーク」

 ビジネスコミュニケーションツール「チャットワーク」(http://www.chatwork.com/ja/)を提供するChatWork株式会社(本社:大阪府吹田市、代表取締役:山本敏行、以下「ChatWork」)は、メディアを対象に、チャットワーク上でニュース記事の共有ができる「チャットワークでシェア」ボタンを公開したことをお知らせいたします。

 「チャットワークでシェア」ボタンとは、ニュースメディアに掲載されている記事をワンクリックでチャットワーク上でつながっている人や特定のチャットグループに共有することができる機能です。本機能の提供により、チャットワーク上で、気になる記事や業務などに関連する記事の共有が可能となり、より手軽でスピーディーな情報共有を実現します。

 この度、主なチャットワークユーザーであるビジネスマンの読者が多く、経営・経済に関するコンテンツを発信するビジネス情報サイト「日経ビジネスオンライン」が初の導入事例となりました。メディアにおいては、自社のサイト内に「チャットワークでシェア」ボタンを設置することにより、チャットワーク上のユーザー間で情報が共有され、読者満足度を高めることができます。



■日経ビジネスオンライン編集長 池田信太朗様のコメント

日経ビジネスオンラインは、4月26日にリニューアルを実施しました。むやみにページビューを追うのではなく、経済・経営誌サイトとして国内最大規模の200万人を超える会員の「満足度」を最大化することを狙いとしています。
メールに代わる先進的な情報共有のツール「チャットワーク」がターゲットとする、生産性向上に熱心で新しいツール導入に積極的な企業内ユーザー像は、日経ビジネスオンラインがターゲットとする、新しく確かな経済・経営情報を求めてビジネスに生かす読者像、会員像と重なります。
フェイスブックやツイッターなどとの連携に期待するのはサイトへの流入の「量」ですが、今回の連携に期待するのは、会員の皆さまとより深いエンゲージメントを結ぶことで、読者体験の「質」を向上させることです。


 今後ChatWorkは、同機能のAPI(アプリケーションプログラムインターフェイス)をオープン化し、さまざまなメディアに同機能の設置を図ることで、ユーザーのビジネスを加速させ、より良い働き方を支援してまいります。

■ 「チャットワークでシェア」ボタン紹介ページ
http://www.chatwork.com/ja/share/


■ ChatWork株式会社について
ChatWork株式会社ではビジネスコミュニケーションツール「チャットワーク」を主力事業として展開しています。
民間企業、教育機関、官公庁など約95,000社、世界205の国と地域に導入され(2016年3月末時点)、
各組織の生産性向上やコミュニケーション活性化に貢献しています。

オフィス  :(東京)東京都台東区松が谷4-24-11-301 (大阪)大阪府吹田市内本町2-21-8
       (シリコンバレー)440 North Wolfe Road Sunnyvale, CA 94085
代表取締役 :山本 敏行(やまもと としゆき)
会社設立    :2004年11月11日
事業内容    :ビジネスコミュニケーションツール「チャットワーク」の提供
公式サイト  :http://corp.chatwork.com/ja/

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ChatWork株式会社 >
  3. ChatWork、メディア媒体を対象に、チャットワーク上でニュース記事の共有ができる「チャットワークでシェア」ボタンを公開