株式会社日本政策投資銀行と業務資本提携に関する契約を締結

~日本における最適なヘルスケアシステムを創造~

株式会社シーユーシー(本社:東京都中央区 代表取締役社長:濵口 慶太、以下「CUC」と表記)は、株式会社日本政策投資銀行(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:渡辺 一、以下「DBJ」と表記)と、業務資本提携に関する契約を締結しました。
■業務資本提携の背景
CUCは、2014年の創業から在宅医療機関や病院に対して多角的な運営支援を手掛けています。首都圏をはじめ、日本全国の医療機関に支援展開を広げており、地域のニーズにマッチした新しいサービスを提供しています。さらに、ホスピスや訪問看護の各事業を担うCUCグループ各社と連携することで、地域包括ケアシステムの実現に取り組んでいます。

DBJは、その時々の社会課題の把握に応じ、金融面からの解決策を提示し、経済価値と社会価値の両立に取り組む金融機関です。また、持続可能な社会の実現に貢献する「サステナビリティ経営」を取り入れており、特にヘルスケア分野においては「医療・介護分野の基盤整備」と「社会保障制度の安定化」のために、各種投融資業務や情報発信等の取り組みに力を入れています。これらの取り組みは、CUCのMISSIONである「医療という希望を創る」と一致すると考えております。

今回の業務資本提携により、CUCによる地域包括ケアシステム構築ノウハウにDBJのファイナンスソリューション提供機能が加わり、日本における最適なヘルスケアシステムの実現が可能となります。

■業務資本提携の目的
DBJの有する各種リソースやネットワークを活用し、CUCが取り組む医療機関等の経営効率化、在宅医療の基盤整備やホスピス・訪問看護事業の一層の拡大と向上を目指します。DBJがCUCの第三者割当増資を引き受けることで、両社の連携を強化しながら、上記目的を達成すべく努力していきます。


本件の問い合わせ先
株式会社シーユーシー(https://www.cuc-jpn.com
Mail:contact@cuc-jpn.com
担当:広報担当
 
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社シーユーシー >
  3. 株式会社日本政策投資銀行と業務資本提携に関する契約を締結