「イタメシヤ」 それは バブル期のイタリアンレストランの呼び名。今や 死語。あれから31年。中目黒で「イタメシヤ」復活します。

イタリアンで初、少量多皿を確立した恵比寿「リストランテ・ダ・バッボ」が イタメシヤ「ロデオ・RODEO」中目黒、11月22日に 中目黒徒歩3分に オープン!!

メイン調理法は「 炭トキドキ薪 」炭と薪をバランス良く用い、肉・魚貝・野菜・チーズ 最高の「火入れ」で仕上げます。炭の安定した火力・薪の香り強火、この二つを操るのは RODEO が 業界初!! 今までにない「火入れ」 お楽しみ下さい。 酒場であり、飯屋。イタメシヤ。 これぞ、ロデオのコンセプト。 立ち飲みメニュー & 立ち飲みスペース で、最強普段使いの店。

店内店内


中目黒の二トリを越えた山手通り沿いに、イタリアンらしからぬ ファサード。行灯に暖簾、そして格子のドア京都の通りを抜けた小路にあるようなお店をイメージしました。(JET SETTER)
プロデュースは 本店「リストランテ ダ バッボ」も 手掛けている、シンガポールを拠点に活躍する ブランディングチーム JET SETTER。

 

店内店内

 

炭トキドキ薪 焼き炭トキドキ薪 焼き

 

火入れ火入れ

 

名物カチョカバロのブルスケッタ名物カチョカバロのブルスケッタ

 


ドアを開ければ スタンディング(立ち飲み)スペース。アンティーク な ペンダントライトが連なり、奥には アンティークの家具。カウンター・テーブル・スタンディング、すべてのスペースが「 炭トキドキ薪 」 の 音・匂い・香り、を味わえる場所。

 
≪店舗概要≫
●所在地 目黒区中目黒3-5-1 プレアタワー1F
TEL03-6451-2262(予約優先)
カウンター10席
テーブル 12席
立ち飲み  8人

●商品
・黒毛和牛(各部位)炭トキドキ薪 焼き (厳選肉、希少部位)
・ロデオ ハンバーグ
・焼き野菜盛り
・名物 カチョカバロの 炭トキドキ薪 焼きブルスケッタ
・炭トキドキ薪 ミートスパゲッティー
・インカのめざめ 自家製ポテチ トリュフソルト
・その他料理&日替わり

優良ワイン、日本酒、高品質ドリンクなど … 勿論 レモンサワー ハイボールなども

●内装
イタリアンなのに、まるで割烹のような入口。イタリアンとは思えない 行灯・暖簾。行灯には 「イタメシヤ RODEO」の文字。京都の小路にあるような、誰もが興味をそそる入口。店内は モルタルの ハイカウンターに アンティークの家具と同じく ペンダントライト。壁は、日本の伝統漆喰を深緑に。オープンキッチンの センターには、レンガを組んだ 囲炉裏。炭と薪に対応する はじめての試み。シンガポールを中心に活躍する、JET SETTER ならではの融合。入口の立ち飲みスペース、カウンター、奥のローテーブルと、目線の交差は絶妙。

●「リストランテ ダ バッボ」とは
2014年4月に恵比寿にオープンし少量多皿で、当時25品をクリエイトし、また カウンターを メインに カウンターイタリアンとして 一世風靡しました。イタリアンレストランで 今では、珍しくない 少量多皿。これを いち早く確立した リストランテ であります。また、カウンター内に 特別な設備で 炭火を用意し、カウンターで素材を目の前で火入れし、大きな シズル感を演出し 今までにない好評を得ま

 

した。そして更に、〆の名物トリュフパスタが更に ブレイクさせました。完全看板なしのこの リストランテは、著名人、有名人の隠れた集う場所となり 現在まで満席が続きます。

 「リストランテ ダ バッボ」
●所在地 渋谷区恵比寿南2-1-5 ES215ビル 6F
TEL03-6451-2995

 
【お問い合わせ先】
株式会社MIT 「MARIS GROUP」広報 中島 メールにてお問合せ下さいませ。
〒150-0042 渋谷区宇田川町37-10 MANI bldg 2F
電話 03-5738-7540 FAX 03-5738-7541
メールアドレス nakajima@maris-group.com
URL http:// www.ristorante-dababbo.tokyo/
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 M.I.T >
  3. 「イタメシヤ」 それは バブル期のイタリアンレストランの呼び名。今や 死語。あれから31年。中目黒で「イタメシヤ」復活します。