日本は原子力産業復活に向かって歩を踏み出す

                                          2016年4月19日



                日本は原子力産業復活に向かって歩を踏み出す

 
 2011年の地震と津波の後、日本の原子力産業は数年に渡ってほぼ完全に停止しました。その結果、日本経済にとって大きな打撃を与え、日本の発電構造を切り替えたことが明らかになりました。

 現在、輸入に依存しているエネルギー源のレベルは84%にまで達し、総発電効率を低下させるだけでなく、高い電力消費の工業生産も制限させます。また、発電に天然資源の使用量の増加は、環境悪化にもつながっています。

 2013年の結果によると、日本における発電バランスは天然ガス43.2%以上、石炭30.3%、石油14.9%を占めました。日本政府は2030年までにエネルギーバランス最適化を目指し、原子力発電所の分を20〜25%までに上げるように、原子力発電所を再稼働させる予定があります。

 今の日本にとって、原子力産業の復活は不可欠です。自然エネルギー財団の理事長トーマス・コーベリエル教授は「 原子炉の稼働に強い関心があります。一時的に停止したままである場合、解決しにくい経済的効果が与えられます。」と述べました。政府は徐々に新しい安全規制基準を満たす原子力発電所を再開しています。2015年8月11日の川内原発の第1号機の再稼働は画期的でした。その出力は890メガワットにとどまり、事故のためすべての原子力発電所の2年間停止後に、日本初再稼働した原子炉となりました。

 2015年10月15日に川内原発の第2号機は再稼働し、10月21日に発電し始めました。原子力発電回復への次のステップは、2016年1月29日に870メガワット出力の高浜原子力発第3号機の再稼働でした。これは原子力産業再稼働後、混合酸化物ウラン・プルトニウム燃料を使用する日本初の原子炉です。

 今年2月に高浜原発第4号機も再稼働し、伊方原発第3号機の再稼働が予定されています。長期間停止後の原子力発電所の再稼働は、業界と産業や経済、および国民の意見に大きな影響を与えています。

 当然ながら、日本における原子力発電所の数年間停止は、近年大幅に変更された技術の重大な遅れと後進につながっています。

 福島第1原発の事故経験を考慮して、緊急事態を防ぐために新しい原子力施設安全規制基準が2013年7月上旬に施行されました。その要件に応じて、すべての安全対策を2重に行わなければならなくなり、各原発に2カ所の制御センターを設置し、その1カ所は原発から離れた場所に設置します。新しい原子炉の稼働は、全体技術更新と新安全規制基準導入の条件のみで可能になります。「福島第1原発は再び起こらないように、原子力事故を防ぐ対策を含む様々なセキュリティシステムを導入しています」と川内原発の須藤礼所長が述べました。

 日本の原子力発電所のほとんどは、福島第1原発事故後に停止したため、その近代化が必要になり、原子力発電所の寿命を延ばす話題がますます重要になってきます。一度停止した原発を再稼働する過程は、原子力発電所の寿命を延ばす手順とよく似ていますが、原子炉が停止した場合、その更新が簡単になります。原子力産業における今の日本のパートナー国の間でロシアの原子力専門家は、原子力発電所の寿命延長の分野で最も豊富な経験を持っています。ロシアは過去20年間にわたって、原子力発電所の延長作業している間に原子力発電所の近代化の技術を変更させてきました。 安全要件は非常に厳しくなってきました。保護装置の追加、原子炉の管理、制御、保護システムの更新、設備交換及び原子炉出力を向上させる他の措置を行います。原子力発電所の様々なタイプの原子炉の寿命を延長する方法を開発して試験し、設備、パイプライン、建物構築などの技術的状態及び残存寿命を評価するための適切な手順を開発してきました。

 原子力発電所の寿命延長は話題になっています。その理由は、新原子炉を構築するコストが高いため、寿命を延ばすほうが経済的です。しかも、更新した原子炉は新原子炉よりも不安全であるということはありません。

 稼働延長後の原子炉の安全性は、常に初稼働原子炉の安全レベルよりも高いことがあげられます。これは、30年の間に必然的に厳しくなった安全要件を満たしているからです。経営会社と国の規制要件だけでなく、設計寿命を超えた延長原子力発電所を含め、原子炉を自分検査を実施するIAEAの安全基準やWANOの規制(世界原子力発電事業者協会)も満たすことになっています。

 ロシアの原子力発電所の稼働延長の経験はたくさんあり、35稼働原子力発電所のうち24カ所の寿命が延長しました。原子炉の様々な種類の稼働延長の経験が注目されます。全ロシア原子力発電研究所は、ロシア国内市場での原子炉の寿命を延ばす大規模プロジェクトを実施しています。現在、ロシアは海外原子力発電所の寿命を延ばすいくつかのプロジェクトを有しています。

 2014年12月にアルメニア原子力発電所第2号機の稼働延長の協力についてロシア連邦政府とアルメニア共和国政府が協定を結びました。プロジェクト実施期間中、2016年2月10日にメツァモール原子力発電所第2号機のシステムコンポーネント構造検査段階が完了しました。

 1月28日にコズロドイ原子力発電所(ブルガリア)とルサトム・サービス社とリスク・エンジニアリング社(ブルガリア)は、コズロドイ原子力発電所第6号機の寿命を60年間までに延ばすという作業開発について契約を締結しました。コズロドイ原子力発電所第6号機の寿命延長も、ロスアトム社が外資系エネルギー大企業と連携した例の一つです。特にこのプロジェクトはロシアのルスアトム・サービス社とロスエネルゴアトム社とフランス電力会社(EDF)とが密接に協力しながら実施していきます。

 ロスアトム社の国内外の原発寿命の延長の長い経験を考えると、当社は日本でも原発の新規制基準に基づいて原子力産業を回復する試みに協力し、全体的に産業の成長を刺激させるハイテク産業の発展に貢献することができます。多くの国際専門家は、ロシアを原子力発電の分野における先進国と認めています。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ロスアトム国家原子力公社 >
  3. 日本は原子力産業復活に向かって歩を踏み出す