世界で展開するクリエイティブエージェンシーmonopo、東京&ロンドンのグローバルチームで制作したグローバルキャンペーンを公開創業74年のスポーツメーカー「Yonex Golf」のグローバル展開を支援

https://monopo.co.jp/works/yonex-new-ezone-gt-golf-launch-campaign/

 株式会社monopo(以下、monopo)は2020年3月3日(火)、創業74年の老舗スポーツメーカーヨネックス株式会社(代表取締役社長:林田 草樹 以下、ヨネックス)のゴルフブランド「Yonex Golf」で展開する商品群「EZONE GT」において、東京オフィス・ロンドンオフィスの共同チームにより制作したグローバルキャンペーン「NEW EZONE GT - 飛距離の差は、創造力の差。- 」を公開しました。
 近年ゴルフ業界では技術革新が停滞しており、研究開発の多くはアルゴリズムと人工知能による微調整に焦点を当てています。しかしヨネックスは、機械に頼らず人間の想像力を駆使し、「EZONE GT」を創り出しました。人の手で設計された新しい「EZONE GT」は、世界No.1の飛距離を追求した“飛ばせる”アベレージゴルファー向けのプロダクトです。
 monopoはこのヨネックスのものづくりの中心にあるクラフトマンシップに焦点を当て、純粋な人の想像力と創造力という2つの力を結び付ける革新的なプロセスをキャンペーン全体で表現しました。世界的に知られるグローバル企業において映像作品実績を多数持つ Artem Palchevskiyが監督した映像では、クラブが生み出される過程の革新的なプロセスを表現し、キービジュアルでは工場員の手で支えられているクラブによって創造力を表しました。また映像と写真の全キャストがヨネックスの社員で構成されており、撮影も全て、新潟にあるヨネックスの工場で行いました。
 本キャンペーンは、monopoの東京オフィス・ロンドンオフィスの合同チームで制作しました。映像、印刷物、ソーシャルメディア、イベントブース等全ての制作物を英語と日本語両方で制作しており、日本国内だけでなく、世界中で公開予定です。
 これからもmonopoは東京オフィス・ロンドンオフィスのさらなる連携強化を通じて、多くの日本ブランドの世界展開をクライアントと一緒に実現していきます。

「NEW EZONE GT - 飛距離の差は、創造力の差。- 」
https://monopo.co.jp/works/yonex-new-ezone-gt-golf-launch-campaign/

【株式会社monopo会社概要】
東京を拠点にグローバルなコミュニティベースのクリエイティブエージェンシーとして、様々な国内外のブランドにサービスを展開。"A BRAND OF COLLECTIVE CREATIVITY”をビジョンに掲げ、ブランディング・広告・PRを中心に様々な領域において、様々な個人が持つアイデアや創造性を共に発揮できるようなコミュニティ作りを目指している。2019年、ロンドンに子会社monopo London.Ltdを設立。自社プロジェクト『poweredby.tokyo』では、東京の知られざる魅力を世界に発信中。

・設立:2011年
・代表者:佐々木芳幸
・所在地:150-0001 東京都渋谷区神宮前5-6-5 Path表参道A3
・従業員数:約30名(インターン含む)
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社monopo >
  3. 世界で展開するクリエイティブエージェンシーmonopo、東京&ロンドンのグローバルチームで制作したグローバルキャンペーンを公開創業74年のスポーツメーカー「Yonex Golf」のグローバル展開を支援