GW恒例アートフェスティバル「SICF18」をスパイラル(東京・南青山)にて5月2日(火)より開催

会期 : 2017 年 5 月 2 日(火)ー7 日(日)会場 : スパイラルホール(スパイラル 3F)、スパイラルガーデン(スパイラル 1F)、MINA-TO(スパイラル 1F)

スパイラルは、若手クリエーターの発掘・育成・支援を目的としたゴールデンウィーク恒例のアートフェスティバル
「SICF18」(第 18 回スパイラル・インディペンデント・クリエーターズ・フェスティバル)を 2017 年 5 月 2 日(火)ー7 日(日)に開催します。

(左上) 「SICF17」会場風景 撮影  市川勝弘(右上)「SICF18」 B 日程 SENSESCAPE DESIGN Lab. 作品 (左下)「SICF18」 A 日程 山田勇魚 作品(中下)「SICF18」 C 日程 音鼓子 作品 (右下)「SICF18」 C 日程 加藤千佳 作品 (左上) 「SICF17」会場風景 撮影 市川勝弘(右上)「SICF18」 B 日程 SENSESCAPE DESIGN Lab. 作品 (左下)「SICF18」 A 日程 山田勇魚 作品(中下)「SICF18」 C 日程 音鼓子 作品 (右下)「SICF18」 C 日程 加藤千佳 作品

 

公募によって選出された気鋭の若手クリエーターが一堂に会し、絵画、立体・インスタレーション、写真、メディア アート、ファッション、工芸やそれら既存のジャンルに捕われない作品を展示、活発なプレゼンテーションを展開します。 18回目を迎える「SICF」は出展クリエーター数を従来の100組から150組に拡大、3会期6日間で開催します。さらに会場としてスパイラルガーデン(スパイラル1F)を追加し、公募形式のパフォーマンスプログラム「SICF18 PLAY」 を新たに実施、若き才能が直径10mの円形空間を舞台に、20分以内で自由に表現します。開催期間中は、クリエイティブの現場を牽引する審査員やゲストによるトークプログラムや、SICF17受賞者を中心としたクリエーターによるワークショップ、パフォーマンスを開催。さらに、MINA-TO(スパイラル1F)のArt WallにてSICF過去出展者による 作品の展示・販売、前年の受賞者が作品展示を行なう「SICF17受賞者展」を同時開催するなど、若手クリエーターの 瑞々しい感性がスパイラル館内を彩ります。

SICF18 【会場 : スパイラルホール(スパイラル 3F)】
未知の才能と出会う開かれた発表の場「SICF」では、これまでアートファンはもちろんのこと、ギャラリストやコレ クター、アートディレクター、プレス関係者の方々と、若手クリエーターを結び付け、出展者の活動の幅を拡げるきっかけとなってきました。さらに、会期の最後には審査員により、優秀作品にグランプリ、準グランプリ、各審査員賞を、来場者の投票により、オーディエンス賞を授与します。グランプリ受賞者には、顕彰として、スパイラルでの 個展開催(制作費 50 万円を補助)とスパイラル広報紙「Spiral Paper」での特集の機会が与えられ、その他の受賞 者には、「SICF18 受賞者展」への出展の権利が授与されます。さらに、受賞者のみならず出展者にも、 スパイラルが企画運営を行なう、さまざまな展覧会やアートイベントに作品発表の機会が提供され、活躍の場が拡がっていきます。

SICF18 出展者150組一覧はこちら
http://www.sicf.jp/information/sicf18.html

SICF18審査員

石田尚志 l 画家・映像作家、多摩美術大学准教授
SICFがノンジャンルで領域横断的な表現者にも開かれているのは魅力的なことです。 表現への欲望はジャンルやルールを超え出てしまうものだからです。 しかしだからこそ、自分が選んだ技術や方法が、なぜそれでなければ駄目だったのか強く 問われるのだと思います。SICFがみなさんにとって、表現ということに対する一つの大 きな探求と確認の場になることを祈ります。
 

Photo  Masaya TanakaPhoto Masaya Tanaka

 

栗栖良依 l SLOW LABEL ディレクター
前回の SICF では、既存のジャンルに捉われない SICF らしい、さまざまなバックグラウ ンドをもつ方々による、さまざまな表現に出会うことができました。同時に、審査員の顔 ぶれにも偏りがないので、作品評価を通じたディスカッションは刺激的でもあり、次の時 代の表現の在り方を考える良い機会でもありました。SICF18 では、どんな人に出会える んだろう!応募するみなさん、わたしたち見ている側のクリエイティビティをビシバシ刺 激してください!

 

張熹 l 藝倉美術館 チーフディレクター
現在、日本にはたくさんの優秀なアーティストがいます。今後もその遺伝子を継ぐ優れた アーティストが生まれてくることを確信しています。私はその未来に期待を寄せながら、 皆さんの作品と向き合う中で、新たな才能を見つけ出したい。そして、皆さんと共に時代 を切り拓いていきたいです。 

 

Photo  Nobutaka SatohPhoto Nobutaka Satoh

中村茜 l 株式会社プリコグ代表、パフォーミングアーツプロデューサー
「作品を観客に届けること。」それが自分の仕事だと思っているわたしにとっては、作品 を見て何かを強く揺さぶられる観客の顔が想像できるかどうか、それがまず最初の指針と なり、手がける作品/アーティストを決め、プロデュースしています。次に、社会にどん なインパクトを与えるのだろうか、どんな問題提起があり、どんな思考や議論を起こすの だろうか、ということを考えます。創造性と社会がどのように影響し合うのか、というこ とに関心があるからです。SICF でもそのような視点で、作品と対峙してみたいと思って います。 
 

森永邦彦 l ANREALAGE デザイナー
テクニックの上手さ、テーマの秀逸さ、アプローチの独自性という観点からではなく、作 り手がいかに自己を強く意識し、いかに外の世界との接触し、自己の世界をつくりだした のか、その過程に惹かれます。作り手は自身の眼を持ち、その眼によってしか世界を見よ うとしない。そんな作品に出会えることを愉しみにしています。

 

藪前知子 l 東京都現代美術館 学芸員
今回はじめて審査に参加します。どんな小さな身の回りのことでも、誰かがそこに自分の 個性を託し、何かを表現したいという衝動に触れるのは常に心が震える体験です。私にと ってスパイラルは、そうした大文字の「アート」だけではない、多様な文化の舞台であり 続けてきました。ユニークな表現者たちの出発の場にふさわしい、練り上げられたプログ ラムでの新たな出会いに、大いに期待しています。
 

大田佳栄 l スパイラルチーフキュレーター
スパイラルでは、20 回目を数年後に控えた SICF を通じて、これまで以上に「さらにそ の先」に注目をしていきたいと考えています。目に見える結果としての作品のクオリティ はもちろんのこと、作家としての思想、制作

背景、他者への伝え方などを含めた総合的な パフォーマンス力のある、未来の第一線を行くアーティスト・クリエーターの皆さんに出 会えることを楽しみにしています。

開催概要 
名称 : SICF18 (第 18 回スパイラル・インディペンデント・クリエーターズ・フェスティバル)
会期 :  2017 年 5 月 2 日(火)ー7 日(日) 
A 日程 : 2017 年 5 月 2 日(火)ー3 日(水・祝)11:00ー19:00 [50 組] 
B 日程 : 2017 年 5 月 4 日(木・祝)ー5 日(金・祝)11:00ー19:00 [50 組]
C 日程 : 2017 年 5 月 6 日(土)ー7 日(日)11:00ー19:00[50 組] 
会場 : スパイラルホール(スパイラル 3F)、スパイラルガーデン(スパイラル 1F)、
          MINA-TO(スパイラル 1F) 
          〒107-0062 東京都港区南青山 5-6-23
           東京メトロ銀座線・千代田線・半蔵門線「表参道」駅 B1、B3 出口すぐ 
入場料 :  [一般] 1 日券 500 円 / 通し券(A・B・C 日程) 1000 円 
             [学生]SICF 公式 Facebook、twitter に「いいね!」「フォロー」で無料(要学生証提示) 
            ※スパイラルホール、スパイラルホール ホワイエ(スパイラル 3F)のみ上記入場料をいただきます。 
            ※中学生以下は無料でご入場いただけます。 
主催 : 株式会社ワコールアートセンター 
協賛 : サントリー食品インターナショナル株式会社 
協力 : 株式会社 ORANGE SENSE、株式会社グライダーアソシエイツ、CLIP、株式会社ステージフォー 、
    株式会社中川ケミカル 
企画制作 : スパイラル 
グラフィックデザイン : 日本デザインセンター 大黒デザイン研究室 
お問い合わせ : 03-3498-1171(スパイラル代表)

SICF17受賞者展 【会場 : スパイラルガーデン(スパイラル 1F)】

 

「SICF17」グランプリ受賞作 江頭誠『お花畑』「SICF17」グランプリ受賞作 江頭誠『お花畑』

前年の受賞者が作品展示します。
会期 : 2017 年 5 月 2 日(火)ー5 月 7 日(日) 11:00ー20:00  
         入場無料 
出展者 : 江頭誠(グランプリ)
            後藤映則 (準グランプリ・オーディエンス賞)
            高木あすか(準グランプリ)
            FUKUPOLY(岡本美津子賞)
            江藤友理子(金森香賞)
            橋本美和子(木村絵理子賞)
            MIWAKAKUTA(栗栖良依賞)
            植松京子(張熹賞)
    山内沙也果(スパイラル奨励賞)


SICF18 PLAY 【会場 : スパイラルガーデン(スパイラル 1F)】

スパイラルガーデンスパイラルガーデン

スパイラルガーデン(スパイラル 1F)の直径 10m の円形空間を舞台に 20 分以内で自由に表現するパフォーマンス プログラムを初開催します。今回は公募によって選出された、コンテンポラリーダンス、演劇、音楽などのパフォー ミングアーツや、それら既存のジャンルに捕われずに活動する若き才能を紹介します。会期の最後には審査員により 最優秀賞 1 組を選出、顕彰としてスパイラルでの作品展開(制作補助費最大 15 万円)、「SICF18 受賞者展」への 参加権利が授与されます。 


日時 : 2017 年 5 月 3 日(水・祝)13:00-15:50
        5 月 5 日(金・祝)13:00-16:20
                     5 月 7 日(日) 12:00-15:20
審査員 : 栗栖良依 l SLOW LABEL ディレクター
            中村茜 l 株式会社プリコグ代表、 パフォーミングアーツプロデューサー
            小林裕幸 l スパイラル館長、シニアプロデューサー
            大田佳栄 l スパイラル チーフキュレーター
観覧無料

SICF18 PLAY 出演者17組一覧はこちら
http://www.sicf.jp/information/03-sicf18-play.html

SICF18 関連プログラム

SICF トーク 

SICF18 の審査員や国内外のアートシーンの第一線で活躍するゲストを迎え、トークイベントを開催します。

「なぜデザインするのか?」
日時 : 5 月 2日(火)17:30-18:30 
会場 : スパイラルホール ホワイエ(スパイラル 3F)
登壇者 : 大黒大悟(日本デザインセンター大黒デザイン研究室) 

「作家として作り続けるために」
日時 : 5 月 4 日(木・祝)15:30-16:30
会場 : スパイラルホール ホワイエ(スパイラル 3F)
登壇者 : 石田尚志(画家・映像作家、多摩美術大学 准教授)

「劇場だけが舞台じゃない、『演劇』ってこれからどうなるの?」
日時 : 5 月 6 日(土)15:00-16:00
会場 : スパイラルホール ホワイエ(スパイラル 3F)
登壇者 : 中村茜(株式会社プリコグ代表、パフォーミングアーツプロデューサー)
     林千晶(株式会社ロフトワーク 代表取締役)

「広げる、伝える、届ける。アートをつなぐお仕事」
日時 : 5月7日(日)15:30-16:30
会場 : スパイラルホール ホワイエ(スパイラル 3F)
登壇者 : 藪前知子(東京都現代美術館 学芸員、札幌国際芸術祭 2017 企画メンバー)
    工藤千愛子(ヨコハマトリエンナーレ 2017 コーディネーター)

※トークは全て参加無料、申込不要。ただし、「SICF18」の入場券(1日券500円)が必要となります。


その他「SICF18関連プログラム」についての詳細は下記URLをご覧ください。
SICF ツアー
http://www.sicf.jp/information/04-sicf-workshop-performance.html 
SICF ワークショップ/パフォーマンス 
http://www.sicf.jp/information/04-sicf-workshop-performance.html
【MINA-TO Art Wall Vol.7 】SICF | SPREAD Textile works by a selection of SICF creators.
http://www.spiral.co.jp/e_schedule/detail_2241.html








 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ワコールアートセンター >
  3. GW恒例アートフェスティバル「SICF18」をスパイラル(東京・南青山)にて5月2日(火)より開催