【IT導入補助金採択】ウィズコロナの交通安全管理「AI-Contact」

~総務省支援の事故削減ツール導入で最大450万円の補助金交付~

ジェネクスト株式会社(横浜市港北区、代表取締役:笠原一)は、2020 年度 IT 導入補助金の特別枠のC 類型-2 に採択され、IT 導入支援事業者となりました。IT 導入補助金を活用すると交通安全システム「AI-Contact(アイ・コンタクト)」の基本料金に対して 75%(最大 450 万円)の補助金が交付されます。

  • AI-Contact(アイ・コンタクト)とは
国家プロジェクトである日本版 GPS「みちびき」のサブメーター級測位を活用した 【高精度の位置情報】と、交通事故鑑定事業のノウハウ蓄積により独自に構築した【全国の交通標識情報地図データベース】を照合させ、社用車の交通違反の危険運転を可視化することができます。内閣府公認のみちびき最初の商用利用となったサービスです。

コロナ禍でリモートワークを実施する企業が増加している中で、出社制限にある総務・管 理課社員の運行管理効率化としても、有効な車両管理システムとなっております。

 

  • 総務省の支援によって実用商品化された技術

2012 年 8 月より交通事故鑑定事業を通じて全国の交通データ・交通違反判定ロジックのノウハウ集積を開始しました。2016 年 6 月からは交通違反の自動検知技術の開発に着手、2018 年 2 月には総務省「I-Challenge(アイ・チャレンジ)」に採択され、内閣府からみちびきの受信機の支援を受け、実用化に向けて開発加速、2018 年 6 月に商品実用化に成功しました。その後も急速に普及が進み、2020 年 7 月現在、国内 5,000 台の導入を突破しました。

  • 補助金対象について
所定の要件を満たす中小企業・小規模事業者等であれば AI-Contact サービス基本料金に対してIT 導入補助金を活用すると、75%(最大 450 万円)の補助金が交付されます。
・初期費用:車載器(みちびき対応ロガー端末)購入代金 35,000 円/台(税別)
・月額費用:基本料金 3,980 円/台(税別)→実質負担額 995 円/台(税別)

  • 4次締切分(直近)補助金申請スケジュール
・4次締切日:2020年7月10日(金) ※6次締切日:2020年8月31日(金)
・4次交付決定日:2020年8月12日(予定)
その他スケジュールや適用要件の詳細につきましてはhttps://www.it-hojo.jp/で最新情報をご確認ください。

  • ジェネクスト株式会社について
「事故のない社会へ」をミッションに、社用車の危険運転を検知するクラウドサービス
「AI-Contact(アイ・コンタクト)」を開発・運営しております。交通事故鑑定においては特許技術を保有しており、これまでに延べ 100 件以上の交通事故鑑定の実績があります。

また、ジェネクストは SDGs の目標 3 にある「2020 年までに、世界の道路交通事故による死傷者を半減させる」ことの実現に向けて取り組んでおります。

  • 企業概要
[会社名] ジェネクスト株式会社
[本社] 神奈川県横浜市港北区新横浜 3-18-3 新横浜 KS ビル 9F [設立] 2009 年 7 月
[代表取締役社長] 笠原 一
[資本金] 1 億 1,375 万円(資本準備金含む:2 億 700 万円)
[企業URL] https://genext.co.jp/
[交通安全システム「AI-Contact」] https://ai-contact.jp/
[事業内容]
・クラウド型交通安全管理システム「AI-Contact」の運営
・ドライブレコーダー映像解析/交通事故鑑定

【本件に関するお問い合わせ先】
ジェネクスト株式会社 広報担当
TEL:045-594-9366  Mail:info@genext.co.jp
  1. プレスリリース >
  2. ジェネクスト株式会社 >
  3. 【IT導入補助金採択】ウィズコロナの交通安全管理「AI-Contact」