嘉穂無線ホールディングス株式会社は、データ活用支援事業を立ち上げました。

クラウドと最新BIツールを使用することで従来手法の約1/10以下(当社比)のコストと期間が実現可能に

 今後全産業において、データ活用の優劣が企業の競争力を大きく左右される状況になります。ホームセンターのグッデイを運営する嘉穂無線ホールディングス株式会社(本社:福岡県筑紫郡那珂川町 代表:柳瀬隆志)は、グッデイで培ったデータ活用のノウハウを生かして様々な会社にデータ活用支援関連サービスを提供いたします。
◆概要
  1. 名称       株式会社カホエンタープライズ(嘉穂無線ホールディングス株式会社の100%子会社)
  2. 所在地      福岡県筑紫郡那珂川町松木2-61
  3. 代表者      柳瀬隆志
  4. 事業内容     データ活用支援事業
  5. 資本金      5000万円
  6. 新事業開始月 2017年4月
  7. 従業員      10名(嘉穂無線ホールディングスと兼務)
 



◆主な事業内容
 

 
  • データ分析システムの構築運用
  • ダッシュボードの作成、データ分析代行
  • AIなど最新クラウドサービス活用推進
  • BIツール(Tableau)ライセンス及び操作トレーニング
  • クライアント企業のデータリテラシー向上
  • クライアントから外部サービスへのデータ共有構築

◆事業計画
 初年度売上高目標   1億円

株式会社カホエンタープライズ 公式WEBページ  https://kaho-enterprise.co.jp
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 嘉穂無線ホールディングス株式会社 >
  3. 嘉穂無線ホールディングス株式会社は、データ活用支援事業を立ち上げました。