テキスト解析のストックマークがシリーズAで3億円のデットファイナンスみずほ銀行の支援と日本政策金融金庫から融資として調達

自然言語処理を研究する、ストックマーク株式会社(本社:東京都港区、代表取締役CEO:林 達、以下 ストックマーク)https://stockmark.ai/は、この度3億円の資金調達をしたことをご報告させていただきます。
ストックマークは、最先端の自然言語処理技術を研究し、それを活用して現在、三菱UFJ銀行、トヨタ自動車、帝人、TOTO、WOWOW、経済産業省など1000社を超える企業が利用し、組織の意思決定を効率化するAnewsをはじめとした複数のプロダクトを提供しています。この度、みずほ銀行の支援を受けて日本政策金融金庫から3億円の借り入れを2019年初頭に実施しましたことをご報告いたします。
シリーズAでは、VCなどからエクイティ出資を受けるのが一般的なところ、銀行借り入れのみでの資金調達は珍しく、これは当初から好調なAnewsに続いてリリースした営業支援ツールのAsalesも含めて業績が順調であること、及び本年夏に予定している新サービスへの期待をいただいているが所以であると受け止め、全社員一丸となり気を引き締めて邁進する所存です。今後は弊社サービスのさらなる認知拡大と、私たちの思いやプロダクトが世の通説、文化となる日が来ることを目指して、日々のプロダクト開発と価値創造に注力してまいります。

早速本日4/22(月)より、認知拡大ミッションのためイベントにも積極的に参加します。
4/22〜4/24日本経済新聞社主催のAIイベント「AI SUM」
4/23〜4/24宣伝会議主催のアドタイ「AdverTimes Days 2019 Spring」
上記イベントにて、ブース出展とセミナー登壇をいたします。
 
  • ストックマーク代表 林のコメント
「今回の資金調達では、最優秀人材の獲得とマーケットの拡大に注力します。2016年の創業以来資金調達を行うことなく成長を続けることが出来たのは、ひたすらお客様に向き合いながらプロダクトを研鑽し、創業初期の段階で厳しくも優しい皆様と巡り合うことが出来たからです。PMF(プロダクトマーケットフィット)を達成した今、次のステージに進むために今回の調達に至りました。これまでの暖かいご支援に感謝申し上げると共に、今後も皆様のご期待にお応えすべく、より一層のご支援ご指導のほどお願い申し上げます。
すべてのビジネスは大なり小なり「意思決定」の積み重ねで成り立っています。ストックマークは「組織を進化させるインテリジェンス」として、AIのチカラで、すべての組織、チーム、ビジネスパーソンにおける正しい「意思決定」をサポートし、日々増大する情報量、不確定要素の大きいビジネス環境において最も信頼されるパートナーになりたいと願っています。ストックマークは、ヒトとAIとビジネスプロセスのあり方を愚直に追求し、最高のAI SaaSプロダクトを開発して参ります。」

 
  • ストックマーク株式会社 会社概要
最先端の自然言語処理の研究をベースに、組織の情報共有・ナレッジシェアを効率化するWebニュースプラットフォーム「Anews」、大量のテキストデータから経営の戦略的意思決定を強力にサポートする「Astrategy」、営業戦略支援サービス「Asales」を提供しています。

会社名    :ストックマーク株式会社
URL        : https://stockmark.ai/
所在地    :東京都港区南青山一丁目12番3号  LIFORK MINAMI AOYAMA S209
設立       :2016年11月15日
代表   :代表取締役CEO 林 達
採用情報 :https://www.wantedly.com/projects/305745
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ストックマーク >
  3. テキスト解析のストックマークがシリーズAで3億円のデットファイナンスみずほ銀行の支援と日本政策金融金庫から融資として調達