もはや国民病!? 7割以上の家庭で「花粉症患者が家にいる」ことが判明!一方で、花粉対策の掃除をしていない家庭は76.9%  ~拭き掃除で床の花粉を撃退 ― ブラーバがキャンペーンを実施~

アイロボットジャパンが「花粉対策に関する意識調査」を実施

アイロボットジャパン合同会社(本社:東京都新宿区/代表執行役員社長 挽野元 以下、アイロボットジャパン)は、全国でスギ花粉の飛散量が最もピークとなる3月から4月にかけて、床拭きロボット ブラーバを花粉対策としておすすめするお得なキャンペーンを本日から4月1日(日)まで実施いたします。
このキャンペーンは、キャンペーン期間中に公式オンラインストアまたは対象店舗でブラーバ380jまたはブラーバ ジェット240をご購入いただき、ユーザー登録をしていただいた方全員に、4,000円相当の各種クロス・パッドをもれなく進呈するもので、花粉飛散の季節に床拭き掃除を推進し、気持ちよく過ごしていただこうという主旨のもと企画されました。

また、アイロボットジャパンでは本キャンペーンに先駆け、全国の20代~50代の既婚女性600名を対象に、「花粉飛散が多い時期の掃除に関する調査」を実施いたしました。調査概要は以下のとおりです。

【主な調査結果トピックス】
◆花粉症はもはや国民病!? 7割以上の家庭で花粉症患者がいることが判明!
一方で花粉シーズンでも掃除の仕方は変えないと76.9%が回答

・自分または家族の誰かが花粉症である割合72.2%
・花粉症対策1位:マスクや眼鏡の着用、2位:薬の服用、3位:外に洗濯ものを干さない
・花粉予防に拭き掃除を取り入れている家庭はわずか8%!花粉時期による違いなしとの回答多数
・隠れ花粉に注意!3人に1人の花粉症患者が屋内の方が屋外よりも悪化すると感じている

◆花粉の除去対策は74.7%の家庭がしていないと回答
楽に花粉が除去できる掃除方法があれば取り組みたいとの回答は85%

・家に持ち込んでしまった花粉の除去対策を74.7%がしていないと回答
・66%が花粉に関して拭き掃除が効果的であることを知らなかったと回答
・楽に花粉が除去できる掃除方法があれば取り組みたいとの回答は85%

【調査概要】
調査エリア:全国
調査対象者:20~50歳の既婚女性
サンプル数:600
調査期間:2018年2月16日~18日
調査方法:インターネットリサーチ
*本資料に含まれる調査結果をご掲載頂く際は、必ず『アイロボットジャパン調べ』と明記下さい。

<調査結果概要>
  はじめに、ご自身または同居するご家族の花粉症患者の割合を聞いたところ、自分も家族も花粉症(32.7%)、自分だけが花粉症(15.3%)、家族が花粉症(24.2%)と7割を超える家庭で花粉症患者がいることが分かりました。続いて、花粉症の予防対策を聞いたところ、1位:マスクや眼鏡の着用(64.7%)、2位:薬の服用(39.2%)、3位:外に洗濯ものを干さない(26.8%)との順に多いことが判明しました。
  また、花粉症の予防対策に床拭き掃除を取り入れている家庭はわずか8.0%しかおらず、花粉が多いシーズンとその他のシーズンでの床掃除の頻度については、76.9%がシーズンによる違いはないと回答しました。さらに、花粉症患者の約3人に1人は屋外よりも屋内で花粉が悪化すると感じており、外出時のマスクなど外からの予防だけでなく、既に家に入り込んでしまった花粉の除去対策も必要と考えられます。

  次に、外出先や換気口などから家に持ち込んでしまった花粉の除去対策について聞いたところ、「入念に行っている」(3.5%)、「適度に行っている」(21.8%)と室内花粉の除去対策を行っている家庭に比べ、「あまり行っていない」(42.3%)、「全く行っていない」(32.4%)と約3/4の家庭で、室内に持ち込まれてしまった花粉の除去を行っていないことが判明しました。

  また、一般的に花粉の粒子は比較的大きく、空気中から床に落ちやすいため拭き掃除が効果的と言われていますが、このことについて知っていると回答したのは全体のわずか1/3程度で、66%以上はこのこと自体を知らないと回答し、知っていても拭き掃除を取り入れている家庭は、7.2%にとどまりました。
  さらに、楽に花粉が除去できる掃除方法があれば取り組みたいと思うかという問いについては、「絶対に取り組みたい」(13.9%)、「楽であれば取り組みたい」(71.1%)と花粉症患者が自分または家族にいる家庭の85%が楽であれば花粉の除去対策に掃除を取り入れたいと回答しました。

【参考】花粉症時期の水拭き掃除の重要性
◆家事・掃除 アドバイザー 藤原千秋さん
住まいの中に持ち込まれた花粉の多くは「ホコリ」と一体化してしまうため、日常生活において花粉が室内に持ち込まれていることを意識しにくいという側面はあると思います。例えば花粉がもっとわかりやすい蛍光色であればば「もっと掃除しなければいけない、掃除で効果的に除去できるから」という認識になりますが、目に見えにくいという点が花粉症と「拭き掃除」を遠ざけている一因なのではないでしょうか。

症状は明らかなのにその原因が見えにくい花粉、ただ「ホコリ」としては誰でも感知(見て、認識)可能ですので、住まいの中の「ホコリ(汚れ)」をいかに効率的に除去していくか、減らしていけるか、というのが具体的に取り組みやすい「花粉対策」のひとつであると考えます。ただ、住まいの内部に漂う空気に含まれる花粉(ホコリ)は空気の動きによっても移動しやすく、掃除の方法やタイミングによっては再度空気中に舞ってしまいます。そのため枕元や部屋干し中の衣類など、付着して欲しくない場所に落ちてしまって花粉症症状を亢進させるという悪影響も懸念されます。棚や床に堆積している花粉については、なるべく舞わせないように取り除く必要があり、「拭き掃除」というアプローチはそういった意味で確実性が高く、おすすめの掃除方法と言えます。

家事・掃除 アドバイザー 藤原千秋


主に住宅、家事、育児など住まい周りの記事を専門に執筆するライターとして18年目。リアルな暮らしに根ざした、地に足のついたスタンスで活動。現在は家事サービス、商品開発アドバイザリー等にも携わる。大手住宅メーカー営業職出身、中3、小5、小1の三女の母。『この一冊ですべてがわかる! 家事のきほん新事典』(朝日新聞出版)、『ズボラ主婦・フニワラさんの家事力アップでゆるゆるハッピー‼』(オレンジページ)など著監修書、マスコミ出演多数。

 




Q1:ご自身または同居するご家族に花粉症の方はいらっしゃいますか?


Q2:花粉症対策(予防)として何か取り組んでいることはありますか。(いくつでも)


Q3:花粉が多いシーズンとその他のシーズンで拭き掃除の頻度に違いはありますか。


Q4:実は屋外にいる時よりも室内にいる時の方が、花粉症が悪化すると感じますか?


Q5:家に持ち込んでしまった花粉の除去対策を行っていますか?


Q6:一般的に花粉は粒子が比較的大きく、空気中から早く床に落ちやすいため、拭き掃除が効果的と言われていますがこのことをご存知でしたか?


Q7:楽に花粉が除去できる掃除方法があれば取り組みたいと思いますか?


「アイロボット ブラーバ花粉対策キャンペーン」概要
「ブラーバ」シリーズは、床のこびりついた汚れやベタつきはもちろん、外から持ち込まれた花粉をスッキリ拭き取り、面倒な拭き掃除をあなたに替わって行う床拭きロボットです。憂鬱な花粉の季節も気持ちよく過ごすことができます。

●購入期間 : 2018年3月2日(金)~2018年4月1日(日)
●対象商品・プレゼント:最大4,000円(税抜)相当
ブラーバ ジェット240 専用クリーニングパッド(洗濯可能)3枚セット
ブラーバ380j ブラーバ交換用クロスセット(ドライクロス2枚・ウェットクロス1枚)

●応募方法 : 期間内に対象商品を購入の上、4月15日(金)までにアイロボットホームページ、もしくは電話でユーザー登録 
※日本国内在住の方のみ対象
●発送日   : 2018年5月以降順次発送予定
●対象店舗 : ブラーバ取扱い百貨店・家電量販店・公式オンラインストア
●キャンペーンURL : http://www.irobot-jp.com/campaign/spring2018/


●アイロボットについて
アイロボットは世界トップのコンシューマー向けロボットカンパニーであり、家庭内外でより多くの仕事ができるように人を支援するロボットの設計と製造を行っています。2002年にロボット掃除機ルンバ(Roomba® Vacuuming Robot)を発売し、ロボット掃除機市場を創出して以来、全世界で2,000万台以上のロボットの販売実績を誇ります。現在も、ロボット掃除機ルンバと床拭きロボットブラーバのシリーズをはじめ、清掃・床拭き・ナビゲーションにおける特許技術と先進的なコンセプトを有し、スマートホーム実現のため、ロボットとデータのエコシステムの構築に取り組んでいます。アイロボットに関するさらなる情報は、http://www.irobot.com/でご覧ください。
*iRobot、iRobotロゴ、アイロボット、Roomba、ルンバ、Braava、ブラーバ、Braava jet、ブラーバ ジェットは、アイロボット社の商標または登録商標です。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アイロボットジャパン合同会社 >
  3. もはや国民病!? 7割以上の家庭で「花粉症患者が家にいる」ことが判明!一方で、花粉対策の掃除をしていない家庭は76.9%  ~拭き掃除で床の花粉を撃退 ― ブラーバがキャンペーンを実施~