DJ SARASA、Brooklyn Terryによる移動式パーティー『SpeakeasyTYO』4/5(日)の開催場所はクラウド上!? 初となる参加型オンラインDJパーティーが開催される

ミーティングをオンラインで開催するために開発されたアプリ【ZOOM】を使い、家にいながらパーティーに参加する事ができる。

【4/5 (Sun) SPEAKEASYTYO Worldwide Streaming】
日程: 4/5(日)
時間: 16:00-20:00 (東京)
参加方法:https://tinyurl.com/speakeasytyo
世界を股にかけ活躍する今注目の日本人DJ/プロデューサー DJ SARASAと、伝説の世界的ダンスチームElite ForceのメンバーでハウスダンスのパイオニアBrooklyn Terryが毎月第一日曜日に開催している日本一ハッピーなパーティ『SpeakeasyTYO』。「異空間な開催場所とトップDJのラインナップが入場無料で楽しめる」として話題を呼んでいる。収入、趣味、国籍、年齢、性別、音楽ジャンルといった社会の線引きにより. 今まで遊び場が交わる事の無かった人々に呼びかけるイベントで、大人から子供まで楽しめるインターナショナルパーティーだ。

 



世界中がコロナウイルスの影響で外出自粛を余儀なくされる中、少しでもエンターテイメントを届けるため、自宅から参加できる参加型ストリーミングパーティ『SPEAKEASYTYO Worldwide Streaming』を4/5(日)16:00より開催!

 



【ダンスパーティーに参加】
4/5(日) 16:00-20:00 (東京) にサイトにアクセス。
参加方法:https://tinyurl.com/speakeasytyo 
*PC及びスマートフォンでアプリのダウンロードとID登録が必要になります。(https://zoom.us/download#client_4meeting

※イベントにはマイクをオフにしてご参加下さい
※当日は政府の外出自粛に基づき、大人数で集まっての参加はご遠慮ください

 
【ダンスパーティーを見学するだけ】
 恥ずかしい!という方はFacebookでもLive配信するのでその模様を視聴いただけます。
Facebook(https://www.facebook.com/SpeakeasyTYO/)にアクセス

【 参加DJ】

 SARASA

Technicsの名機、SL-1200シリーズだけを用いた総勢30人の世界初のターンテーブルオーケストラ、”The Philharmonic Turntable Orchestra”の一員としてTechnicsのオフィシャルコマーシャルに出演。カンヌ広告祭出店作である本広告は日本中の駅でポスターが張り出され、世界最大広告賞の一つであるClio Awardで銀賞を獲得した。
その後、ルーブル美術館アブダビでもプレイ。

グラミー賞受賞アーティストQuestlove(The Roots)もツイッターで「DJ SARASA is an ill DJ(DJ SARASAはヤバいDJだ)」と大絶賛するなど、独自の世界観とDJスキルを持ち、日本はもとより世界を股にかけるインターナショナルDJとして活動している。
これまで『Ultra Japan』などのメインステージに立ち、George Clintonなどの数々のレジェンドの前座を務め、The BeatnutsやTalib KweliのバックDJとして活躍し、ソロ活動で世界中をツアーしてきた。2015年にはニューヨークディスコサウンドのトップレーベルSalsoul Recordsの音源を使用したオフィシャルミックスもリリース。更にNHKの番組「Eダンス★アカデミー」へのゲスト出演などをし、幼い子供達の可能性を広げる活動にも力を注いでいる。

ファッションアイコンとしても定評があり、日本を代表する鞄メーカーMaster-Piece x DJ SARASAシリーズ「Bag of Noise」は販売と同時に品薄に。さまざまな雑誌でその着こなしがピックアップされ、Louis Vuitton、Rugby by Ralph Lauren、FURLAなどをクライアントに持つ。自身のブランドMynority ClassicsからリリースしたアイテムはSnoop Doggのインスタグラムに載るなど、その評判はワールドワイドに広がっている。

自身が手がけるパーティー『Speakeasy TYO』は毎月第一日曜日に開催。毎回違う場所で開催される移動式パーティーは、「異空間な開催場所とトップDJのラインナップが入場無料で楽しめる」として話題を呼んでいる。収入、趣味、国籍、年齢、性別、音楽ジャンルといった社会の線引きにより. 今まで遊び場が交わる事の無かった人々に呼びかけるイベントで、大人から子供まで楽しめるインターナショナルパーティーだ。

更に世界ツアー中に本場メキシコで食べたタコスを日本に紹介すべく、2017年5月には渋谷にてメキシカンバル『渋谷メキシカン Casa De Sarasa』をオープン。栄養素に富んだグルテンフリーのコーントルティーヤを使ったタコスが数々のメディアに取り上げられている。毎日元気に営業中!


Brooklyn Terry

ダンサー/DJ NY出身、東京在住
マライア・キャリー、ウィル・スミス、ホイットニー・ヒューストン等、世界的トップスターのバックダンサーを務めた。
NYCのトップ・ダンサー集団Elite ForceことMop Topのメンバーとして知られ、一方でDJとして も数々のパーティを主
宰。ミュージシャンとダンサー、日本とNYなど、様々な人々をつなぐ「リアル」な空間作りや、商業的成功に流されない
カルチャーを育てる活動を繰り広げている。

Shiro Schwarz (Mexico)


Shiro Schwarz is an audiovisual production and performance duo. On 2011, after working together in a variety of audiovisual performance projects together, Pammela Rojas & Rafael Marfil decided to explore the aesthetics of 80s disco, funk and boogie and produced an EP titled "Eye Of The Storm". They performed a live set with visuals inspired by the 64bit video game console era, that set the basis of their style of their future works.

 

Foniks


Foniks

【We are Sponsored by BREWDOG】

 



スコットランド北東部に位置するフレイザーバラに2007年4月にオープンにしたクラフトブルワリー。 2011年からアバディーンにほど近いエロンという町に新しいブルワリーをオープンし、これまで以上に多彩なタイプのビールの製造が可能になりました。 原料の麦芽にはスコットランド産のモルトを使用し、品質にのみ重点を置いて造られるビールは決して商業的ではなくわがままとこだわりがたっぷり詰まっています。

アジア初のオフィシャルバー『ブリュードッグ六本木』は定温コンテナ輸送で徹底した温度管理のもと、輸入されたブリュードッグのクラフトビールをご提供しています。本場スコットランドそのままの味わいを最高の状態でお楽しみください。

 

 


 SpeakeasyTYOとは

2014年よりDJ SARASAとBrooklyn Terryが主催するパーティ。

毎月第一日曜日に開催。通常16:00~22:00、料金は原則無料。場所は毎度異なります。

名前は、1920年代の禁酒法時代にあって、人種の垣根も超えた交流の場として流行した酒場「Speakeasy」にちなんで命名。その名の示す通り、現代の東京において国籍も、職業も、年代も、ジャンルも超えて交流できるバリアフリーな場の提供することがコンセプト。毎回、数百人規模で様々な人が集まるハッピーで平和なパーティが繰り広げられている。ファウンダーの呼びかけに賛同したゲスト陣も豪華で、過去にはDJ MASEO(De La Soul)、DJ Marley Marl、DJ SPINNA、DJ SCRATCH(EPMD)、BEATNUTS、SKEME RICHARDS(Rock Steady Crew)、DJ MURO、沖野修也、DJ Kawasaki、DJ Kocoなどが出演。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Casa De Sarasa >
  3. DJ SARASA、Brooklyn Terryによる移動式パーティー『SpeakeasyTYO』4/5(日)の開催場所はクラウド上!? 初となる参加型オンラインDJパーティーが開催される