国際資格「公認内部監査人(CIA)」問題演習スマホアプリ8月27日リリース

~国際資格の専門校アビタス~

国際資格の専門校アビタス(本社東京都渋谷区、代表取締役三輪豊明)は8月27日、「公認内部監査人(CIA)」資格の試験範囲を網羅した問題演習iOSアプリをリリースしました。本試験と同じ4択問題を手軽にスマホで解けるようになり、通勤中や昼休みなどスキマ時間を活用した学習をさらにサポートします。アビタス国際資格講座の問題演習アプリは、2018年4月に提供を開始した米国公認会計士(USCPA)に続いて2つ目です。仮想通貨事業者の巨額流出をはじめとした企業不祥事が続き、内部監査体制の重要性が再認識される今、CIA資格へのニーズも高まっています。アビタスのCIA試験合格者は2,362名(2018年7月時点)です。

便利なシャッフルモード
4択問題(MC)演習アプリは、iPhoneをはじめとしたiOS端末で利用できます。選択肢の表示順にシャッフルモードがあり、正答の位置を覚えてしまうことを防ぎます。オフライン環境下で利用できるので、飛行機内などでも手軽に演習可能です。
特長①ポータブル・・
モバイル端末にアプリをダウンロードすればどこでも演習できる。
特長②オフライン・・
オフライン環境下で利用可能。
地下鉄や飛行機内でもOK
特長③シャッフル・・
選択肢の表示順を変えて演習の質を上げる

*MCとは、選択式問題Multiple Choiceのことです。

■収録問題は1,390
 CIA試験は3科目あり、それぞれ、Part1の「内部監査の基礎」、Part2の「内部監査の実務」、Part3の「内部監査に関する知識」です。本試験は全て日本語の4択問題で、Part1が125問、Part2とPart3は各100問で構成されています。
アビタスでは、インターネット上のMC演習ツール「WEBプラクティス」で計1,390問を用意しており、今回そのすべてをアプリ内で提供します。アビタスCIA受講生なら追加料金なしで利用できます。受講生でなくても各Part5問ずつ無料で体験できます。



▽収録問題数
Part1=355問、Part2=394問、Part3=641問

▽アプリ動作環境
iOS10 以上を搭載した iPhone および iPad
初回ログイン時にインターネット環境が必要となります。
iPhone,iPad,iOSはApple Inc.の商標です。




【株式会社アビタス】
本社所在地:東京都渋谷区代々木2-1-1新宿マインズタワー15階


代表者:代表取締役 三輪 豊明(みわ・とよあき)
事業内容:教育事業(米国公認会計士、公認内部監査人などの社会人向け国際資格プログラムを展開)
     人材事業(人材紹介;厚生労働大臣許可 13-ユ-302408
人材派遣;厚生労働大臣許可(派)13-302848)
設立:1995年7月
資本金:7,000万円
主な実績:米国公認会計士(USCPA)合格者約3,400人輩出、公認内部監査人(CIA)合格者約2,300人輩出など
事業所:本社(新宿本校)、八重洲校、大阪校
https://www.abitus.co.jp/
TEL:03-3299-3900 / FAX:03-3299-3777

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アビタス >
  3. 国際資格「公認内部監査人(CIA)」問題演習スマホアプリ8月27日リリース