西日本新聞がブロックチェーン技術を活用したメディア「Steemit」にアカウント開設

株式会社西日本新聞社(本社:福岡市、代表取締役社長:柴田建哉)は、ブロックチェーン技術を活用した米国発祥のソーシャルメディアサービス「Steemit」(スティーミット)にアカウントを登録し、記事の配信を2月27日に始めました。トークン(代用貨幣)を活用した「分散型ジャーナリズム」の研究を目的とした実証実験と位置付けています。

【実証実験概要】
西日本新聞はSteemit上に、今年初めから企画している「あなたの特命取材班」の記事などを掲載します。
通称「あな特」は、個人や社会の課題について読者の依頼に応える形で取材を始め、調査報道を通して事態の改善を目指す取り組みです。
■「あなたの特命取材班」ウェブサイト https://www.nishinippon.co.jp/tokumei/

Steemitではアカウント(@westjapandaily)を作成し、日本語のほか、英語、韓国語でも発信していく予定です。また他の利用者とコメントや評価を通じて交流を広げたいと考えています。
Steemitの担当者によると、日本の新聞社がアカウントを開設するのは初めてということです(1月末時点)。

今回の配信はトークンによる記事への報酬分配などの仕組みを経験することを通じて、記事の質と読者の評価に基づくニュース経済圏の将来的な可能性について研究することが目的です。

Steemitの画面一例Steemitの画面一例

【Steemit概要】

Steemitは、米国発のブログサービスです。利用者は、Steemit内で文章を投稿したり、評価やコメントを行なったりすることで「トークン」を報酬として得る仕組みとなっています。
3種類のトークンが利用されており、一部は海外の仮想通貨取引所でビットコインなどと交換可能です。

◎運営開始 2016年3月
◎アカウント数 約70万人(2018年2月上旬)
◎運営会社 Steemit,Inc (米国 テキサス州オースティン、CEO Ned Scott)
■参考 Steemitウェブサイト https://steemit.com
※なお当社が分配を受けたトークンは、日本国内の法令に従って適切に会計処理を致します。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社西日本新聞社 >
  3. 西日本新聞がブロックチェーン技術を活用したメディア「Steemit」にアカウント開設