韓国初の本格的統合型リゾート(IR)施設 パラダイスシティ(PARADISE CITY)に新施設、続々オープン

~ 1段階2事業開発施設 9月21日(金)より開業 ~

● 9月21日(金)、パラダイスシティの1段階2事業(以下、1-2期)開発施設がオープン。
● 第1期開発が完了し、本格的な“アートテインメントリゾート”として営業を開始します。
● ショッピングモール、デザイナーズホテル、スパ、クラブなど多彩な施設を取り揃え、
ビジネスや観光、ショッピングなど多様なニーズにお応えします。

 

セガサミーホールディングス株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長グループCOO:里見治紀 以下、セガサミー)と、韓国 パラダイスグループ(代表取締役会長CEO:田必立、以下、パラダイス)が設立した合弁会社、PARADISE SEGASAMMY Co., Ltd.(代表理事:朴炳龍(以下、パラダイスセガサミー))は、運営する韓国初の統合型リゾート(IR)「パラダイスシティ」の1-2期事業として開発を進めてきた各施設を9月21日(金)よりオープンします。

パラダイスシティは、アジアで成長著しい統合型リゾート(IR)の、韓国における初の本格的施設として2017年4月に開業しました。芸術とエンタテインメントの融合である“アートテインメント”を、施設全体のコンセプトとして、ホテル、コンベンションホール、カジノをオープンし、施設内のあらゆる箇所にアート作品を配置した上質な空間と日本流のおもてなしを取り入れたサービスで、開業以来、韓国内外の多くのお客様から高い評価を頂いています。

今回開業する1-2期開発施設は床面積11万㎡(約33,000坪)に、デザイナーズホテル「アートパラディソ」、プレミアムスパ(温浴施設)「シメル」、北東アジア最大規模のクラブ「クロマ」、芸術の展示空間「パラダイスアートスペース」、イベント型ショッピングモール「プラザ」、最先端撮影スタジオ「スタジオパラダイス」、屋内型ファミリー向けエンタテインメント施設「ワンダーボックス(※1)」等で構成されています。1-1期開発施設は数々のアート作品に囲まれた施設でしたが、1-2期開発施設は特にエンタテインメントに力を入れています。1-2期開発施設のオープンにより第1期の開発が完了し、パラダイスシティは“癒し”と“遊び”を一か所で楽しめる真のアートテインメントリゾートとして完成します。

パラダイスシティでは、1-2期開発施設の開業を記念し、9月21日以降、新施設各所において、アートテインメントコンテンツをご体験頂けるパーティーを開催するなど、開業関連イベントも多数実施いたします。

パラダイスシティは、東アジアの主要都市から4時間以内でアクセスでき、アジア最大規模のハブ空港である仁川国際空港第1ターミナルから車で3分という好立地に位置し、ビジネス、プライベートなどあらゆるシーンに対応できる施設機能を有しています。この度の1-2期開発施設のオープンにより、より付加価値の高いリゾートとして多くのお客様の来場が見込まれます。パラダイスシティは、これからもアートとエンタテインメントを融合した上質な空間と最高のホスピタリティで、訪れる全てのお客様に最高の感動体験をお届けし、北東アジアの中心的なリゾート施設になることを目指します。

※1 屋内型ファミリー向けエンタテインメント施設「WONDERBOX(ワンダーボックス)」は、2019年上半期オープン予定。

【9月21日にオープンする主な新施設】
CHROMA(クロマ)

最大約3,000名収容可能な北東アジア最大規模のクラブ。設計にはクラブシーンで世界的に有名なスペイン イビザ島の施設を設計したハイスクリームが参画。1階/ミュージックラウンジ、2階/ステージ、3階/VIPルーム、スカイボックス、4階/ビーチクラブで構成され、各階違った雰囲気、シチュエーションで様々なジャンルの音楽を楽しむことができます。



CIMER(シメル)

韓国式チムジルバンとヨーロッパ式スパを融合させた高級温浴施設。大人のための施設として様々なプールパーティーが行われる予定。最大収容可能人数は約2,000名で、1階にはスパ施設、2階にはチムジルバン、3階には屋外プールがあり、スポーツバーなども併設されお食事も楽しめます。




PLAZA(プラザ)

イベント型ショッピングモール。パラダイスシティの象徴となる特徴的な屋根を有する施設。建物内にはアートパラディソ、アートスペースの他、ショッピング/飲食モールで構成されており、季節の影響なくゆったりショッピングや食事を楽しむことができます。飲食ゾーンには、有名韓国料理店も入り、現地の食を存分に堪能することができます。



ART PARADISO(アートパラディソ)

オランダのアムステルダムをモチーフにした芸術的で自由な雰囲気を体験できるデザイナーズホテル。
3階から7階まで全58室、4タイプの客室で構成され、付帯施設としてレストラン、バー、プライベートスパ、フィットネス施設などが完備されています。




PARADISE ART SPACE (パラダイスアートスペース)

芸術の展示空間。美術作品だけではなく、建築、デザイン、ファッションなど多様な作品を展示。常設展と企画展の2階層で運営。常設展には現代美術の巨匠 ジェフ・クーンズの「ヘラクレス」をはじめ、ダミアンハースト作品「ゴールデンドット」等の作品を設置予定。

 

 



STUDIO PARADISE(スタジオパラダイス)

映画やドラマなどプロフェッショナル用の、最先端撮影スタジオ。既に営業しており映画の撮影スタジオとして活用されています。撮影が無い日には映画上映やライブイベントなどのイベントスペースとして利用します。





WONDERBOX(ワンダーボックス)

屋内型ファミリー向けエンタテインメント施設
※2019年上半期オープン予定

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. セガサミーホールディングス株式会社 >
  3. 韓国初の本格的統合型リゾート(IR)施設 パラダイスシティ(PARADISE CITY)に新施設、続々オープン