映画『インターステラー』の時空を超えたタイムピースファン待望の「マーフ ウォッチ」がついに登場

ハミルトンは、映画『インターステラー』のために特別に制作された「マーフ ウォッチ」をついに発売します。
ファンの熱い声に応え、劇中で使用されたモデルを忠実に再現。劇中登場モデルにはなかった、ファンだけに分かる特別なサプライズも隠されています。さらに、五次元の“テッセラクト”(高次元空間)を再現したスペシャルボックスを初回限定2,555個で発売します。

時空を超えた父と娘の絆 “マーフウォッチ”
2014年公開の大ヒット映画『インターステラー』。地球の未来を描いたこの作品は、その映像美、緻密な脚本、そして父と娘の感動的なストーリーで観客を魅了しました。劇中で登場する父と娘をつなぐ大切な時計、通称「マーフ ウォッチ」。ストーリーの鍵を握るこの重要なアイテムは、ファンの間では「マーフ ウォッチ」として親しまれ、製品化を望む声が後を絶ちませんでした。2019年、ハミルトンはその声に応え、劇中に登場したモデルを忠実に再現しました。

標準持続時間80時間を実現した自動巻きムーブメント H-10を搭載し、ケース径42mmのステンレススチールケースを採用。ベージュのスーパールミノバ®を施した針がブラックダイヤルに映えます。
このモデルには、劇中モデルにはなかった『インターステラー』ファンを魅了する特別なサプライズが隠されています。モールス信号で表した「Eureka」の文字が秒針にラッカー仕上げでプリントされています。裸眼でかろうじて見ることのできるこの装飾は、その存在を知っているファンだけが密かに楽しむことができます。
 

また、『インターステラー』でプロダクションデザイナーを務めたネイサン・クロウリーとスペシャルボックスを制作。劇中に登場する“テッセラクト”(高次元空間)を再現したこのボックスは、カラフルなストライプが、クーパーが時空を超えてマーフと対話できることが分かった時にいた場所である“スーパーキューブ”の内部を想起させます。

スペシャルボックスは初回2,555個の限定です。この2,555という数字は、劇中で主人公一行が辿りつく“ミラーの星”で1時間が地球の7年=2,555日に相当することに由来しています。

映画公開から5年の時計を経てついに実現した「マーフ ウォッチ」。ハリウッドとハミルトンの強い結びつきを象徴するタイムピースです。


映画『インターステラー』について
人類が滅亡の危機にさらされている中、NASAのチームが恒星間を探索しながら人類が居住可能な新たな惑星を探すという壮大なストーリー。人類の存続をかけたミッションに選ばれたのは、かつてNASAのパイロットで、幼い娘を持つクーパーでした。ミッションに参加することを選んだクーパーは、娘のマーフとの別れを惜しみながらも、旅立ちの際に自分の腕時計を手渡します。

クーパーがミッションを遂行する間にも時は流れ、地球上ではマーフが人類が生き延びる方法を模索していました。クーパーは、五次元の“テッセラクト”(高次元空間)から、マーフの時計の秒針を使って、モールス信号で時空を超えてメッセージを送ります。それは、人類が滅びゆく地球から脱出するために必要な量子データでした。マーフは父から送られたこのデータを用いて方程式を解いた瞬間、「Eureka!(ユーリカ!)」(わかった!)と声をあげます。それは人類が生き延びる道を発見した瞬間でした。


Khaki Filed Murph Auto / カーキ フィールド マーフ  オート

Reference:H70605731
予価:110,000円+税
ケース:ステンレススチールケース 
ケース径:42mm
ダイヤル:ブラック
針:ベージュのスーパールミノバ®加工が施されたニッケル時針・分針/モールス信号表記で「EUREKA」の文字がプリントされたニッケル秒針
ムーブメント:自動巻きH-10
標準持続時間:80時間
ストラップ:ブラックレザーストラップ/ピンバックル
風防:サファイアクリスタル
防水性:10気圧防水
特別仕様:スペシャルボックス(初回2,555個限定)
発売予定:2019年5月

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. スウォッチ グループ ジャパン株式会社 >
  3. 映画『インターステラー』の時空を超えたタイムピースファン待望の「マーフ ウォッチ」がついに登場