合計10万枚の洗えるマスクを無償配布へ!無償提供対象の保育施設を2,000から8,000施設へ大幅拡大

~保育施設からの応募数急増や新型コロナウイルス感染拡大を受け、全ての特定警戒都道府県(13都道府県)に対象地域を拡大~

 テクノロジーで保育と社会を変えるユニファ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:土岐泰之、以下ユニファ)は、4月10日(金)に発表した「緊急支援:国内2,000施設の保育者へ“洗えるマスク“を届けるプロジェクト」について、保育施設からの応募数が想定を大幅に上回ったことや新型コロナウイルスの拡大が続いていることを受けて、「8,000施設へ緊急拡大!保育者へ洗えるマスクを届けるプロジェクト」と変更し、対象地域を10※1都道府県から、全ての特定警戒地域である13※2都道府県へ拡大、提供枚数を4万枚から10万枚へ、目標施設数を2,000施設から8,000施設へと増加することを決定しました。
※1:東京、大阪、神奈川、千葉、愛知、兵庫、北海道、埼玉、福岡、京都。
※2:東京、大阪、神奈川、千葉、愛知、兵庫、北海道、埼玉、福岡、京都、石川、茨城、岐阜(2020年4月29日の特定警戒都道府県)

                     マスク(イメージ)

 4月7日の日本政府による緊急事態宣言後も全国の保育施設は稼働していることや、保育施設におけるマスク不足が叫ばれる状況の中、三密になりやすい保育施設における保育者の負担を軽減するべく、ユニファは4月10日より、クラウドファンディングを活用して保育施設にマスクを無償配布する取り組みとして「緊急支援:国内2,000施設の保育者へ“洗えるマスク“を届けるプロジェクト」(以下マスクプロジェクト)を進めてきました。なお、ユニファの調査によると、マスクプロジェクトの対象とした10都道府県では約87%の保育施設が緊急事態宣言後も稼働を継続している状況です。
 そのなかで、保育園をはじめとする保育施設からの応募が、早期に無償配布数であった2,000施設を大きく上回るなどの無償マスクの需要の高さが改めて明確になったことに加え、4月17日に緊急事態宣言が全国に拡大したことや、13の都道府県が特定警戒都道府県に設定されたことを受けて、この度、マスクの無償配布の対象地域をこれまでの10都道府県から、全ての特定警戒都道府県である13都道府県に拡大、マスクの無償提供枚数を4万枚から10万枚へ、対象施設数を2,000施設からこれまでの4倍の8,000施設に増加することを急遽決定しました。これにより、マスクプロジェクト名も「8,000施設へ緊急拡大!保育者へ洗えるマスクを届けるプロジェクト」に変更します。また、クラウドファンディングが目標金額に届かなかった場合は、ユニファが必要な費用を負担することで全8,000施設への無償配布を実現します。
 ユニファは引き続き、日本の未来のためにも子どもたちの安全と安心を守るべく最前線で働く保育者をはじめとする保育現場スタッフと保育施設を応援します。詳細は以下の通りです。

          <保育施設へのマスクの無償提供の緊急拡大について>
■内容: 保育施設へのマスクの無償配布を、対象地域を10都道府県から13都道府県(特定警戒都道府県)に、マスクの提供枚数を4万枚から10万枚、対象保育施設数を2,000施設から8,000施設に急遽拡大します。
■プロジェクト名:「8,000施設へ緊急拡大!保育者へ洗えるマスクを届けるプロジェクト」
(旧名…緊急支援:国内2,000施設の保育者へ“洗えるマスク“を届けるプロジェクト)
URL:https://readyfor.jp/projects/mask-todokeru
募集期間:(前回リリースの2020年4月10日)~6月30日 23時
一次目標金額:2,500万円(一次目標金額を達成した場合、目標額を増加予定)
■マスク応募先:ユニファが運営する「オンライン園長会」に設置した応募フォームへの入力により、無償提供希望への応募となります。
応募ページ:https://www.enchoukai.com
※早期の配送を優先するためマスクのカラーは選択できません。
※マスクは感染を完全に防ぐものではありません。
※前回リリース(2020年4月10日~)後にすでに応募いただいた施設は無償提供の対象になっています。
マスクのご応募は前回合わせて1回限りとなります。なお、先着の2,000施設までは前回予定の20枚/施設の配布となりますが、今後はより多くの施設にマスクをお届けするため10枚/施設とさせていただきます。

■プロジェクトの仕組みについて
「8,000施設へ緊急拡大!保育者へ洗えるマスクを届けるプロジェクト」は、計4団体の連携で実施しています。
・ユニファ株式会社…本プロジェクトの企画、無償マスクの希望施設の募集、資金調達
・パレ・フタバ株式会社(タクミバ)、シタテル株式会社…マスクの製造、配送
・認定NPO法人ノーベル…本プロジェクトの企画、関係者への紹介を含む各種支援
(READYFOR…マスク無償提供に向けたクラウドファンディングの実施)

                  図:プロジェクト関係者の役割

■10都道府県(東京、大阪、神奈川、千葉、愛知、兵庫、北海道、埼玉、福岡、京都)の保育施設の稼働状況について(2020年4月13~17日のデータより算出、ユニファ調べ)


<ユニファ株式会社について> https://unifa-e.com/
 ユニファ株式会社は「家族の幸せを生み出す あたらしい社会インフラを 世界中で創り出す」をパーパス(存在意義)に、IoTやAIを活用した保育支援デバイスの開発およびサービスを提供しています。具体的には、乳幼児の午睡(お昼寝)を見守る医療機器サービス「ルクミー午睡チェック」、子どもの写真・動画をオンライン購入できるサービス「ルクミーフォト」などと、各種サービスを統合することで子どもの安全や保護者の安心と保育業務の負担軽減を実現する次世代型「スマート保育園®」の展開により、保育現場における課題解決を通じた保育園の社会インフラ化、そして女性活躍の推進や労働人口の増加を支援します。
                                          以上

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ユニファ >
  3. 合計10万枚の洗えるマスクを無償配布へ!無償提供対象の保育施設を2,000から8,000施設へ大幅拡大