「Forbes JAPAN WOMEN AWARD 2018」P&Gが多様性推進部門 グランプリ受賞!

300超の企業・団体へ自社ノウハウを提供してきた「P&Gダイバーシティ&インクルージョン啓発プロジェクト」による活動が高く評価

 P&G(プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社、本社:神戸市)は、このたび「Forbes JAPAN」が主催する「Forbes JAPAN WOMEN AWARD 2018」において、企業部門「多様性推進賞」グランプリを受賞しましたことを、お知らせいたします。
 

 



 「Forbes JAPAN WOMEN AWARD 2018」は、世界的なビジネスリーダーのためのメディア「Forbes JAPAN」が主催する、1000名の働く個人と1000社の企業が選ぶ日本最大規模の女性アワードです。意欲のある女性が働きやすい環境づくりを積極的に進めている企業と、自ら道を切り拓き活躍している女性を表彰するアワードとして、2016年より開催されています。3回目の開催となる今年、P&Gは企業部門「多様性推進賞 グランプリ」(多様なバックグラウンドや価値観を持つ社員が能力を十分に活かせる職場環境づくりを推進し、社内変革や社会への働きかけをしている企業を表彰)を受賞いたしました。初回の「活躍推進部門 グランプリ」「革命をもたらすリーダー賞」(2016年)、第2回の「人材開発賞 準グランプリ」(2017年)に続いて3年連続での受賞となります。

 


 経営陣の強いコミットメントのもと、経営戦略の一環として「ダイバーシティ&インクルージョン(多様性の受容と活用)」を掲げるP&Gでは、「文化」「制度」「スキル」を3つの柱とし、女性活躍推進、ダイバーシティ&インクルージョン推進、更に多様な社員一人ひとりが最大限に能力を発揮できる組織づくりに取り組んでまいりました。2016年3月からは、日本で25年以上に渡って培ってきたダイバーシティ&インクルージョン推進のノウハウを広く社会に提供すべく、「P&Gダイバーシティ&インクルージョン啓発プロジェクト」を発足し、他企業・行政・大学など300を超える組織に、ノウハウや研修を提供している取り組みが高く評価されました。
 

 

 今後も、多様な社員一人ひとりが能力を最大限に発揮できる組織づくりとともに、啓発プロジェクトの活動を通じて、日本社会における「ダイバーシティ&インクルージョン」の更なる推進に取り組んでまいります。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. P&Gジャパン合同会社 >
  3. 「Forbes JAPAN WOMEN AWARD 2018」P&Gが多様性推進部門 グランプリ受賞!