部分比較機能を搭載した画像・図⾯⽐較システム「MIIDEL4」の提供

レイアウト変更の図面比較にも対応した新バージョン、「MIIDEL4」の展開

株式会社TRIART(所在地:福岡県飯塚市、代表取締役:今津研太郎)は、画像・図面比較システムMIIDEL(読み:ミーデル)に部分比較機能を搭載した新バージョン「MIIDEL4」を、2019年10月1日より提供開始します
MIIDEL について 
MIIDELとは、新旧図⾯・書類のチェック作業において、変更点を発見し、着色表示することで⽬視確認時の⾒落としを減らす画像・図⾯⽐較システムです。

MIIDELの特長は、一般的な文書ファイル同士のデータ比較とは異なり、人間の視覚と同様に画像の特徴を認識・発見・評価することで、文書データとスキャン画像といった異なるデータ形式の情報が比較可能な点です。つまり、人の目で見える情報であれば、どんな情報でも比較が可能となります。目視確認の作業は、人間では完全性の担保が非常に困難であるにもかかわらず、確認保証が求められるため、正確に行うためには非常に多くの時間を必要とし、作業者にかかる負担も甚大です。MIIDELを活用することによって、こうした課題の解決が可能になり、作業効率化/チェックミス防止の観点から、製造メーカーや建設業を中心にたいへんご好評いただいております。

 

 

 

MIIDEL4の概要 
建設業や製造業で扱われる図面/図表では、新たに情報を追記する場合に、スペース確保等の理由から内容の配置(レイアウト)が変更されることも多く発生します。こうした変更が1つの書類の中で同時多数に行われた場合、図面全体に大きく差分が現れてしまうため、従来のMIIDEL ver.3では比較が困難でした。そこで、今回新たにリリースする「MIIDEL4」では、書類の中に含まれる部分的な情報の特徴を検出、情報ごとにブロック化し、1つの書類の中で部分的にマッチングする機能を搭載しました。これにより、レイアウトが変わりやすい図表項目の比較や、大型の1枚図面等の比較も容易に行えるようになりました。(下図参照)

参考:部分比較機能のイメージ(部品同士をブロック化してそれぞれをマッチングして比較)参考:部分比較機能のイメージ(部品同士をブロック化してそれぞれをマッチングして比較)

 

 

そのほか、MIIDELご利用者様のニーズにお応えして、読み込み可能なファイル形式の拡充(TIFF/JPEG/PNG)や
拡張子の異なるファイル(PDF対JPEGなど)の差分比較対応といった機能改善も予定しております。


詳しい内容は、MIIDEL公式WEBサイト(https://miidel.com)にて情報を随時掲載してまいります。


 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社TRIART >
  3. 部分比較機能を搭載した画像・図⾯⽐較システム「MIIDEL4」の提供