株式会社リーガルスクリプト 特定技能受入診断サービス『特定技能雇用診断』をリリース フォームに入力をするだけで、受入可能性を判定、改善点も提案

在留資格「特定技能」による外国人材活用の可否を無料で診断

株式会社リーガルスクリプト(所在地:東京都台東区、代表取締役:平井 宏和、以下当社)は、特定技能受入診断サービス『特定技能雇用診断』 ( https://visa.legal-script.com/ )をリリースしたことをお知らせいたします。

  • 特定技能受入診断サービス『特定技能雇用診断』について
■サービスリリースの背景
 2019年に一定の専門性・技能を有し即戦力となる外国人材を受け入れる在留資格「特定技能」が創設され、64,730人(令和4年3月末、出入国在留管理庁発表)もの「特定技能」の在留資格を持つ外国人が本邦で活躍しています。
 特定技能の受入機関(特定技能外国人を雇用する企業)には法令により、基準や受入条件等が課せられており、これらの要件を満たさない企業は、「特定技能」の在留資格を有する外国人を受け入れることはできません。
 これらの基準等は、特定技能制度の健全化、外国人労働者の保護の観点から重要なものである一方で、内容が非常に複雑で、特に初めて「特定技能」の在留資格を持つ外国人の採用を検討しようとする企業にとっては会社が要件に該当しているのかを判断することは負担が大きいと考えられます。
■サービスの概要
 特定技能受入診断サービス『特定技能雇用診断』では、「特定技能」の在留資格を有する外国人の雇用を検討する企業様向けに、フォーム上の質問事項に回答していただくだけで、自社での受け入れ可能性を判定していただくことができます。これにより、ユーザー企業様は自社での外国人材の受入れ可能性、構築するべき社内体制等を把握していただくことが可能となり、外国人材活用の経営判断の一助とすることができます。
  • サービスの特徴・主な機能

■診断機能

 ユーザーは、フォーム上で法令上の基準等に関する質問に回答することで、診断結果を無料で取得することができます。
https://visa.legal-script.com/
※当該診断結果は在留資格「特定技能」の受入機関適合性を保証するものではありません。

 診断終了後、ユーザーは診断結果を取得することができます。判定結果は「A」「B」「C」のいずれかが表示され、問題となりうる事項があった場合は、該当箇所と改善方法が表示されます。

 

  • 株式会社リーガルスクリプトについて
  リーガルスクリプトは、会社の登記手続等にかかる事務負担を軽減するための各種サービス、統合型バックオフィス業務支援サービス『LegalScript会社管理』をリリースしており、これまで累計7500社以上の企業様にサービスの提供を実施してまいりました。
 これからも引き続きLegalScriptでは、常にユーザー視点に立ち、法務関連の課題に直面するユーザーに向け、課題解決のための新しい選択肢やを提供すべく業務に邁進して参ります。
■会社概要■
社名    :株式会社リーガルスクリプト
本社    :東京都台東区小島2丁目20−11
設立日   :2015年11月13日
代表者   :代表取締役 平井 宏和
事業内容  :登記書類作成支援サービス『LegalScript』、クラウド型バックオフィス業務支援サービス『LegalScript会社管理』を提供
提供サービス:LegalScript https://legal-script.com
LegalScript会社管理 https://admin.legal-script.com 
特定技能受入診断サービス『特定技能雇用診断』 https://visa.legal-script.com
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社リーガルスクリプト >
  3. 株式会社リーガルスクリプト 特定技能受入診断サービス『特定技能雇用診断』をリリース フォームに入力をするだけで、受入可能性を判定、改善点も提案