【能楽の里福井県池田町】2月は福井県池田町で能にふれる。鎌倉時代から続く「水海の田楽能舞」奉納、そして、能面公募展入賞作品展、能楽鑑賞会を開催します。

福井県池田町では、国指定重要無形民俗文化財「水海の田楽能舞」が奉納される2月に能に関するイベントを開催しています。また、第2回全国創作能面公募展と第17回全国新作能面公募展(いずれも、池田町/池田町教育委員会主催)の入賞作品の展示会も実施します。
福井県池田町は、室町時代ごろ制作といわれる古面が多数残されており、戦前は能が奉納されていた神社もいくつかあることから「能楽の里」と言われています。その中でも、鎌倉時代から伝わる「水海(みずうみ)の田楽能舞(でんがくのうまい)」は、現在も毎年2月15日に池田町水海にある鵜甘神社で奉納されており、国の重要無形民俗文化財に指定されております(指定第1号)。
池田町では「能楽の里」として、日本の能楽や水海の田楽能舞を未来に残していくため、能面の公募展や能楽鑑賞会を開催しております。

■国指定重要無形民俗文化財「水海の田楽能舞」

 

鎌倉時代、執権・北条時頼が全国行脚中、池田町水海地区で雪により足止めされた際、村人が五穀豊穣を祈る舞「田楽」でもてなし、それに時頼が「能舞」で応えたことから始まったと言われる「水海の田楽能舞」。
第2次世界大戦時以外は1年も休まずに毎年2月15日に奉納されています。
  • 日時 毎年2月15日 正午から(正午からみそぎ、田楽能舞は13時から17時頃まで)
  • 場所 福井県今立郡池田町水海 鵜甘神社(うかんじんじゃ)
  • 動画はこちら https://vimeo.com/26761685


■「第2回全国創作能面公募展」「第17回全国新作能面公募展」入賞作品展示

日本最大級の能面公募展である「第2回全国創作能面公募展」と「第17回全国新作能面公募展」の入選以上の作品と、過去の公募展の最優秀作品など、約70点の展示を行います。今年は、全国から186名の応募があり、創作能面29点、新作能面(写面)177点の作品が寄せられました。
  • 展示会場 能面美術館(福井県今立郡池田町志津原17-2) 電話0778-44-7757
  • 展示期間 2019年2月1日(金)~25日(月)(期間中無休)
  • 開館時間 10:00~16:00(土日祝日は17時まで)
  • 入館料  大人300円、小学生以下200円
  • 県外展示 2019年3月2日~3月22日は、名古屋能楽堂で展示を行います。
※なお、これらの公募展の表彰式は、2月17日午前11時から行います。

■能楽鑑賞会

全国新作能面公募展入賞作品を使用して、狂言(和泉流)、能(観世流)、水海の田楽能舞(一部)の公演を開催します。狂言は「福の神」。第17回全国新作能面公募展福井県知事賞の面「福の神」が使用されます。能の演目は「羽衣 和合之舞」。第16回全国新作能面公募展審査員特別賞の面「増女」が使用されます。
  • 日時 2019年2月17日(日)13:30開演
  • 場所 能楽の里文化交流会館(福井県今立郡池田町薮田5-1)
  • 入場料 一般2,200円(前売り2,000円)、小中高生500円 ※全席自由
前売り券は以下で販売しております。
  • 福井県福井市:エルパプレイガイド、パリオ、ベル
  • 福井県鯖江市:アルプラザ鯖江
  • 福井県越前市:アルプラザ武生、エスカモール武生楽市
  • 福井県池田町:能楽の里文化交流会館、こってコテいけだ、渓流温泉冠荘 他
県外の方で前売り券をご希望の際は、池田町教育委員会(電話0778-44-8006)へお問い合わせください。

【お問合せ】
福井県池田町教育委員会
 〒910-2511 福井県今立郡池田町薮田5-1(電話 0778-44-8006)
福井県池田町役場
 〒910-2512 福井県今立郡池田町稲荷35-4(電話 0778-44-6000)
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 池田町役場 >
  3. 【能楽の里福井県池田町】2月は福井県池田町で能にふれる。鎌倉時代から続く「水海の田楽能舞」奉納、そして、能面公募展入賞作品展、能楽鑑賞会を開催します。