フランスで日本酒コンクール運営のKura Master 2021年度より本格焼酎・泡盛部門を新設

Kura Master協会(所在地:フランス・パリ、会長:グザビエ・チュイザ)は、2017年から毎年、フランス人のための日本酒コンクールを運営実施しています。第5回目の開催となる2021年度より、本格焼酎・泡盛部門を新設し、本格焼酎と泡盛のコンクールを開催いたします。新部門の審査委員長には、フランス国家が最高職人の資格を証明するMOFの資格を持つクリストフ・ダヴォワンヌ氏の就任が決定しています。
本格焼酎と泡盛を名称にしたコンクールは、世界でも例がありません。日本製ウイスキーや日本酒の輸出が伸びるフランスで、今後、伝統的な麹を使った製法による焼酎を本格焼酎・泡盛と定義し、欧州での知名度向上を目指します。また、ソムリエやバーマン、酒販専門店のプロによって構成される審査員が、本格焼酎と泡盛のバラエティ豊かな香りや味わいをより深く体験し習得するための研修やセミナーを今後積極的に実施し、審査員の教育や審査精度の向上に取り組んでいきます。

フランスは、食後酒を嗜む文化を持っており、さらにここ数年、世界的なカクテル人気の中、カクテル作りを体験する機会も増えるなど、蒸留酒市場は安定した需要があります。日本酒や日本製ウイスキーの人気が定着していく中、第三の和製アルコールとして、フランス人プロの審査による本コンクールは、フランス市場での本格焼酎と泡盛の輸出拡大の一助になるものです。

なお、応募要綱については2021年1月25日(月)、Kura Master公式ホームページで発表します。コンクールのエントリー期間は2021年2月8日(月)から3月12日(金)を予定しています。

 

本格焼酎&泡盛部門 審査委員長 クリストフ・ダヴォワンヌ (コンクールに使用される焼酎専用グラス)本格焼酎&泡盛部門 審査委員長 クリストフ・ダヴォワンヌ (コンクールに使用される焼酎専用グラス)

Christophe DAVOINE(クリストフ・ダヴォワンヌ)本格焼酎&泡盛部門 審査委員長
プロフィール
2004年から12年間、優秀なバーマンを教育することで定評のあるパリのディズニーランドグループに勤務。2015年バーマンとしてMOFを取得。その後、2016 年リニューアルオープンしたパリの5星ホテル、ペニンシュラホテル・バーの責任者として従事。ここでグザビエ・チュイザ氏と出会う。2017年7月、リニューアルしたホテルクリヨンでシェフ・バーマンとして勤務。2018年7月、ホテルクリヨンを退社し、自身のコンサルタント事務所「Bar Excellence」を立ち上げる。世界のラグジュアリーホテルのバーでコンサルタント、教育、新商品開発などを行い活躍している。フランス・バーマン協会の役員でもある。

Kura Master での審査委員長就任について
バーマンという仕事は私の誇りであり、その進化に日々情熱を持って取り組んでいます。Kura Masterの本格焼酎・泡盛部門の新設は、この地でまだ知られていない日本の蒸留酒と数多く出会うことができるという、信じられないほど素晴らしい機会が、我々フランスのバーマンに与えられるということです。本当に嬉しく思っています。

今年の2月Kura Masterの審査員研修旅行(九州経済国際化推進機構等主催の招聘事業)の受入れなど、今回の新設に当たってご尽力いただきました鹿児島県の塩田康一知事のコメント:
「Kura Master」コンクールにおいて、焼酎部門が新設されたことを大変光栄に思います。フランスの皆様、食中酒である焼酎を食事と一緒に味わっていただき、ベストマリアージュを探してみてください。鹿児島には本格焼酎の銘柄が2,000種以上もありますからきっと見つかると思います。コンクールをきっかけにして 多くのフランスの方に鹿児島へお越しいただけることを願っております。


【ご参考】
・本格焼酎・泡盛について
本格焼酎とは、麹を使用し、焼酎として認められる原料を用いて、単式蒸留機によって作られたアルコール度数が45度以下の焼酎のことです。そのうち沖縄県で製造されたものを「泡盛」と呼びます。

・MOFについて
MOF(Meilleur Ouvrier de Franceの略称)はフランス文化の最も優れた継承者たるにふさわしい高度な技術を持つ職人に授与される称号。

【主催者情報】
主催:Kura Master協会(Association de Kura Master)
http://kuramaster.com/ja/

*アルファベット順
後援 : 在仏日本国大使館、パリ・ソムリエ協会、一般財団法人自治体国際化協会パリ事務所(クレア・パリ) 、
JETRO Paris、日本政府観光局(JNTO)
ダイヤモンドスポンサー: 一般社団法人awa酒協会、鹿児島県酒造組合(2021年1月より)、
九州経済国際化推進機構、高知県
エメラルドスポンサー: JF Hillebrand、兵庫県、岡山県、PASONA 農援隊
協力:HISADA FROMAGERIE、GLASSBACCA、一保堂茶舗、ISMAC、鹿児島県、日本航空、国虎屋、
L'ARBRE A CAFÉ、le murmure、Perrier、Philippe Jamesse、RIEDEL、Vittel、WASARA

【本件のお問合せ先】
Kura Master 広報担当:ペコン倫子(フランス)
MAIL:press@kuramaster.com TEL : +33 (0)6 60 69 72 52
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Kura Master >
  3. フランスで日本酒コンクール運営のKura Master 2021年度より本格焼酎・泡盛部門を新設