OSA DC 戦略的ワークショップを開催しました

2018 年 11 月 30 日、OSA DC CEO、アレックス・イサイエフは、ビジネスおよび人工知能部門の主要マネージャーとの戦略的 OSA ワークショップを開催しました。

このワークショップはモスクワの OSA 事務所で開催され、ペプシコ、マーズ、JTI、デロイト(世界最大の会計事務所)X5 リテールグループ、ECR の専門家が集まり、2018 年の業績の振り返りや、OSA の B2B 製品戦略の共有、さらなる製品開発計画について議論しました。

 

 

 

本日はワークショップで議論された内容を一部抜粋して共有します。

— OSAプラットフォームは世界規模で着実に準備されています。キーとなるパート、大規模なデータ収集、データクリーニングと強化、データ管理、データ分析、同時データ分析基盤を持つ人工知能エンジン、B2Bオフィスインターフェイス、B2Bフィールドフォースインターフェイス、B2Bフィールドフォースアプリケーション、アラートシステム、管理オフィス機能などが強化され、正常に配備されています。

— プラットフォームのパフォーマンスが期待されるKPI(key performance indicatorつまり業績評価指標)を上回っています。

— OSAの核となるITチームとAIチームは素晴らしい能力を持ち、以下のような改善分野に対して、フラットな構造アプローチを使用して優れた考えを示しました:
  • ハイボリューム処理中に現れる問題の数をリアルタイムで排除するために、トランスポートエンジン(データ管理)を改善する必要があります。
  • OSAの顧客に大してサービスの付加価値を与える高い洞察を提供する「簡単な分析」機能の開発が進んでいます。
  • 画像認識エンジン:新しくリリースされたITアーキテクチャーで、実行されるいくつかのエンジンの統合。分散型のアプローチに従い、さまざまなプロバイダがOSAエコシステムに参加するように招待されています。
  • プロセス管理システムは開発が進み、規範的な分析により、強化されました。
  • 警告システムとAIエンジンをさらに強化
アレックス・イサエフは、以下のようにコメントしています。

「私はプラットフォームの技術水準・サービス水準に満足しています。また 2018 年に達成した数々の成功を誇りに思っています。さらに、勤勉に働き、才能あふれるアイデアを出す私たちのチームに感謝しています。そして、マーズ、ネスレ、ダノンのようなビッグブランドの製品をさらに開発し、価値を創造するために私たちを選んで頂いたパートナーの皆様に感謝しています。」




OSAに関する詳細はこちら
OSA DC ウェブサイト https://osadc.io/jp/
マンガでわかる OSA DC: https://osadc.io/jp/mangabook/

プロジェクトに関するお問い合わせ先
OSA Japan 公式 line@ → https://line.me/R/ti/p/%40nrj8729m(ID @nrj8729m)
OSA Japan 公式テレグラム → https://t.me/OSADCJAPAN
OSA Japan 公式ホームページ → https://osadc.io/jp/

プレスリリースに関するお問い合わせ先
OSA DC サポート窓口 support@osadc.io
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. OSA Decentralized Limited >
  3. OSA DC 戦略的ワークショップを開催しました