投資診断協会、協会マスコットキャラクターを決定!

一般社団法人 投資診断協会(本社:東京都新宿区、代表理事:髙松 伸吾)は、金融リテラシー向上のため学校の授業や企業の社員研修に「日本に正しい投資の考え方を根付かせる先生」を派遣する制度【マネティ】のリリースに伴い、企業のマスコットキャラクターを決定しました。
【マネティ】

 



投資診断協会のマスコットキャラクター【マネティ】。人魚のモデルであるマナティをモチーフにした投資の先生です。差し棒は¥(円)を、帽子には$(ドル)を、髭は€(ユーロ)、背景の建物は不動産投資をイメージしています。

■マネティとは
【マネティ】とは「日本に正しい投資の考え方を根付かせる先生」を学校や企業に派遣し、授業や社員研修を行う仕組みです。

【マネティロゴ】


■【マネティ】を使うメリット
〇投資診断協会独自の日本に必要な金融リテラシーを学べる講座を受講できます。
〇幅広い投資の知識を学ぶことで、投資は怖いというイメージを払拭し、自ら投資について考えることができるような人材を育てることができます。
〇金融や投資を学べるボードゲーム「リスクン×テイクン」を活用し、小学校高学年のお子様から大人まで感覚的に楽しく金融リテラシーを向上できる授業が可能です。

社員研修で金融リテラシー向上講座を行いたい企業様、
学校教育にお金の勉強を取り入れたい教育機関の方々是非お申込みをしてください。

【マネティ】のスタートは2020年の2月以降を予定しております。

■【投資診断協会】の設立
~日本に正しい投資の考え方を根付かせたい~
投資は、誰しもが一度は検討する資産形成手法です。ただ現実には、金融リテラシーの向上に目を向けず投資を実行し、結果、投資で失敗している方が日本にはたくさんいます。
投資自体は、将来資産形成を検討する上で必要性が高い手法であり、投資自体に問題性があるわけではありません。問題なのは個人が金融リテラシーを高めるための行動を起こしていない事や、高めるための“知識研修”資格“が世の中に少ないことです。
金融リテラシーの向上から、自分のリスク許容度にあった投資の選択を実行していく。
そのために、一般社団法人投資診断協会が設立されました。

■【投資診断士Ⓡ】とは?
投資を検討している方、投資を検討しているが踏み出すのが怖い方、投資で後悔したくない方、そういった方々に投資について啓蒙していくための資格です。近年では、NISAやiDeCoといった投資にまつわる制度や、暗号資産(仮想通貨)などの新しい投資手法も生まれてきているため、そうした新しいトピックについてもカバーしております。また情報技術(IT)を活用した投資手法も増加していることから、現代の投資を理解するのに重要なIT情報リテラシーも研修に盛り込んでいます。
詳しくはこちら→ https://entry-ida.com/
 
〇投資診断士Ⓡ資格の主な対象者
・保険募集人・銀行員・証券外務員・税理士・ファイナンシャルプランナー
・不動産投資物件販売従事者・不動産コンサルティング・金融コンサルティング
等、投資性商品を扱う業種・職種、金融商品を扱う業種や職種の方々、
家計を管理する主婦の方、金融業界へ就職を考えている就活生など

〇主な研修項目
・投資診断協会 基本理念
・投資に関する基礎知識
・投資商品について(株式、債券、投資信託、生命保険、不動産投資、FX、派生商品(デリバティブ)、代表的な貯蓄型投資商品、現物投資、暗号資産(仮想通貨)など)
・制度投資(確定拠出年金、NISAなど)
・ポートフォリオの考え方
・投資診断士Ⓡとは何か

〇投資診断士申込方法
詳しくはこちら↓
https://entry-ida.com/

◆お問い合わせ先◆
一般社団法人 投資診断協会 事務局
E-mail:info@toushishindan.com
TEL:03-6447-4104
FAX:03-6434-5216

◆IDA 一般社団法人投資診断協会◆
https://toushishindan.com

 

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人 投資診断協会 >
  3. 投資診断協会、協会マスコットキャラクターを決定!