製造現場や倉庫内での製品・物流・カード・包装類のOCR、AIで検品・管理|OKIKAE for AI外観検査

システム/IoTデバイス/AI/ロボティクスの開発技術をもとに ” 不可能を可能にする " をミッションに掲げる株式会社ASTINA(本社 東京都墨田区、代表取締役 儀間 匠)は、8月4日、製品・物流・カード・包装類のOCRにも対応できるAIを提供開始しました。
 

株式会社ASTINA(アスティナ)は、製造/作業現場の自動化をご支援する「OKIKAE」パッケージを提供しており、「バラ積みの自動化」や「ケーブル挿入の自動化」など、AIやロボティクスの技術をベースとしたスマートファクトリー化を推進してまいりました。

今回はその第三弾である、「OKIKAE for AI外観検査」にて、製品・物流・カード・包装類のOCRにも対応する独自AIのアップデートを行い、この度ご提供を開始いたしました。

これによって、製品・物流・カード・包装類などの、数字や文字列を確認する作業の自動化」が可能となりました。

■装置の導入もあわせてご相談いただけます
ASTINAの「OKIKAE for AI外観検査」を導入する際は、装置の導入もあわせてご相談いただけます。弊社には、AIエンジニアだけではなく、ロボティクスのスペシャリストも在籍しており、新規装置設計から既存装置やコンベアへのAIシステム組み込みまで、現場の省人化をサポートします。

例えば、AIで外観検査を行いつつ、NG品はラインの外に排出することが可能です。AIのソフトだけであれば、判定後に人が排出する必要もありましたが、装置の導入により完全自動化ができます。

もちろん、既存の製造ラインがある場合は、そちらを活かすかたちでのAI導入も可能です。必要な機能だけを選択してカスタマイズすることも可能なので、低コストで生産性向上を実現できます。
 
  • 「OKIKAE for AI外観検査」が解決する課題
製造や物流の現場では、電子部品に印字された文字や包装に記載された文字、またクレジットカード類の印字を見て確認する業務を、いまだに人の目で行っている状況が製造現場によっては行われております。

そもそも、OCRの技術は存在していましたが、その対応範囲は限られており、特定の状況下や決まった文字の形などの条件が揃っていないと判別が難しいとされている側面が往々にしてございました。

人が目視確認をする場合は、必要な工数や人件費が必要となり、また、作業負荷がかかりすぎた場合はヒューマンエラーも招きかねません。こういった現場の課題を解決するべく、自社プロダクトの「OKIKAE for AI外観検査」をOCRに対応する形でアップデートいたしました。

今後もASTINAは、製造現場の生産性の向上及び自動化のご支援によって、産業発展に寄与できるよう取り組んで参ります。
  • さまざまな現場で文字や数字の読み取りが可能
AIを活用したOCRの場合は、さまざまな文字列や数字を識別することができます。従来のOCR技術はルール定義をした範囲でしか識別ができず、複雑なワークの場合は対応が困難でした。弊社の「OKIKAE for AI外観検査」であれば、ディープラーニングを行い、一定の型にならない異常の検知や認識が可能になります。

上記の画像のように物流の現場で使用されている書類や、工場内のメーターの読み取りが可能になります。
例えば、書類の場合は文字の重なりがある場合や、訂正箇所の読み取りが可能になり、メーターについてはデジタルに限らずアナログメーターも針の位置から数値を読み取ることが可能です。

 

複数の数字が乱立するワークに対しても、読み取りが可能です。例えば、部品が実装された電子基板は、部品ごとにそれぞれ独立した読み取りができます。

そのほか、クレジットカードやIDカードなどにおける検品にも活用できます。凹凸印字からプリント印刷などほぼ全てのケースに対応可能です。クレジットカードには、エンボス・箔押し加工など様々な技巧が凝らされていたり、署名欄やカード会社のマーク、ICチップなど複数要素があったりしますが、これらを含めて券面の検査を一括で処理が可能です。
 
  • 【OKIKAE for AI外観検査】の特徴

株式会社ASTINAが提供する当パッケージには、以下の特徴がございます。

①加工装置や組立て装置と共にAI外観検査を組み込める
②AIで種別判定可能なので、種類別の排出が可能に
③多種多様な業界のお客様のワークに対応
④現状の設備にAI外観検査、NG機構を設ける事が可能
⑤多品種少量生産に適したシステムの設定が可能

製品・物流・カード・包装類のOCRに限らず、さまざまなワークに対応しています。例えば、食品や繊維といった不定形・柔軟物・自然物の検査も可能です。従来の画像検査では難しいとされたランダム性のあるワークでも、AIを活用すれば自動化できます。
 



「OKIKAE for AI外観検査」特設サイトページ
https://www.astina.co/lp/ai-visual-inspection
 
  • 作業現場の自動化パッケージ『OKIKAE(オキカエ)』について

第一弾:バラ積み作業
第二弾:ケーブル挿入作業
第三弾:AI外観検査
※今回は第三弾のAI外観検査を、OCRに対応するようにアップデートしました。

株式会社ASTINAでは、さまざまな業種に対応した自動化パッケージをご提供しております。
 

業種・作業物問わず、ヒアリング~簡易的なAIソフトでのワークの認識テストまで対応いたします。


手作業を自動化・負担軽減させることに特化した装置を多数開発しています。作業現場に関してお悩みのかたは、お気軽にご相談ください。まずは、無償でヒアリングとご提案をさせていただきます。

【OKIKAE専用ページ】
https://www.astina.co/ai-robotics
 
  • ASTINAについて
弊社は創業以来、繊維類など従来の画像処理、汎用ロボットでは取り扱いが難しい物体を処理するための独自AI技術の活用と最適化されたハードウェアの開発を行っており、高い技術力が認められ、東大系投資機関やIoT特化ファンド、上場企業様からの資金調達を実施しております。
今後もAI/ロボティクス技術を活用したパッケージを含め、IoTサービスについてもリリースを予定しております。

事業拡大に伴って、採用枠を拡大し、ソフトウェアエンジニアから機械設計者まで幅広く募集しております。
https://www.wantedly.com/companies/astina
  • 本件に関するお問い合わせ先
株式会社ASTINA
広報窓口
Mail:info@astina.co
  • 会社概要
社名:株式会社ASTINA
所在地:東京都墨田区緑3丁目17-8高島ビル
代表取締役:儀間 匠
事業内容:ロボット・AI・IoTデバイスの企画・設計・開発・コンサルティング及び自社サービスの提供
WEB:https://www.astina.co
  • 代表取締役プロフィール
儀間 匠(ぎま たくみ)
新日本製鐵株式会社にて生産設備の改良設計業務に従事後、アミューズメント機器の設計会社にてゲーム機器の開発に従事。2017年にロボット/AI/IoTデバイスの開発・製造に特化した企業・ASTINAを創業。IoTデバイスやAIを用いた自動化装置の開発・量産業務を請け負う。
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ASTINA >
  3. 製造現場や倉庫内での製品・物流・カード・包装類のOCR、AIで検品・管理|OKIKAE for AI外観検査