【業務提携】AI英語教材「abceed」、三省堂と業務提携し、学校市場への展開を開始!学校現場で定評のある英語教科書「CROWN」とAIによる個別最適化学習で学校と家庭の英語学習を最大限に効率化

株式会社Globee(所在地:東京都港区、代表取締役:幾嶋 研三郎、以下Globee)は、2020年5月以降、株式会社三省堂(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:北口 克彦、以下三省堂)と共同で、Globeeが運営するAI英語教材「abceed(エービーシード)」(https://www.abceed.com/)の全国の中学校、高校への導入を開始します。本事業では、「abceed」に三省堂の教科書や辞書、参考書を対応させ、スマートフォン/タブレット/WEBなどから「abceed」をご利用頂くことで個別最適化に対応した自主学習を効率的にフォローアップします。英語のコミュニケーション能力、とりわけスピーキング力の強化が求められる中、ITの活用によって家と学校現場での英語学習を効率化し、先生の負担の削減、生徒の英語力向上を支援します。


新型コロナ感染対策による在宅学習推進やオンライン教材の活用促進…今後ますます変化が求められる学校現場
昨今の社会情勢を背景に、教育現場での学び方が見直されています。2020年に入り拡大した国内での新型コロナウイルス感染により、3月には全国の小中高校への一斉休校が要請されました。休校措置により児童、生徒にとって在宅学習の重要性が急速に高まっています。

また、2019年末に文科省から提唱された「GIGAスクール構想」にもみられるように、AI技術など近年の技術革新を受け学校現場でもパソコンやタブレット端末の導入やICT対応、EdTechを活用した学習の効率化などが求められ、紙媒体をベースとした教材からデジタル教材への移行が始まっています。

このような背景のもと、効率的な在宅学習環境の提供と生徒一人一人に合わせた個別学習の実現に向け、ITやインターネットを積極的に活用した新しい学習方法に注目が集まっています。

定評のある英語教科書とAI英語教材による個別最適化学習で学校での英語学習・指導を最大限に効率化!昨今重要性の高まるスピーキング対策も強化
「学習量×学習効率を最大化する」というミッションに基づき作られたAI英語教材abceedはこの度、三省堂の展開する教科書、参考書への対応を開始します。三省堂は、学校現場で定評のある高等学校英語教科書の「CROWN(クラウン)」、中学校英語教科書の「NEW CROWN(ニュークラウン)」や英語辞書「ウィズダム英和辞典・和英辞典」、発信型のボキャブラリーを育成する新しい単語帳「チャンクで英単語」を展開しており、「NEW CROWN」は特に私立中学校でトップシェアを誇ります。

今回の業務提携においては、それら三省堂の教科書・教材・辞書に対応した学習用の「abceed」と指導用の「abceed for school」を用いて、あらたに学校現場への導入を目指します。

「abceed」を導入した学校の生徒はスマートフォン/タブレット/WEBから「abceed」アプリを通して、三省堂の教科書・教材・辞書をいつでもどこでも利用することができ、個別最適化に対応した自主学習が可能になります。また、教科書と連携したワークブックからReading/Listening/Writing/Speakingの4技能に対応した宿題を配信することができます。さらに、先生方は、「abceed for school」を通し、その宿題の採点、集計をワンストップで行うことができ、評価に直結した指導を実現することができます。

 【本取り組みのポイント】
・教科書に準拠した内容で、学校の授業と家庭での自主学習がシームレスに連携
・AIを活用し、個別に最適化した学習を実現
・先生方の宿題の作成/採点/評価にかかる負担を大幅に削減
・今後ますます求められるスピーキング力の強化もAIを活用したトレーニングにより実現
・英検/TOEICなどの資格試験対策にも対応

「abceed」は、実際に学校で使用する教材と連携しているため、学校の授業の内容を家庭でも「abceed」を通じフォローアップすることが可能となります。また、昨今注目される英語の4技能強化、特にスピーキング力の強化についてAIを活用した機能も利用可能になります。例えば、アプリに吹き込んだ音声をAIがスコアリングし、自学ではなかなか気づくことができない発音の弱点を発見することができます。さらに、吹き込まれた音声をテキストに変換することで、スピーキング問題の解答をアプリ上で行うことができ、スピーキング課題の作成/採点も可能となります。


abceedは現在多くのTOEIC受験者に支持され、AIがおすすめする問題を一日30問以上学習したユーザーが1ヶ月で TOEIC平均96点アップするなど着実な成果も出ております。今後は英検や大学受験、高校受験などの試験にも展開していくことで、生徒の進路対策にも活用できると期待されています。

【三省堂担当者のコメント】
三省堂は英語学習アプリケーション開発に実績があり、とりわけ学習ログを活用した「個別最適化学習」に強みを持つGlobee社と業務提携いたします。Globee社の提供する学校向け英語学習プラットフォーム abceed for school と、三省堂の刊行する英語教科書(NEW CROWNシリーズ/CROWNシリーズ)、辞典(ウィズダム英和辞典・和英辞典)、英単語帳(チャンクで英単語)で連携し、Speaking/Writingを含めた4技能統合型の英語学習を1ストップで実現してまいります。abceed for schoolでは、提供される管理画面を先生方にご活用いただくことで、生徒への課題配信、進捗管理、評価を効率よく実施することができます。三省堂は、英語教科書を中心としながら、辞書、単語帳などの学習参考書を含め、文部科学省が推進する「GIGAスクール構想」にも対応すべく、令和時代の新しい英語学習を実現する商品・サービス群を展開してまいります。

【掲載対象となる教科書】
・中学教科書

NEW CROWN English Series

・高校教科書

CROWN English Communication

・辞書

ウィズダム英和辞典 第4版 
ウィズダム和英辞典 第3版

 

・単語帳

クラウン チャンクで英単語 Basic 第2版
クラウン チャンクで英単語 Standard 第2版


今後ますます重要度の増す英語学習において、教科書最大手の三省堂とAIなどITを活用した学習ソリューションを提供するGlobeeが協業することにより、中学生、高校生の在宅での学習効率アップと英語能力向上に貢献します。

【本件へのお問い合わせ先】
株式会社Globee
管理部 人事・広報担当 石渡 幹大
アドレス:mishiwatari@globeejp.com
電話番号:03-6230-9016

【abceedとは】
abceedは「学習効率を最大化する」というミッションに基づき作られたAI英語教材です。TOEICや英検の出題形式に合わせたクイズをはじめとした様々なトレーニング法に対応し、200を超える人気英語教材コンテンツにアクセスすることができます。さらに、学習最適化エンジン「abceed AI」を活用した問題のレコメンド、スコア予測が可能です。

abceedの特徴
・200を超える人気英語教材のコンテンツを活用した学習が可能
・TOEIC/英検問題集や、単語帳、リスニング、リーディング、スピーキングの対策など、20種類以上の学習機能に対応
・「abceed AI」によりTOEICスコアのリアルタイム予測が可能
・良質な20,000問の中から、難易度や習得状況から最適な問題をAIがレコメンド
・1日30問の学習でTOEICスコアが平均96点アップの実績あり
(Unlimited会員のうち、1日30問以上を解いているユーザーの平均スコア上昇値)

【abceed for schoolとは】
反転学習プラットフォームabceed for schoolはabceedユーザーに向けて課題を配信したり、学習状況や予測スコアをリアルタイムに確認できるサービスで、すでに大企業や大手英会話教室、大学などでの導入実績があります。学校にabceedとあわせabceed for schoolを導入することで、先生は宿題の作成/採点の工数を大幅に削減できるほか、各クラス、生徒の学習時間や習得率などの学習状況を把握し、学習成果としての予測スコア(語彙力/資格試験予測スコア)を確認することができます。これにより、先生の負荷を軽減し、生徒の英語力の可視化・底上げを支援します。

■企業概要
株式会社Globee
代表者:幾嶋研三郎
所在地:東京都港区東麻布一丁目7番3号
創 業:2014年6月12日
事 業:学習コンテンツ配信事業
URL:https://www.globee.io/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Globee >
  3. 【業務提携】AI英語教材「abceed」、三省堂と業務提携し、学校市場への展開を開始!学校現場で定評のある英語教科書「CROWN」とAIによる個別最適化学習で学校と家庭の英語学習を最大限に効率化