【DX人材育成調査】82.2%の大企業の人事担当者が、DX時代の人材戦略として「リスキリング(DX人材育成)」が重要になると回答

〜大企業の人事担当者101名対象に「大企業人事の人材活用」に関する意識調査実施〜

リスキリング支援を提供するシェアエックス株式会社(本社:神奈川県茅ヶ崎市、代表取締役:中川亮、以下 シェアエックス)とオンライン学習プラットフォーム「UMU(ユーム)」を展開しているユームテクノロジージャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:松田しゅう平、以下、ユームテクノロジー)は、人事担当者101名に対し、「大企業人事の人材活用」に関する意識調査を実施いたしましたので、お知らせいたします。
■サマリー

 


■調査概要
調査概要:「大企業人事の人材活用」に関する意識調査
調査方法:インターネット調査
調査期間:2021年11月8日〜同年11月10日
有効回答:大企業(従業員500名以上)の人事担当者101名

リスキリングとは?
新しい職業に就くために、あるいは、今の職業で必要とされるスキルの大幅な変化に適応するために、必要なスキルを獲得する・させること」。補足として、「近年では、特にデジタル化と同時に生まれる新しい職業や、仕事の進め方が大幅に変わるであろう職業につくためのスキル習得を指すことが増えている」
(リクルートワークス研究所レポートから抜粋)

■半数以上の大企業で「人材の活用が上手くいっていない」の声
 「Q1.あなたの企業では、人材の活用が上手くいっていると思いますか。」(n=101)と質問したところ、「全くそう思わない」が13.0%、「あまりそう思わない」が37.6%という回答となりました。


・全くそう思わない:13.0%
・あまりそう思わない:37.6%
・ややそう思う:25.7%
・非常にそう思う:17.8%
・わからない/答えられない:5.9%

■人材活用が上手くいってないと思う理由、約6割が「若手人材の流出」や「人材育成がうまくいってない」と回答
 「Q2.Q1で「全くそう思わない」「あまりそう思わない」」と回答した方にお聞きします。人材の活用が上手くいっていないと思う理由を教えてください。(複数回答)」(n=51)と質問したところ、「若手人材が流出している」が60.8%、「社内人材の育成が上手くいっていない」が60.8%、「人材の最適配置が行われていない」が54.9%という回答となりました。


・若手人材が流出している:60.8%
・社内人材の育成が上手くいっていない:60.8%
・人材の最適配置が行われていない:54.9%
・組織に蓄積されている知識・スキルが若手人材に継承されていない:49.0%
・女性・シニア・外国人など多様な人材の活用ができていない:29.4%
・社内で余剰人員が発生している:25.5%
・その他:2.0%
・わからない/答えられない:0.0%

■大企業の約半数が「DX人材の確保が不十分」と回答
 「Q3.あなたの企業では、DX人材の確保が十分に行われていますか。」(n=101)と質問したところ、「全くそう思わない」が8.9%、「あまりそう思わない」が36.6%という回答となりました。


・全くそう思わない:8.9%
・あまりそう思わない:36.6%
・ややそう思う:23.8%
・非常にそう思う:16.8%
・わからない/答えられない:13.9%

■DXや働き方の多様化を受け、約9割が「今後、若手人員の活用がより重要になってくる」と回答
 「Q4.DXの加速や働き方の多様化により、今後あなたの会社では、今以上に社内の「若手人員の活用」が重要になってくると思いますか。」(n=101)と質問したところ、「非常にそう思う」が37.7%、「ややそう思う」が47.5%という回答となりました。


・非常にそう思う:37.7%
・ややそう思う:47.5%
・あまりそう思わない:7.9%
・全くそう思わない:0.0%
・わからない:6.9%

■約8割が「今後、社内の余剰人員の活用が重要になってくる」と回答
 「Q5.DXの加速や働き方の多様化により、今後あなたの会社では、今以上に社内の「余剰人員の活用」が重要になってくると思いますか。」(n=101)と質問したところ、「非常にそう思う」が31.7%、「ややそう思う」が45.5%という回答となりました。


・非常にそう思う:31.7%
・ややそう思う:45.5%
・あまりそう思わない:13.9%
・全くそう思わない:2.0%
・わからない:6.9%

■調査結果の続きは、「リスキリングJAPAN2022」カンファレンスにて発表!
 2022年1月13日(木)午後、東京ミッドタウン日比谷及びオンラインで日本初となる(シェアエックス社調べ)リスキリングにフォーカスした大型カンファレンスをシェアエックスが開催します。ユームテクノロジーはプラチナスポンサーとしてカンファレンスに登壇いたします。
「リスキリングJAPAN2022」カンファレンス詳細・お申込はこちら
https://www.re-skilling.jp/conference2022



【シェアエックスについて】
湘南を拠点とするベンチャー企業。「CHANCE to CHANGE」を掲げて、人と企業のDX推進における機会の提供と挑戦を支援。現在はリスキリング事業にフォーカス、人材のリスキリング〜雇用と、企業のDX支援(リスキリングされたDX人材採用)を支援。
また、シェアリングエコノミーをコンセプトに、「フラット」「オープン」「サスティナブル」な事業創造がモットー。湘南を本拠点に、東都内では東京ミッドタウン日比谷にある「BASE Q 」を活動拠点に活動。

​名称:シェアエックス株式会社
本社:神奈川県藤沢市辻堂神台2-2-1 アイクロス湘南
代表:代表取締役 中川りょう
設立:2018年6月15日
事業:リスキリング(CHANCE to CHANGE)事業 
URL:https://www.share-x.city

【「UMU(ユーム)」について】
「UMU」は、Google社のトレーナーとして多数の受賞実績があるドングショー・リーによって開発された。グローバル本社は、米国ポートランド、2015年創業。
UMUは、AIをはじめとした最新テクノロジーと学習の科学との融合で学習を提供するラーニングプラットフォーム。UMUの名前は、「U(あなた)、Me(私)、Us(私たち)」の頭文字。誰もが講師になり学び合う世界の実現を目指す。マイクロラーニング・ビデオ会議・ライブ配信・AIコーチング等の機能で、双方向性のあるオンライン学習プログラム設計を可能にするシステムを備えている。世界203の国と地域で100万社以上、日本では、日本生命、パナソニック、アステラス製薬、ワコールをはじめとする約1万社以上がUMUを導入。日本の人事部HRアワード受賞多数。
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. シェアエックス >
  3. 【DX人材育成調査】82.2%の大企業の人事担当者が、DX時代の人材戦略として「リスキリング(DX人材育成)」が重要になると回答