2020年3月オープン!(予定)誰も見たことがないエンタメ植物園 HANA・BIYORI(はなびより)

日本初!温室が暗転!「花」と「デジタル」が融合した幻想的な体験などエンタメ要素がいっぱい!

株式会社よみうりランド(本社:東京都稲城市 社長:杉山美邦)では、2020年3月(予定)、よみうりランド遊園地に隣接した場所にエンタメ植物園「HANA・BIYORI(はなびより)」をオープンいたします。
「HANA・BIYORI」は、いろいろな角度から植物に焦点を当てた、これまでにないエンターテインメント型の植物園です。毎日花々が咲き誇る約1,500㎡の温室や日本で初めて常設となる「花」と「デジタル」を融合したプロジェクションマッピングショーで幻想的な世界をご覧いただけます。さらに花の香りや彩りを体感するワークショップ、花に囲まれたカフェや小動物のパフォーマンスなど従来の植物園にエンタメ要素を多数盛り込みました。他にも日本庭園内に貴重な文化財が並び、春は桜、初夏はほたる観賞など、一年中、四季折々のうつろいを存分に体感できます。

当社は2019年9月24日に創業70周年を迎えました。本施設は創業70周年記念事業であり、2019年2月、成長戦略「飛躍」で打ち出したスーパー遊園地構想の第一弾です。これからさらに進化を続ける「よみうりランド」にどうぞご期待ください。

 
  • HANA・BIYORI概要
名称:HANA・BIYORI(はなびより) ※紙面表記 HANA・BIYORI
オープン:2020年3月 (予定)
総面積:約40,000㎡
所在地:東京都稲城市、神奈川県川崎市  (よみうりランド遊園地隣接)

1.毎日、お花見日和!いつ来ても感動が味わえる花の庭園
いつお越しいただいても、毎日満開の花々がご覧いただけます。植物園の中心に位置する温室内の目玉は、300を超えるフラワーシャンデリア(吊り花)であり、その総数は関東最大級です。
桜の木に囲まれた屋外広場は約20,000本の花々が咲き誇る花畑になります。春はアリッサム、ネモフィラ、マーガレットなど20品種あります。



2.日本初!「花」と「デジタル」が融合した幻想的なエンタメショー
明かりが差し込むガラスの温室が暗転し、プロジェクションマッピングがスタートすると、花とデジタルアートの世界に変身し、そこには驚き溢れる世界が広がります。これまでにないプロジェクションマッピングが楽しめる常設施設として日本初登場となります。


3.貴重な文化財が並ぶ日本庭園
国の重要文化財に指定されている妙見菩薩像(みょうけんぼさつぞう)と聖観世音菩薩像(しょうかんぜおんぼさつぞう)が安置されています。釈迦如来殿には仏舎利と聖髪が一緒に収められております。また、京都御所からの移築とされる聖門(ひじりもん)や17世紀に創建された多宝塔等、様々な文化財が納められています。

その他のコンテンツ、イベント、カフェ情報などは次回のニュースリリースにて発表いたします。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社よみうりランド >
  3. 2020年3月オープン!(予定)誰も見たことがないエンタメ植物園 HANA・BIYORI(はなびより)