東芝メモリとウエスタンデジタルが北上工場における共同設備投資について合意

~2020年生産開始予定~

 東芝メモリ株式会社(以下、東芝メモリ)とウエスタンデジタルコーポレーション(以下、ウエスタンデジタル)は岩手県北上市に東芝メモリが建設中の北上工場(東芝メモリ岩手株式会社)第1製造棟(以下、K1)において両社共同で設備投資を実施する正式契約を締結しました。

 K1では、データセンター、スマートフォン、および自動運転向けを中心にさらなるストレージへの需要の拡大が見込まれる3次元フラッシュメモリを生産します。建設中のK1は2019年(注)秋の竣工予定で、この度、2020年からの96層3次元フラッシュメモリの生産に向けた共同設備投資を実施し、同年後半にかけて生産体制を構築します。

 東芝メモリとウエスタンデジタルは、3次元フラッシュメモリの共同開発や市場動向に合わせた共同設備投資など、それぞれの技術競争力強化に向けた取り組みを積極的に展開し、今後もメモリ事業におけるリーダーシップを発揮していきます。

注:本リリース記載の年表示はすべて暦年となります。 
 


以上
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ウエスタンデジタル >
  3. 東芝メモリとウエスタンデジタルが北上工場における共同設備投資について合意