【Public Affairs Healthcare Forum 2019】2040年に向けた日本の医療経済とイノベーション~日米におけるヘルスケア制度から考える最適な舵取りとは~を開催

 一般社団法人 日本パブリックアフェアーズ協会は、米食品医薬品局(FDA)長官及びメディケアおよびメディケイド・サービスセンター(CMS)長官として活躍されたマーク・マクレラン博士のご来日に合わせ、2019年9月18日(水)にPublic Affairs Healthcare Forum 2019「2040年に向けた日本の医療経済とイノベーション~日米におけるヘルスケア制度から考える最適な舵取りとは~」を開催しました。

 冒頭では、当協会ポリシーフェローの双津森雄より協会概要及びパブリックアフェアーズ活動発展のための取組み事例を紹介。その後、マーク・マクレラン博士より「日本のヘルスケア制度への示唆~米国及びマーゴリス医療政策センターの最新動向から~」をテーマに医療・経済・社会的課題について講演いただき、続くQ&Aセッションでも活発な議論が行われました。 
 
 超高齢化社会として医療財政が切迫する中でも、持続可能な形で世界の先端技術を安心して享受できる日本社会を目指し、今後の政策及びビジネス戦略について検討する場となりました。 
 
 当協会では本イベントを皮切りに、ヘルスケア領域に特化したワーキング・グループを立ち上げ、ヘルスケア領域における我が国の課題解決の後押しや、医療経済の活性化を目指し、議論や研究の活発化を図っていきます。
 

 

 


【講演者紹介】
マーク・マクレラン博士
医療経済における優れた研究により2度のアロー賞受賞、現在はデューク大学のマーゴリス医療政策センターの創設ディレクターおよびビジネス・医療・健康政策分野教授。ビル・クリントン政権では経済政策財務次官補、ジョージ・W・ブッシュ政権では大統領経済諮問委員会の委員を務める。



【​一般社団法人 日本パブリックアフェアーズ協会 組織概要】
■理事一覧
代表理事 増田 寛也    東京大学公共政策大学院客員教授
          元総務大臣、元内閣府特命担当大臣、元岩手県  知事

理事 岩本 隆             慶應義塾大学大学院経営管理研究科特任教授

理事 酒井 光郎          株式会社ベクトル パブリックアフェアーズ事業部
          公共政策コンサルタント

監事 阿部 洸三          TMI総合法律事務所 弁護士

顧問 藤井 敏彦          多摩大学ルール形成戦略研究所客員教授
          独立行政法人経済産業研究所コンサルティングフェロー

■事務局
「一般社団法人 日本パブリックアフェアーズ協会」事務局
TEL:03-6821-7869  / FAX:03-6673-4282

■URL
Webサイト https://www.j-paa.or.jp
Facebook https://www.facebook.com/japanpublicaffairs

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人 日本パブリックアフェアーズ協会 >
  3. 【Public Affairs Healthcare Forum 2019】2040年に向けた日本の医療経済とイノベーション~日米におけるヘルスケア制度から考える最適な舵取りとは~を開催