リリースから3ヶ月でコーヒー診断が行われた回数が累計5万回を突破!登録ユーザー数は7倍の増加

5万回の診断結果から見られる、いまのコーヒー文化の傾向

コーヒーのサブスクリプションサービス『PostCoffee (https://postcoffee.co/)』を運営するPOST COFFEE株式会社(本社 : 東京都目黒区、代表取締役 : 下村 領)は、2020年2月6日の正式版リリースから3ヶ月でコーヒー診断が行われた回数が累計5万回を突破、登録ユーザー数がベータ版時と比較し、7倍へ成長したことをお知らせいたします。
「PostCoffee」は2020年2月に正式版のサービスをリリースしてから、無料のコーヒー診断や、SNSでのコーヒーボックスの写真の投稿が反響を呼び、ベータ版(2019年3月〜2020年1月)と比較し、わずか3ヶ月で会員登録数が7倍に成長しました。またリリースしてからのコーヒー診断が行われた回数が累計5万回を突破しました。

 

コーヒーのことが全くわからなくても、誰でも簡単に自分のコーヒーの好みを診断することができるコーヒー診断は、SNSや口コミで「すごい、合ってる!」「おぉ!当たってる!」といった声を多数頂き好評を得ています。コロナ禍でのテレワーク推進や巣篭もり消費の影響もあり、おうちでコーヒー淹れる生活をスタートする方が増えています。
InstagramやTwitterでは#PostCoffeeのタグで、届いたコーヒーボックスをオシャレに撮影した写真が多く投稿され、様々なコーヒーライフを垣間見ることができます。
今後もPostCoffeeはみなさまのおうちでのコーヒーライフを楽しく、美味しくし、サポートしていきます。
 
  • 5万回の診断結果から見られる、いまのコーヒー文化の傾向
診断を行ったユーザー属性としては、年代としては20、30代が最も多く、女性が65%、男性他が35%となった。40、50代の世代も多く、逆に10代のユーザーは少なかった。
コーヒーの淹れ方の割合では、「豆のまま」が41%と最も多く、「ハンドドリップ」が36%と続いた。この結果から、多くのユーザーが自分でコーヒーを淹れる、もしくは淹れたことがあると考えられる。自宅でコーヒーを淹れる習慣があるユーザーは意外と多いのかもしれない。
焙煎度別のデータでは深煎りが好きと診断されたユーザーが50%と多く、次いで中煎り、浅煎りとなった。まだ日本では喫茶文化から受け継いだ深煎りを好む傾向が診断でも表れた。
砂糖、ミルクを使う割合のデータでは多くのユーザーが砂糖、ミルクは使わない傾向にあることが見てとれる。ブラックのままコーヒーを楽しむユーザーが多いようだ。
 

 

 

 
  • 「PostCoffee」の3つの特徴
1)  無料コーヒー診断
ライフスタイルや嗜好に関する10個の簡単な質問に答えることで、約15万通りの組み合わせからその人に合った好みのコーヒーを3種類、また淹れ方や頻度、量、オプションなどをカスタマイズして提案します。

2) 定期的に届くコーヒーボックス
診断から導き出された3種類のコーヒー、またカスタマイズによって砂糖や粉末ミルク、フィルターなどがセットになったコーヒーボックスを1ヶ月ごと(または2週間ごと)にお届けします。またコーヒーがなくなってしまったら、追加での注文も可能。欲しいコーヒーを選んで購入すると(¥1,280/150g)、最短翌日でポストへ投函でお届けします。 


3) 30種類以上のスペシャルティコーヒー
コーヒーのラインナップは常に30種類以上。PostCoffeeを象徴するブレンド1種、他は単一の農園で栽培されたシングルオリジンです。スペシャルティコーヒーのシングルオリジンでの種類数は国内最大級の品揃えになります。 

 
  • サービス概要
<月額料金>
月額 ¥1,480〜
※カスタマイズ内容によって変わります。会員様は追加注文時も送料無料です。
<内容>
スペシャルティコーヒー3種  各3杯分 (計約140g)
 
  •  会社概要
会社名 : POST COFFEE 株式会社 (PostCoffee Co.)
代表 : 代表取締役 下村 領
所在地 : 東京都目黒区目黒4-11-7 須田ビル1F
設立 : 2018年9月
Webサイト : https://postcoffee.co/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. PostCoffee >
  3. リリースから3ヶ月でコーヒー診断が行われた回数が累計5万回を突破!登録ユーザー数は7倍の増加