アイ・グリッド・ソリューションズ、放課後NPOアフタースクール 「エネルギーに関する教育プログラム」を共同で提供開始

~10月29日(木)谷中小学校放課後子供教室にて一回目プログラム「節電の重要性と節電手法」を開催~

CO₂削減と経済性を両立させるグリーンテクノロジーを推進する株式会社アイ・グリッド・ソリューションズ(代表取締役社長:本多 聰介、本社:東京都千代田区、以下:アイグリッド)は、特定非営利活動法人 放課後NPOアフタースクール(東京都文京区、以下:放課後NPOアフタースクール)と共同で子どもたちに向けた「エネルギーに関する教育プログラム」を開発し、10月29日(木)に谷中小学校放課後子供教室(東京都台東区)にて一回目の講義を開催いたします。

本講義は、電気の仕組みや節電の取り組みについて、子供たちに楽しくわかりやすく理解してもらうために、放課後NPOアフタースクールと共同で開発しました。その一回目として谷中小学校にて10月29日(木)15時40分より当校のアフタースクールで開催することとなりました。当日は「すごろく」を利用してゲーム感覚で学習し、アイグリッド社員との交流を通じ、省エネの重要性や節電の仕方などのキャリア教育を行います。
 
現在、地球環境は大きく変化し、地球温暖化は異常気象や自然災害の多発化、甚大化により日常生活にも影響を及ぼす重要な問題となっています。地球温暖化の原因となっているCO2の排出量ですが、国内の排出量として、家庭の排出割合は約1割を占めると言われています※。
環境をよくするために、私たち一人ひとりが意識し、行動を変える必要性があります。しかし、「環境をよくすために」一個人として何ができるのか、どんな知識が必要なのかがわからない方も多いのではないでしょうか。アイグリッドでは、「環境をよくするため」に、一人ひとりが子供の頃から理解し意識することが重要だと考え、本講義の開催に至りました。

子供たちがエネルギーの仕組みを理解し、自ら積極的に節電に取り組んでいただくことで地球環境の未来が少しずつ変わっていくことを、アイグリッドは考えています。

※出典元:JCCCA 全国地球温暖化防止活動推進センター家庭部門からの排出量の全体に占める割合

【実施概要】
日時:10月29日(木)15時40分~(60分)
場所:谷中小学校 放課後子供教室
対象:小学校3年生以上(2年生も可)
プラグラムタイトル:エネルギーに関する教育プログラム
プログラム概要:
 省エネの重要性の理解と節電の手法の定着
  ・なぜ節電は必要なのか(節電と地球環境の関わり)
  ・どのように節電をするのか(節電の具体的方法)
   「すごろく」を利用してゲーム感覚で学習し、アイグリッド社員との
    交流を通じキャリア教育を行います。

 
■株式会社アイ・グリッド・ソリューションズについて
アイ・グリッド・ソリューションズはビジネスと暮らしの電力コストを削減。AIによるエネルギーマネジメント、企業や家庭向けの電力供給、太陽光発電によるVPP事業を展開し、分散型電源を中心としたエネルギープラットフォーム構築を目指します。

社名:  株式会社 アイ・グリッド・ソリューションズ
本社所在地:〒102-0083東京都千代田区麹町3-7-4
代表者:代表取締役社長 本多 聰介
資本金:480百万円(2020年8月末)
従業員:100名
設立:2004年 2月
会社HP:http://www.igrid.co.jp/

 
■放課後NPOアフタースクールについて
安全で豊かな放課後を日本全国で実現するために、学校施設を活用し、地域と共に子どもの育ちや学びを応援する放課後の居場所「アフタースクール」を運営、モデルを展開しています。さらに、多種多様な企業と連携した教育プログラムを全国各地で実施。子ども達の放課後に社会の力を集めて新時代を切り拓く力を培うことに挑戦するNPO法人です。

社名:特定非営利活動法人 放課後NPOアフタースクール
本社所在地:〒113-0033東京都文京区本郷1-20-9 本郷元町ビル5F
代表者:代表理事 平岩 国泰
従業員:280名
設立:2009年 6月
会社HP:https://npoafterschool.org
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アイ・グリッド・ソリューションズ >
  3. アイ・グリッド・ソリューションズ、放課後NPOアフタースクール 「エネルギーに関する教育プログラム」を共同で提供開始