1SEC、バーチャルヒューマンにAIを搭載し、インタラクティブなコミュニケーションが可能になるONE AIのβ版をローンチ


バーチャルテクノロジーの企画•開発を行う株式会社1SEC(本社;東京都目黒区、代表取締役社長 宮地洋州)は、3DCGで開発したデジタルヒューマンに最先端のAIを搭載し、インタラクティブな会話を可能にする当社オリジナルのAIエンジン「ONE AI(ワンエーアイ)」のβ版を開発、ローンチ致しました。

<ONE AIとは>
ONE AIは、物理ベースのリアルタイムグラフィックと、音声認識AI、映像認識AI、特化型対話AI等の最先端のAIを駆使したハイエンドなデジタルヒューマンテクノロジーです。
 

 

<活用方法>
Face to Faceで対話が可能なAIダイアログ•プラットホーム。カスタマーサービス、受付、アシスタント、講師、接客、ビジネス、エンターテインメント、教育に幅広く活用が可能になります。

例えば、コスメティックやファッションでは、形式ばった接客対応を幅広い商品知識をラーニングすることによって、的確な接客応対を実現し、ソーシャルディスタンスや対面による精神的ストレスも軽減し、インタラクティブな顧客体験を実現します。医療においても、バーチャルヒューマンとのオンラインカウンセリング診断によって、簡易的に診断が可能となり、告白しづらいといった精神的なハードルを乗り越えます。

導入にご興味がある企業様は、下記メールアドレスまでお問い合わせください。
info@1sec.world
 



<株式会社1SECとは>
1SECでは、KOL・SNSを活用したマーケティング支援事業ならびに、3Dテクノロジー技術とAIの研究開発を駆使したバーチャル・ヒューマンの企画/開発、アーティストやタレントの収益化のデジタルシフトを目的とした「ONE Digital」を提供し、セレブリティのDX化を最適化した延長線上に「著名人のバーチャル化プロジェクト」を打ち出し推進しております。1SECは今後も、 顧客の課題に対して最適なDXソリューションを提案し、テクノロジーで世界の人々のエンパワーメントを目指します。

 


<会社概要>
社名:株式会社1SEC
代表者:宮地 洋州
所在地:
【米国】1541 Ocean Avenue , Santa monica CA, US
【日本】東京都目黒区大橋1丁目6−13 STUMPS IKEJIRI OHASHI 6F

設立:2019年1月
資本金:1億7,346万円
業務内容:バーチャル・テクノロジー、AI 事業、セレブリティのDX事業
URL:https://www.1sec.world
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 1SEC >
  3. 1SEC、バーチャルヒューマンにAIを搭載し、インタラクティブなコミュニケーションが可能になるONE AIのβ版をローンチ