福岡のクリエイターたちがこの街の未来を創造し新しい景色を描く新型コロナウイルス支援プロジェクト “co.fuk” のご案内

 福岡と東京を拠点に企業や自治体のコミュニケーションデザインやイベントディレクション、フォトグラファーとしての活動など多岐に渡る諫山典生(Norio Isayama)がプロデューサーを務め、東京と福岡の2拠点にて国内外の様々な企業のブランディングやクリエイティブに携わる株式会社アナイスカンパニー FUKUOKA(取締役 : 井久保 敦)がウェブプロデュースを担当、コンテンツマネージャーは福岡の"今"にスポットを当てるウェブマガジン PARK MAGAZINE やギャラリーPARK STUDIOを運営するPARK(代表 :Shota Komoto)、ワードディレクターにKazuya Mashimoを迎え、プロジェクト“co.fuk”を運営いたします。

 

 新型コロナウイルスのパンデミックを経験し、世界が大きな転換期を迎えました。この変化の時を乗り越え福岡の街が息を吹き返すために、人々の交流やそこから生まれる文化・経済の独自性を復活させるべく福岡を拠点に活動しているクリエイターたちが集結しました。企画第一弾として福岡を代表するアーティストとコラボしたTシャツを販売いたします。プロジェクトによる収益の70%は福岡市「新型コロナウイルス対策支援ありがとう募金」へ寄付いたします。また30%を今回参加いただいたアーティストの活動支援として活用します。“co.fuk”を身にまとい、お互いに心の手を取り合っていけることを願っております。

 



 

We wear identical consciousness.
同じ意識を身にまとう

“co.” には coexistence / 共存、consideration / 思いやり、cooperation / 協力という意味が込められており、自然や他者と共存関係にある事実を真っ直ぐ捉え、想像力を働かせて思いを馳せ、困ったときには助け合う、そんなシンプルなことこそが社会を支える強さであると考えています。“co.fuk”は、愛と尊さ満ちた未来の福岡を示すドメインとして福岡を愛する者たちが集い、コンテンツを制作していきます。

 


 

  • 第一弾参加アーティスト

 


ますだみく
福岡生まれ。福岡在住。

シンプルな線と色使いで、センチメンタルなイラストを描く。広告や雑誌、アーティストとのコラボなど数多くの分野で活躍。また、KADOKAWAら2冊の書籍を出版し、漫画家としても活躍している。

 


isayamax / 諫山直矢
福岡出身在住のイラストレーター。

人物画をメインに、時代やファッション感を据えた作風でポジティブに描く。雑誌、CM、TV、広告、企業コラボ、壁画など幅広い分野で活動。


 


ヨシフクホノカ
1996 年生まれ / 長崎県出身。大学在学中の2018年4月に福岡で自身初となる単独個展「ヨシフクホノカ イラストレーション展」を開催し、イラストレーターとして本格的に活動を始める。以降90 年代を彷彿とさせるレトロでポップなアニメ調のタッチを武器に、黒い瞳の女の子たちを描く現在のスタイルを確立。昨年4月より活動拠点を東京へと移し、企業広告やファッション雑誌、アパレルブランドとのコラボレーション等幅広く精力的に活動している。
 


ざしきわらし
1987年生まれ。
福岡を中心にイラストレーターとして活動中。



 


NAKAKI PANTZ / ナカキパンツ
1997年生。福岡県在住のイラストレーター。

2019年5月、福岡にて初の個展を開催。アパレルコラボ、関東のイベントへの出展や展示参加多数。


 


WOK22 / FUWA YASUSHI
名古屋出身福岡在住のグラフィックアーティスト、ペインター。ライブペイントをしたのをきっかけに活動を始め、近年は雲や蛸の足のモチーフを好んで描いており、自分の頭の中にあるポップでダークな部分を、様々な手法で表現する。


 


MARUMIYAN
2007年より「マルミヤン」(Marumiyan)名義で、福岡を拠点に活動を開始。雑誌、広告、CDジャケット、パッケージ、アパレル、プロダクト、Webなど、様々な媒体で活動を行う。


 


Toyameg
イラストレーター。
福岡在住。POPだが毒のあるイラストが特徴。アパレルブランドやミュージシャン等 にイラストを提供している。


 


m2n
1992年生まれ。大阪出身、福岡在住。
自身が関わってきたストリートシーンとポップカルチャーの要素を融合させグラフィック制作を開始。幼少期から携帯端末機や電子機器で遊ぶ機会が多く、現在はiPhoneの画面に指でドローイングする手法をメインとした独自のタッチを表現する。

 


Date Yuichi
1989年、長崎県生まれ。2014年から本格的にイラストレーターとして活動。シュールなイラストを描く他、独特な世界を持つ細胞画を描く。これからやってくる新しい時代常識なんてあってないようなもの目に見えるものを大切に目に見えないものも大切に

 


pen public
実家の母親が職場で自慢気に自分のことを話しているのを想像しながら作品を残し、実家の父親が最近始めたSNSで自分のことを自慢気に投稿しているのを想像しながらアーティストとしての自覚を持つようにしています。


 


JENKINS
福岡在住系アーティスト。
2019年に突如活動を開始。Hand drawn / Illustrator / Photo と様々なツールを使い作品を作りあげるスタイル。アパレルブランドとのコラボアイテム製作や、アーティストへの作品提供を多数行っている。

 


沖 賢一
福岡を拠点に国内外で活動。平面作品を中心に立体作品やインスタレーション作品の発表、アパレルメーカーとのコラボレーションアイテムのデザインなども多数手掛ける。我慢の多い春でした。このまま良い方向に向かうこと、バネのような跳ね返りを願って絵柄を描きました。僕も頑張ります。

 


Witness
草花やズレたアクリル画の制作や自身の作品をプリントしたファブリックを発表。サッポロビール、NIKEなどとのコラボレーションのほか音楽関連のアートワークやグラフィック、テキスタイルデザイン、国内外での作品展示などを行っている。





 

  • co.fuk


official site
https://co-fuk.com

instagram
https://www.instagram.com/co_fuk/



 

  • 【本リリースに関するお問い合わせ先】


co.fuk
担当 : 井久保
e-mail : info@co-fuk.com


株式会社アナイスカンパニー FUKUOKA
〒810-0041福岡市中央区大名1丁目2番11号 プロテクトIIIビル 1F/2F
TEL 092-717-1112 / FAX 092-717-1113
anicecompany.co.jp

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アナイスカンパニー >
  3. 福岡のクリエイターたちがこの街の未来を創造し新しい景色を描く新型コロナウイルス支援プロジェクト “co.fuk” のご案内