株式会社サイフューズ、日立グローバルライフソリューションズ株式会社と再生・細胞医療分野における業務提携契約を締結

株式会社サイフューズ(本社:東京都文京区、代表取締役:秋枝静香、以下「サイフューズ」)は、日立グローバルライフソリューションズ株式会社(本社:東京都港区、取締役社長:谷口潤、以下「日立GLS」)との間で、再生・細胞医療分野(以下、「本分野」)における再生医療等製品等の新たな製造設備モデルの構築・運営等に関する業務提携をいたしました。
日立GLSは、再生医療の産業化とグローバル展開において本分野で高い品質が求められる、空気の質(温度・湿度・室圧・清浄度)を制御する高度な技術を有し、無菌性の確保やCPF(細胞培養加工施設)用クリーンルームの設計施工、細胞培養加工機器の連携、保守点検、バリデーションまで、これまでにない独創的なCPF総合ソリューションを提供されています。

サイフューズは、独自のバイオ3Dプリンティング技術で血管再生、骨軟骨再生、神経再生等のこれまでにない再生医療等製品の臨床開発に取り組んでおり、この新たな再生医療等製品の実用化を通じ、本分野における3D細胞製品という新しい治療の選択肢を一日でも早く多くの患者さまへお届けすることを目指しています。

今回の基本合意により、サイフューズ及び日立GLSは、これまで両社が培ってきた技術・知見・ノウハウを最大限に活かし、再生医療等製品の実用化・量産化等の課題に積極的に取り組んでまいります。

日立GLSは、現在サイフューズが開発を進める再生医療等製品及び三次元細胞製品の製造に関する本施設の活用を通じて、従来よりもコンパクトかつシームレスな製造設備モデルを共同で構築し、将来的にはこの事業モデルのグローバル展開を図ってまいります。

今後もサイフューズは、日立GLSとともに進める共同開発の成果を活用することで、この新たなソリューションにより当社の3D細胞製品のような再生医療等製品をはじめとする画期的な細胞製品の開発を促進し、本分野の市場拡大・成長に貢献してまいります。

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社サイフューズ >
  3. 株式会社サイフューズ、日立グローバルライフソリューションズ株式会社と再生・細胞医療分野における業務提携契約を締結