パチンコホール キコーナグループ Youtube広告収益の一部について、新型コロナウイルス対策としての寄付を実施

関西・関東を中心にパチンコホール「キコーナ」を160店舗展開するアンダーツリー株式会社(本社:大阪府大阪市西区 代表取締役:木下 春雄) はYoutubeの自社チャンネル「キコーナチャンネル」の広告収益の一部を、大阪府看護協会・神奈川県のコロナ医療基金に、新型コロナウイルス対策にお役立ていただくよう、寄付を実施いたしました。
新型コロナウイルスに罹患された方々と、感染拡大により生活に影響を受けられている地域の皆様に、心よりお見舞いを申し上げます。

当社では「街の灯り。心の灯り。」の企業理念のもと、地域の人々に寄り添い、愛される企業であるよう、日頃より各種社会貢献活動を実施しております。

Youtubeの自社チャンネル「キコーナチャンネル」では、パチンコ・パチスロのエンターテイメント動画を中心に公開しておりますが、昨年より「コロナ共闘プロジェクト」と題し、自社店舗近隣の飲食店を中心とした協賛店の紹介を動画内で取り上げるなど、Youtubeチャンネルの分野でも、より地域に根ざした施策を進めております。

今回、さらに自社チャンネルの運営を通して社会貢献できるよう、「キコーナチャンネル」のYoutubeの広告収益の一部を新型コロナウイルス対策として、公益社団法人「大阪府看護協会」・「かながわコロナ医療・福祉等応援基金」へ寄付をさせて頂きました。

今後も継続的に自社チャンネルの広告収益につきまして、各種社会貢献活動に役立てるよう活用してまいります。

【キコーナチャンネル URL】
https://www.youtube.com/channel/UCNvMlbFo7uIAG2gRQGmQKDQ


 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アンダーツリー株式会社 >
  3. パチンコホール キコーナグループ Youtube広告収益の一部について、新型コロナウイルス対策としての寄付を実施