【NOW ROOM資金調達】初期費用0円。5秒で家が見つかるアプリ「NOW ROOM」を提供するLiving Techがシードラウンド2.1億円の資金調達を実施

 株式会社Living Tech(本社:東京都新宿区、代表取締役:千葉史生、以下当社)は、初期費用0円、5秒で家が見つかるアプリ「NOW ROOM」への投資を目的に、ニッセイ・キャピタル株式会社と個人投資家からの第3者割当増資、金融機関からの融資によりシードラウンドで2.1億円の資金調達を実施しました。
 


▼▼こちらからアプリインストールください▼▼
https://nowroom.jp/


■NOW ROOMの概要(https://nowroom.jp/)

 


 NOW ROOMは、初期費用0円、5秒で家が見つかるアプリです。 
 ホテルやゲストハウス、シェアハウス、民泊・マンスリーマンション等の空室を、環境変化の大きい方々に1ヶ月間からご提供するプラットフォームです。部屋の検索・閲覧だけでなく、アプリ上で予約・決済まで完了するのですぐに入居することが可能です。
 

 

 

NOW ROOMの特徴はシンプルに3つです。

1.「速い」審査なし・アプリで完結

2.「安い」初期費用なしで家具家電付き

3.「多様な部屋」4万円台のシェアハウスからラクジュアリーなホテルまで


▼▼こちらからアプリインストールください▼▼
https://nowroom.jp/


■資金調達の目的

資金使途は、①プロダクト開発と②広告宣伝の2点です。

 ①プロダクト開発は、ゲスト様がご使用頂くアプリの開発はもちろん、不動産業界の課題をテクノロジーで解決していきたいという想いから、部屋を提供するホスト様が利用する管理画面の開発にも継続的に投資し、不動産業界の業務を効率化することでより安価な部屋を提供できるように努めます。

 ②広告宣伝は、コロナウィルスの影響で稼働率が低下しているホスト様と一緒になってキャンペーン等のプロモーションを行い、NOW ROOMで提供できる価値をより多くの方に認知・体験頂けるように努めてまいります。

 また、現在掲載部屋数は都内を中心に3,000室を超えましたが、まだまだ十分な部屋数ではないため、継続的に都内を中心に部屋の開拓を行いつつ、全国への展開も進めてまいります。



■投資家からのコメント

【ニッセイ・キャピタル株式会社 シニアキャピタリスト 高尾壌司氏】

 日本の都心エリアは住宅コストが高く、シェアリングエコノミーによる価格破壊の余地が大きく残されている巨大市場です。

 NOW ROOMはすでに都内で3,000室を超えるスペースを確保し、4月の事前登録から1か月程で1,000人弱の登録数、ローンチ前にもかかわらず500万円を超える契約も実現するほど、ユーザーが抱えるペインを解決するプロダクトに成長しています。

 業界構造を深く理解し、ユーザーに寄り添いながらプロダクトを改善してきたNOWチームであれば、この巨大市場におけるリーディングカンパニーとなることができると信じております。




【会社概要】

会社名:株式会社Living Tech

設立 :2019年7月

所在地:東京都新宿区百人町2丁目8-2 金子ビル102号

代表者:千葉 史生

URL   :https://livingtech.asia/

NOW ROOMサービスサイト:https://nowroom.jp/

NOW ROOM公式Twitterアカウント:https://twitter.com/NOWROOM_JP

NOW ROOM公式Instagramアカウント:https://www.instagram.com/nowroom/?hl=ja

会社名:ニッセイ・キャピタル株式会社

設立 :1991年4月

所在地:東京都千代田区丸の内1丁目6番6号 日本生命丸の内ビル22階

代表者:安達 哲哉
 

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社NOW ROOM >
  3. 【NOW ROOM資金調達】初期費用0円。5秒で家が見つかるアプリ「NOW ROOM」を提供するLiving Techがシードラウンド2.1億円の資金調達を実施