患者と治療のマッチングを支援する新ソリューション「Ubie Decision Support Information」を2021年初頭より提供開始

「AI問診ユビー」の回答に応じて、疾患の適切な治療法・薬剤情報を医師に表示。第一弾はアストラゼネカ社との協業で慢性閉塞性肺疾患(COPD)の治療情報表示を効果検証

Ubie株式会社は、「テクノロジーで人々を適切な医療に案内する」というミッション実現に向けて、疾患の患者と治療のマッチングを支援する新ソリューション「Ubie Decision Support Information」の効果検証を複数の医療機関で進め、2021年初頭より本格的に提供開始します。
第一弾として、患者が「AI問診ユビー」で慢性閉塞性肺疾患(COPD)と関連する回答をした際に治療法・薬剤情報の選択肢を医師に表示します。当該領域に豊富な知見をもつアストラゼネカ株式会社との協業で効果検証を進め、さらに効果的なソリューションへ進化させていきます。

 


※慢性閉塞性肺疾患(COPD)について
慢性閉塞性肺疾患(COPD:chronic obstructive pulmonary disease)とは、従来、慢性気管支炎や肺気腫と呼ばれてきた病気の総称です。タバコ煙を主とする有害物質を長期に吸入曝露することで生じた肺の炎症性疾患であり、喫煙習慣を背景に中高年に発症する生活習慣病といえます。(出処:一般社団法人呼吸器学会ホームページ)

■本ソリューション概要
  • 疾患の見逃しを防ぐ表示

医療機関向けサービス「AI問診ユビー」において患者が気管支喘息と慢性閉塞性肺疾患(COPD)を同時に疑われる回答をした際、見逃しを防ぐため「喘息とCOPDのオーバーラップ(ACO)のフローチャート(ACOの診断と治療の手引き2018)」の情報を医師閲覧画面に表示します。

 

  • 患者の治療に必要な情報表示
医師閲覧画面に従来から表示されてきた「病名辞書」に加えて、表示された情報をクリックすると、医師が判断する症状の程度に応じた治療法・薬剤情報が表示されます。治療法は医学的なガイドラインに基づいたものです。なお、薬剤情報については公平性と倫理の観点から、アストラゼネカ社製の薬剤以外も同時かつ並列に表示します。製薬企業が持つ薬剤に関する正確かつ深い知見をより多くの臨床現場へ届けるべく、今回の協業に続いて表示可能な情報をさらに充実させていきます。

■本ソリューション提供の背景
  • 「エビデンス・ベースド・メディスン(EBM)」浸透によるアップデートの加速

現在利用可能な最も信頼できる情報や科学的根拠を踏まえて患者にとって最善と考えられる治療を行う「エビデンス・ベースド・メディスン(EBM)」が1990年代より提唱され、徐々に医療界に浸透してきました。一方で、このEBMによる日進月歩の知見をアップデートする負担は加速度的に増しており、日々の診察・治療に追われる医師にとっては難しい状況です。

 

  • 従来の「病名辞書」に紐付いた情報の表示に対するニーズ
「AI問診ユビー」ではこれまでも医師の診察に役立ててもらうための参考情報として、患者の回答内容に応じた「病名辞書」を表示してきました。もっとも、診療所や夜間救急外来等において非専門領域の疾患を診察する際には医師も知識が十分でない場合も多く、より充実した情報を表示してほしいというニーズを多くの導入医療機関から伺ってきました。

■今後の展望
  • 地域医療のゲートキーパーである診療所(クリニック)のエンパワーメント

地域医療における患者の窓口として診療所(クリニック)は極めて重要な存在です。診療所での診察に基づき必要に応じて適切な病院へ紹介するなど「ゲートキーパー」とも言える機能が求められます。しかし専門分化した医学的情報を各診療所の医師が少人数で網羅するのは困難を極め、診療を難しくしています。こうした困難な状況にある診療所の医師を当社のサービスでエンパワーメントし、医療の質の均てん化に寄与してまいります。

 

  • ペイシェント・ジャーニーを包括的にサポートするサービス構築
当ソリューションは、「AI問診ユビー」を用いて医師の診察をサポートするものです。もっとも、サポートが必要なのは診察時に限りません。そもそも医療機関にかかるか、どの医療機関にかかるべきか、診察を受けた後の経過観察によって再診を受けるかなど、患者・医師は共に判断が難しい局面と何度も直面します。患者中心に医療のプロセスを俯瞰した「ペイシェント・ジャーニー」全体で接点となるソリューションを開発・提供し、包括的にサポートするサービス構築を目指します。

【医療機関向け「AI問診ユビー」について】
「AI問診ユビー」は医療機関の紙の問診票のかわりにタブレットを活用した問診サービスです。医療機関にて 患者様はタブレットを使って症状を入力することで、医師等の診察前の待ち時間を活用し、事前に詳しい症状の内容を伝えることができます。医師は文章に翻訳された問診内容と病名辞書の結果を活用することにより、電子カルテに記載を行う事務作業が大幅に削減され、より患者様に向き合い診察に集中できるようになります。
2020年10月に第3回日本サービス大賞「厚生労働大臣賞」「審査員特別賞」を受賞しました。
URL:https://intro.dr-ubie.com/

【生活者向け「AI受診相談ユビー」について】
「AI受診相談ユビ―」は症状から適切な医療への案内をサポートするサービスです。生活者は自宅等で症状等を入力することで、適切な受診先・タイミングを調べることができます。かかりつけ医等地域の医療機関や、
#7119等の救急車対応、厚生労働省等の公的な電話相談窓口への適切な受診行動を支援します。
URL:https://ubie.app/

【Ubie株式会社について】
「テクノロジーで人々を適切な医療に案内する」をミッションに掲げ、医師とエンジニアが2017年5月に創業したヘルステックスタートアップです。AIをコア技術とし、医療現場の業務効率化を図るAI問診サービス「AI 問診ユビー」と、生活者の適切な受診行動をサポートする事前問診サービス「AI受診相談ユビー」を開発・提供。医療情報格差をなくし、誰もが自分にあった医療にアクセスできる社会づくりを進めてまいります。

所在地  :〒103-0022  東京都中央区日本橋室町1-5-3 福島ビル6階
設立   :2017年5月
代表者  :共同代表取締役 阿部 吉倫・久保 恒太
URL  :https://ubie.life


【お知らせ】2020年12月1日20時に一部表現を訂正いたしました。
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Ubie株式会社 >
  3. 患者と治療のマッチングを支援する新ソリューション「Ubie Decision Support Information」を2021年初頭より提供開始