ユニバーサルロボット、SMC社の協働ロボット用エアチャックをUR+製品として認証

シンプルな部品搬送工程の自動化が、ますます容易に

ユニバーサルロボット(日本支社代表 山根 剛、東京都港区、以下「UR」)は、本日、SMC株式会社(本社:東京都千代田、代表取締役社長 丸山 勝徳、以下「SMC」)が 開発・製造する協働ロボット用エアチャック JMHZ2-X7400Bを、URロボットの周辺機器プラットフォーム「UR+」製品として認証したことを発表します。


人手不足が進み、また、生産現場内でもソーシャルディスタンスの確保が求められる中、人が行っている手作業をロボットに代替させる動きが急速に加速しています。小型、軽量で高把持力を発揮するSMCの協働ロボット用エアチャック JMHZ2-X7400B は、エア供給チューブ1本と、電機配線M8コネクタを接続するだけで動作可能で、URロボットのティーチペンダント上で直感的な操作でプログラムすることができます。これまでユーザーが自作することも多かったエンドエフェクタですが、簡単に設定できるエアチャックが誕生したことで、SMCの主要顧客層である自動車、電機電子、金属加工業界はもちろん、食品、化粧品、医薬品業界などでも応用が可能になり、部品搬送などの工程の自動化に貢献します。

       UR+製品として認証されたSMCの協働ロボット用エアチャック JMHZ2-X7400B

協働ロボット用エアチャックJMHZ2-X7400Bの特長は、以下のとおりです。
・小型で430gと軽量のため、より重いワークを把持可能
・エアチャック、ソレノイドバルブ(電磁弁)、オートスイッチ、速度調整機構を一体化
・安全性を考慮し、樹脂製保護カバー付き
・高剛性リニアガイドを採用した小形軽量エアチャック(JMHZ2-16D)を搭載、長い把持点でも使用可能
・オートスイッチを2個搭載、ワークの把持確認が可能
・開閉速度調整機構を内蔵、ワークやタスクに合わせ適切な速度での把持が可能

SMC株式会社執行役員、技術本部開発第5兼電子技術部長 森川文夫氏は、次のように述べています。
「国内、海外を問わず生産現場における人手不足が深刻な問題となる中、産業用ロボット、特に協働ロボットは、省人化による生産性向上を実現する施策として急速に普及しつつあります。当社は、協働ロボット分野のリーディングカンパニーであるURとのパートナーシップを通じて協働ロボット用グリッパ市場に参入し、グローバル規模での生産現場における課題解決に貢献してゆく所存です」

ユニバーサルロボット 日本支社代表 山根 剛は、次のように述べています。
「空圧機器分野で圧倒的なシェアを誇るSMCがUR+製品を開発し、URのパートナーとなったことは大きな喜びです。SMCの協働ロボット用エアチャックが、同社の顧客基盤である自動車、電機電子、金属加工業界や三品業界で導入され、自動化がまだ進展していない業界での導入のきっかけとなることを期待しています。URは引き続き、あらゆる規模の製造業においてロボット導入のハードルを下げる取り組みを邁進してゆきます」

協働ロボット用エアチャック JMHZ2-X7400B製品紹介ページ
UR: https://www.universal-robots.com/plus/urplus-components/handling-grippers/air-gripper-for-cobots-協働ロボット用エアチャック/

SMC:
https://www.smcworld.com/products/ja/get.do?type=GUIDE&id=JMHZ2-16D-X7400B&show_page=true

[SMC株式会社について]
SMCは、生産設備のオートメーション化に貢献する「自動制御機器」「焼結濾過体」「各種濾過装置」の製造・販売・輸出入を行っています。設立当初の事業内容で、SMCが空気圧機器の総合メーカーへと事業を展開する上で足掛かりとなった製品が焼結濾過体等の濾過装置です。当社の自動制御機器は、基本型約12,000種(2015年度受注の最終品番で約70万品目)という膨大な製品群を誇っています。ユーザごとに製品に対するニーズが変わってくることから、きめ細かく製品をラインアップしており、営業・製品開発・製造・生産技術・生産管理の各部門が常に連携を取り合ってお客様の要求に応えています。産業界のオートメーション設備は日々高度化しており、SMCの事業内容は空気圧機器を軸としてメカトロ機器、流体制御機器、電動機器、温調機器などへ拡大しています。

[ユニバーサルロボット+(UR+)について]  ユニバーサルロボット www.universal-robots.com/ja
ユニバーサルロボット製協働ロボット(URロボット)とプラグ&プレイで使える周辺機器のプラットフォームです。ロボットアームの仕様やインターフェースをオープンにし、それらに準拠するエンドエフェクタ、カメラ、センサなどの周辺機器をデベロッパが開発します。URによる検証、認証を経てデベロッパがUR+製品として販売します。UR+製品は、URロボットのティーチペンダントを通して設定できるため、ユーザーやSIerがロボットのシステムインテグレーションの構築にかかる時間や費用を削減できます。

[ユニバーサルロボットについて]
2005年に設立されたユニバーサルロボットは、あらゆる規模の会社でロボット技術による自動化を実現することを目的に、小型で、使いやすく、リーズナブルな価格設定で、フレキシブルかつ安全な産業用ロボットの開発に努めています。2008年に協働ロボット第一号を発表して以来、ユーザーフレンドリーなコボットの提供によって大きな成長を遂げており、現在では世界中で販売されています。ユニバーサルロボットはTeradyne Inc.傘下の企業であり、デンマーク、オーデンセに本社を置き、米国、ドイツ、フランス、スペイン、イタリア、チェコ共和国、トルコ、中国、インド、シンガポール、日本、韓国、台湾、メキシコに子会社や支社を擁しています。2019年のユニバーサルロボットの売上高は 2億4800万ドルでした。www.universal-robots.com/ja



 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Universal Robots A/S >
  3. ユニバーサルロボット、SMC社の協働ロボット用エアチャックをUR+製品として認証