フォルクスワーゲン、ストラタシスのJ850 3Dプリンタを2台導入し、クルマの設計をさらに強化

ストラタシスが実現した世界唯一のフルカラー・マルチマテリアル3Dプリンティング技術の導入により、フォルクスワーゲンは新たなクルマの設計でお客様のためにイノベーションをさらに推進

世界を代表する自動車メーカーの一社で世界最大の自動車メーカーの一社であるフォルクスワーゲン(https://www.volkswagen.co.jp/ja.html)は、Stratasys Ltd.(以下ストラタシス)の世界唯一のフルカラー・マルチマテリアル3Dプリンティング技術を導入し、プロトタイピング能力を強化するとともに、クルマの設計の新たな可能性を切り拓きました。ストラタシスのPolyJet™技術ベースのJ850™ 3Dプリンタ(https://www.stratasys.co.jp/3d-printers/j8-series)2台を導入したことにより、フォルクスワーゲンPre-Series Centerはクルマのインテリア/エクステリア・アプリケーション向けの広範で極めてリアルなプロトタイピングを3Dプリンティングで行い、新たなクルマの設計でのさらなるイノベーション推進を可能にしました。
フォルクスワーゲンは25年超にわたって3Dプリンティングを使用し、お客様のためにクルマの設計や製造の技術革新を実現してきました。同社によれば、今回の最新技術導入により、設計チームは最大99%の精度で最終製品を忠実に再現する複雑なマルチマテリアル・プロトタイプを製作できるようになり、同社の厳格な品質要件への適合が可能になりました。こうした高いレベルのリアリズムにより、設計チームにとって試験が容易になり、パーツ設計全般の向上が実現します。

J850によりフォルクスワーゲンは硬度、柔軟性、不透明度、透明度などが異なる最大7種類の材料を使用し、1回のプリンティングでフルカラーのプロトタイプを製作できるようになりました。これにより、従来のパーツ組み立てや塗装などの複数ステップの設計プロセスと比較し、時間とコストを大幅に低減できます。

フォルクスワーゲンPre-Series Centerチームはクルマのインテリア向けに、布から皮革、木材に至るまでの異なるテクスチャ表面のパーツを3Dプリンティングで製作しています。さらに、先進的な透明材料であるVeroUltraClearの使用により、ガラスの透明度を再現することができます。こうしたクルマの特長を実物そっくりのモデルでシミュレーションすることにより、設計者は新しい設計を迅速かつ高コスト効率で試験し完成させ、自由な創造性を発揮できるようになります。

フォルクスワーゲンPre-Series Centerの責任者であるPeter Bartels氏は、「フォルクスワーゲンはお客様に喜んでいただき、誇りに思っていただけるクルマを開発するために、イノベーションを常にすべての中心に置いてきました。その達成のためには、創造性の発揮とクルマの設計の新標準確立を可能にする最新の最先端技術を設計チームに提供することが不可欠です。J850 3Dプリンタの導入により、私たちは3Dプリンティング活用の強化と設計プロセスのさらなる最適化が可能になりました」と述べました。

ストラタシスのEMEAプレジデントであるAndreas Langfeldは、「フォルクスワーゲンは長年のお客様であり、PolyJet 3Dプリンティングの価値を常に活用し、設計プロセスの技術革新のために技術の限界を打破してきました。J850は私たちの最も先進的なシステムであり、新次元の設計能力を実現し、競争力を獲得する方法を企業に提供します。私たちはフォルクスワーゲンの設計チームによる、この技術を使った創造的アプリケーションの開発を非常に楽しみにしています」と語りました。

フォルクスワーゲンTiguan R-Line(画像提供:フォルクスワーゲン) ストラタシスのJ850 3Dプリンタにより、フォルクスワーゲンPre-Series Centerはクルマのインテリア・アプリケーション向けの極めてリアルなプロトタイプ製作が可能にフォルクスワーゲンTiguan R-Line(画像提供:フォルクスワーゲン) ストラタシスのJ850 3Dプリンタにより、フォルクスワーゲンPre-Series Centerはクルマのインテリア・アプリケーション向けの極めてリアルなプロトタイプ製作が可能に

 

フォルクスワーゲンTiguan R-Line(画像提供:フォルクスワーゲン) 先進的なVeroUltraClear材料の使用により、フォルクスワーゲンは3Dプリンティングによるプロトタイプ・モデルでガラスの透明度を再現することが可能にフォルクスワーゲンTiguan R-Line(画像提供:フォルクスワーゲン) 先進的なVeroUltraClear材料の使用により、フォルクスワーゲンは3Dプリンティングによるプロトタイプ・モデルでガラスの透明度を再現することが可能に

ストラタシスについて
ストラタシスは3Dプリンティングとアディティブ・マニュファクチャリング(積層造形)技術で世界をリードする企業です。30年にわたり、ストラタシスの製品は製品開発期間、コスト、工具コストの削減/解消、製品の品質向上をサポートしてきました。ストラタシスはFDM® およびPolyJet™ 3Dプリンタ、各3Dプリンタ材料の製造販売、ソフトウェア開発販売、エキスパート・サービス、パーツ造形サービスに関するソリューションや専門知識を提供します。その技術は航空宇宙、車載、ヘルスケア、コンシューマ製品、教育などのさまざまな産業向けのプロトタイプ、治工具、生産部品の製造に利用されています。詳細については、https://www.stratasys.co.jp/をご覧ください。

ストラタシス・ジャパンはStratasys Ltd.の日本子会社で、ストラタシスが製造する3Dプリンタおよび3Dプリンタ材料の販売やパーツ造形サービス(DFP)の提供を行っています。本社は東京都中央区で、大阪に支店があります。

Stratasys、PolyJet、J850はStratasys Ltd.と子会社の両方あるいはいずれか一方の商標です。他のすべての商標はそれぞれの所有者に帰属し、ストラタシスはこれら非ストラタシス製品の選択、性能、使用に関して一切の責任を負わないものとします。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ストラタシス・ジャパン >
  3. フォルクスワーゲン、ストラタシスのJ850 3Dプリンタを2台導入し、クルマの設計をさらに強化