クライオ電顕構造解析の株式会社キュライオ、シリーズAで総額約3.1億円の資金調達を実施

株式会社キュライオ(東京都新宿区、以下、キュライオ)は、シリーズA資金調達ラウンドにおいて、Beyond Next Ventures2号投資事業有限責任組合、Ono Venture Investment, Inc.(小野薬品工業株式会社・企業ベンチャーキャピタル)、旭化成ファーマ株式会社、Gemseki投資事業有限責任組合を引受先とする総額約3.1億円の第三者割当増資を実施したことを発表いたします。(投資家名は順不同、以下同様)

今後は、クライオ電顕による構造解析を活かした創薬事業をさらに加速させ、自社及びパートナー企業とより良い医薬品の創製に努めて参ります。
資金調達の目的

低分子医薬のみならず環状ペプチドに代表される中分子医薬や抗体医薬、核酸医薬などの医薬品の多様化が進み、それに伴って遺伝子治療なども含む新たなモダリティーの開発など、創薬のトランスフォーメーションが起こっていることは言うまでもありません。キュライオはクライオ電子顕微鏡によるStructure-Based Drug Discovery(SBDD)による創薬事業を進めており、その独自の概念や技術は新たな創薬プラットフォームとしての期待は非常に大きなものです。
弊社は、この度、同手法により多様かつ革新的な医薬品創製事業の拡大と加速化のため、資金調達を実施致しました。これにより激しさを増す昨今の創薬パラダイムシフトに適切かつ柔軟に対応できる事業体制を整備いたします。

調達した資金の使途

今回の資金調達によって、パートナリング(共同研究創薬)事業、自社創薬事業の拡大、クライオ電子顕微鏡構造解析技術のさらなる創薬への有効活用のための基盤技術の開発を目的として、それらに向けた設備投資や創薬研究開発事業の体制強化などを行います。

引受先

Beyond Next Ventures2号投資事業有限責任組合(Beyond Next Ventures株式会社)、Ono Venture Investment, Inc、旭化成ファーマ株式会社、Gemseki投資事業有限責任組合(株式会社Gemseki) 


キュライオ 代表取締役CEO 中井 基樹のコメント
「この度のシリーズAにて、Beyond Next Venturesをはじめとする各社から出資いただけることを大変嬉しく思います。今回第三者割当を行う4社は、我々が目指す創薬の方針と、クライオ電子顕微鏡の構造解析を軸としたプラットフォーム事業について、特に深く的確にご理解いただけたと感じています。
今回の調達資金のみならず、非常に心強い株主に加わっていただけたことで、当社の更なる成長が実現できると強く確信しております。
構造解析技術をフル活用した創薬によって、病や副作用に苦しむ患者様に一日も早く治療薬を届けることを目指して努力して参ります。」


引受先のコメント

Beyond Next Ventures株式会社
執行役員 投資マネージャー 盛島真由

「キュライオは、世界トップクラスの水準において、タンパク質発現・調製、クライオ電顕による撮影・構造解析、計算創薬、薬理、合成化学、といった創薬プロセスを一気通貫で行うことができる技術及びチームを有する創薬ベンチャーです。創薬活動を通じてアンメットメディカルニーズを満たすことで、人々の健康に貢献することを期待しています。」

Ono Venture Investment, Inc.(小野薬品工業株式会社・企業ベンチャーキャピタル)
President & CEO 山本 浩史

「キュライオの精緻な構造解析技術は今後の創薬を飛躍的に加速させると期待しています。本技術を介して革新的な医薬品が創製され、一日も早く多くの患者さんや医療従事者の方々にお届けできることを願っています。」

旭化成ファーマ株式会社
取締役兼専務執行役員 医薬研究開発担当 松崎 修

「弊社では画期的技術を有する創薬ベンチャーに積極的に投資を行っております。キュライオはクライオ電子顕微鏡を活用した世界最先端のSBDDの技術と経験を有しており、同社の将来のポテンシャルを高く評価し、出資させていただきました。今後、日本を代表する創薬ベンチャーに成長することを期待しております。」

株式会社Gemseki(株式会社新日本科学・企業ベンチャーキャピタル)
代表取締役社長 永田一郎

「クライオ電顕による構造解析を活かした創薬技術は、新しい創薬プラットフォーム技術として大変有望で、キュライオは本領域を牽引し、発展させるリーディングカンパニーになると確信しております。人類および社会に貢献する創薬を支える一員として、ともに挑戦しつづけたいと考えております。」


株式会社キュライオについて

当社は、クライオ電子顕微鏡による構造解析技術に特化した企業として2019年8月に設立されました。独自の解析ノウハウを用いた世界最高水準の構造解析精度が強みで、現在は構造解析ベース創薬(Structure-Based Drug Discovery)事業を展開しています。

「科学の力で、より安心で健康な人生の実現へ」の会社理念の下、人々に画期的新薬を提供する事を使命とし、製薬会社や大学研究室との共同研究も積極的に取り組んでおります。


代表者           :代表取締役CEO 中井 基樹
オフィス所在地 :東京都文京区本郷7-3-1東京大学南研究棟357号室
設立日          :2019年8月
URL               :https://curreio.com/
事業内容         :クライオ電子顕微鏡による構造解析技術を活用した構造解析ベース創薬事業の展開
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社キュライオ >
  3. クライオ電顕構造解析の株式会社キュライオ、シリーズAで総額約3.1億円の資金調達を実施