Opensignal、グローバル5Gエクスペリエンスのベンチマークを発表

5Gグローバルトップ10に東京都がランクイン

世界中で1億台以上のデバイスから毎日収集された数十億の測定値を使用して、ワイヤレス業界で最大の規模と頻度で全世界のモバイル・ネットワーク・エクスペリエンスを分析するOpensignal(本社:ロンドン)は、「グローバル5Gエクスペリエンスのベンチマーク」を公開しました。

Opensignalが実施した5G測定に関する最新の分析では、主要都市の5Gエクスペリエンスが国内のスコアよりもはるかに優れていることが分かりました。ゼンジュウ市(韓国) のユーザーは、最速のエクスペリエンスを得ている世界中の都市と同様に、世界最速の5Gダウンロード・スピードを誇っています。ゼンジュウ市の5Gダウンロード・スピードである415.6Mbpsは、韓国全体の結果よりも15%速い結果となりました。

5Gグローバル・トップ10にある都市のうち、首都はリヤド、東京、ダブリンの3首都のみです。他の都市では、ドバイ、チューリッヒおよびバルセロナと、主なビジネス中心地が複数ランクインしています。


注目すべきは、オーストラリアとスペインで最速の5G都市が、メルボルンがシドニーを破ってオーストラリア最速の都市となり、バルセロナがスペインの首都マドリッドの速度を上回っていることです。

カナダでもっとも人口の多い都市、トロント、モントリオール、バンクーバー居住者は、カルガリーのウィンタースポーツの目的地にぜひ足を延ばしてカナダ最速の平均5Gダウンロード・スピードを体験してください。

日本は、5Gダウンロード・スピード (231.5Mbps) と5Gピーク・ダウンロード・スピード (856.5Mbps) の両方で高い評価を得ており、グローバルなランキングに大きく届いています。


ヨーロッパでは、フィンランドが平均5Gダウンロード・スピード (219.5Mbps) で最も高いのに対し、オランダはヨーロッパで34.7Mbpsで最も平均5Gアップロード・スピードが高く、ギリシャ、スペイン、スイスはいずれも5Gピーク・ダウンロード・スピードが高くなっています。   

体感的尺度を通じて、5Gゲーム・エクスペリエンスはトップ10に入る値の最大範囲を誇り、今回は韓国がトップ・ポジションに躍り出ました。

5Gゲーム・エクスペリエンスの上位10位は、ヨーロッパ市場とアジア太平洋地域市場に分かれており、ヨーロッパは5つ、アジア太平洋地域は4つです。ゲーム・エクスペリエンスとボイス・エクスペリエンス (上位10位のうち6つはヨーロッパ) は、世界の5Gランキングに入賞しているヨーロッパ最強のものです。

ダウンロード・スピード、ピーク・ダウンロード・スピード、ビデオ・エクスペリエンスの各カテゴリーでトップの地位をアジア市場が占めています。

5Gの大規模市場と早期市場の多くがトップ10入賞を逃しています。例えば、ドイツは5Gアップロード・スピードのトップ10に入る一方、5Gダウンロード・スピードと5Gピーク・ダウンロード・スピードと5Gビデオ ・エクスペリエンスの両方を逃しました。

同様にイタリアは全5G部門でリーダーボードに載ることはありませんでした。

グローバル5Gエクスペリエンスのベンチマークの分析報告書は、下記URLよりダウンロードが可能です。
https://www.opensignal.com/2021/04/15/gurobaru5gekusuperiensunobentimaku-2021nian-4yue
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Opensignal >
  3. Opensignal、グローバル5Gエクスペリエンスのベンチマークを発表