「子どもの貧困に本質的解決を。」を全国へ地域団体への助成プログラム「ゴールドマン・サックス 地域協働型子ども包括支援基金」9団体へ総額3,300万円の助成を決定

10月20日オンラインイベントを開催

「子どもの貧困」の解決に取り組むNPO法人Learning for All (以下、LFA)は、地域で子ども包括支援を行う団体への助成プログラム「ゴールドマン・サックス 地域協働型子ども包括支援基金」の初となる助成先9団体を決定し、初年度は総額33,398,000円の支援を行うことをお知らせします。10月20日(水)には全受賞団体の集まるオンラインイベントを行います。

「ゴールドマン・サックス地域協働型子ども包括支援基金(以下、本基金)」は、ゴールドマン・サックス様、パブリックリソース財団様の協力を得て発足。全国で子ども支援を行う団体へ、資金面だけでなくLFAによる研修や伴走支援などの非資金的でもサポートをする助成プログラムとなり、初年度となる2021年度は9団体へ総額約3,300万円の助成が決定しました。そして本基金の受賞団体に加え、ゴールドマン・サックス証券株式会社 代表取締役社長 持田昌典氏とNPO法人Learnig for All 代表 李炯植(り ひょんしぎ)が登壇するオンラインイベントも行います。
※地域協働型子ども包括支援:6歳から18歳までの子どもたちが地域の中で切れ目なく必要な支援を受けるの出来る支援モデル

採択結果とイベント概要・取材申込方法に関しては下記ご覧ください 。

■「ゴールドマン・サックス 地域協働型子ども包括支援基金」採択結果
地域で活動する団体を助成する本基金では、助成額や助成期間の異なるふたつの助成プログラムを用意。今年5月9日から約1ヵ月の間に全国の同じ志を持つ団体へ募集をかけ、全国の86団体から応募いただきました。
こども支援実績や、活動状況、そして団体として掲げる将来像などをもとに選考を行い、「プログラムA:地域協働型子ども包括支援構築・組織基盤強化助成」は5団体へ総額約2,500万円、「プログラムB:子ども支援活動強化助成」は4団体へ総額800万円の支援をこのたび決定しました。
※各プログラムの詳細は後述の「地域協働型子ども包括支援基金」の公式HPをご覧ください。

A:地域協働型子ども包括支援構築・組織基盤強化助成
「地域協働型子ども包括支援構築・組織基盤強化助成」で助成先に決定した5団体は下記の通りです。

(五十音順)

  • ・NPO法人 あっとすくーる<大阪府箕面市>
  • ・NPO法人 いるか<福岡県福岡市>
  • ・NPO法人 STORIA(ストーリア)<宮城県仙台市>
  • ・NPO法人 ダイバーシティ工房<千葉県市川市>
  • ・NPO法人 ビーンズふくしま(福島県福島市)


B:子ども支援活動強化助成
「子ども支援活動強化助成」で助成先に決定した4団体は下記の通りです。

(五十音順)

  • ・NPO法人 アスイク<宮城県仙台市>
  • ・一般社団法人 SGSG(エスジーエスジー)<岡山県岡山市>
  • ・NPO法人ケアット<兵庫県 神戸市>
  • ・NPO法人 抱僕(ほうぼく)<福岡県北九州市>

 

■「ゴールドマン・サックス 地域協働型子ども包括支援基金」イベント概要
・日時:10月20日(水)10時30分~12時10分
・開催場所:オンライン(Zoomでの開催となります)
・登壇者
 ・受賞団体代表者
 ・持田昌典(ゴールドマン・サックス証券株式会社 代表取締役社長)
 ・李炯植(特定非営利活動法人Learning for All 代表理事)
・イベント内容
 ・採択結果の発表<李>
 ・助成団体へのコメント:本基金に寄せる想い<持田社長>
 ・事業計画発表<受賞団体担当者>
 ・採択団体との今後の取り組みについて<李>
 ・メディアからの質疑応答<李・ゴールドマン・サックス担当者、パブリックリソース担当者>
・基金公式HPhttps://learningforall.or.jp/gschildfund/


■イベント参加および取材申し込み方法
下記フォームより必要事項をご記入の上、取材参加をお申し込みください。
後ほど担当者よりメールにてイベント配信URL等を送らせていただきます。
・お問い合わせページhttps://forms.gle/aAV4inUMH5F8ioZf8
・取材申し込み締め切り:10月15日(金)23:59
・担当者:LFA広報 藤田

■登壇者コメント

ゴールドマン・サックス証券株式会社
代表取締役社長 持田昌典

これまでLFAが取り組んできた地域協働型子ども包括支援の仕組みが、全国に展開される段階に来たことを大変うれしく思っています。子どもの貧困問題は様々なステークホルダーが関り、その解決は容易ではありませんが、同じ目的意識をもって取り組まれている全国の支援団体の皆さん同士がネットワークを作り、問題意識やノウハウを共有することで、大きく前進すると信じています。ひとりでも多くの子どもたちとつながり、早期に支援を届けられるよう、皆さんの活動を応援しています。
 

特定非営利活動法人Learning for All
代表理事 李炯植

「地域協働型子ども包括支援」に取り組む子ども達を支える実践者の応援を行っていきたいと思い、ゴールドマン・サックス様、パブリックリソース財団様と「ゴールドマン・サックス 地域協働型子ども包括支援基金」を設立しました。様々な地域で「地域協働型子ども包括支援」が実現し、困難を抱えた子どもと早期に出会い・繋がり・支えることができていき、その実践を新たな地域の実践者に伝え、共に学び合うことで、子ども達が早期に適切な支援に繋がることができる地域が全国に広がっていくことを願っています。

■「ゴールドマン・サックス地域協働型子ども包括支援基金」について
LFAは2014年の活動開始から困難を抱える子どもや家庭に向き合う中で、既存の子ども支援政策やNPO等の支援だけでは子どものニーズを質量ともに満たすことが難しいと考えてきました。そこでLFAがモデルづくりを進めてきた「地域協働型子ども包括支援(下記参照)」のノウハウをもとに、全国で同じように子ども支援に関わる団体の活動を応援・推進したいと思い、ゴールドマン・サックス様、パブリックリソース財団様のご協力を得て、「ゴールドマン・サックス地域協働型子ども包括支援基金(以下、本基金)」を発足しました。本基金は全国で子ども支援を行う団体へ、資金と研修や伴走支援などの非資金的でもサポートをする助成プログラムとなります。
なお、本基金では、3年間(2021年度~2023年度)で17団体へ総額1.2億円(※)の資金援助を予定しております。
※:助成金額は支援団体数によって変動する可能性があります

■「地域協働型子ども包括支援」とは
「地域協働型子ども包括支援」とは、虐待、教育格差など、経済的困窮に付随して複雑な困難に置かれている子ども達が、地域の中で見過ごされることなく、早期に適切な支援場所に繋がり、見守られ・支えられていく仕組みを作ることです。(※対象の子どもの年齢は主に6~18歳を想定しています)


■特定非営利法人Learning for All について
「子どもの貧困に、本質的解決を。」をミッションに掲げ、困難を抱える子どもたちへ学習支援と居場所づくりを展開。設立から延べ9,500人の子どもたちに支援を届けてきました。そして、地域の様々なステークホルダーと協力をしながら「つながり」「学びの環境」「育まれる環境」を整備し、6歳から18歳の子どもたちの生活圏に必要なすべての支援・機会がそろう「地域協働型子ども包括支援」のモデル構築。本モデルを全国へ広げ、すべての子どもたちが自分の可能性を信じ、 自分の力で人生を切り拓くことのできる社会の実現を目指しています。

長引く新型コロナウイルスの影響もあり、「子どもの貧困」「教育格差」などの社会課題がより深刻化しています。今だからこそ、全国規模で支援団体や個人が繋がり・支えることが以前にも増して必要だとLFAでは考えております。
報道機関のみなさまにおかれましては、本基金イベントならびにLFAについて取材くださいませ。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 特定非営利活動法人 Learning for All >
  3. 「子どもの貧困に本質的解決を。」を全国へ地域団体への助成プログラム「ゴールドマン・サックス 地域協働型子ども包括支援基金」9団体へ総額3,300万円の助成を決定